暴君のお気に入り 不埒な虎と愛され兎 (幻冬舎ルチル文庫)

  • 20人登録
  • 2.80評価
    • (0)
    • (0)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 秋山みち花
制作 : 高星 麻子 
  • 幻冬舎コミックス (2015年11月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344835757

暴君のお気に入り 不埒な虎と愛され兎 (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 一作目の真白の恋から大分過去の話になります。もふもふ学園物です。
    でも、これはちゃんと言わない嗣仁が悪いよな。鈍感で子供の二郎に伝わるわけがない。ちゃんと言っていればもっと早くにハッピーエンドだったのに。だけど、それじゃお話にならないわけでwww
    兎のもふもふは可愛いです。

    次の巻は二郎の兄の一郎希望。でも、九条家長男の話も読みたい。

全1件中 1 - 1件を表示

秋山みち花の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

暴君のお気に入り 不埒な虎と愛され兎 (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に登録しているひと

暴君のお気に入り 不埒な虎と愛され兎 (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

暴君のお気に入り 不埒な虎と愛され兎 (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

暴君のお気に入り 不埒な虎と愛され兎 (幻冬舎ルチル文庫)の作品紹介

獣に変化できる人々が住む天杜村で育った、兎が本性の牧原二朗は子どもの頃から虎が本性の九条嗣仁にやたらと構われ、からかわれていた。二朗は嗣仁のことが怖くて嫌いなはずなのに、どうしても離れることができない。そして、高校生になったある日、いつものように二朗をからかっていた嗣仁が、「今日はこれだけで許してやる」と突然キスしてきて!?

暴君のお気に入り 不埒な虎と愛され兎 (幻冬舎ルチル文庫)はこんな本です

暴君のお気に入り 不埒な虎と愛され兎 (幻冬舎ルチル文庫)のKindle版

ツイートする