honey (幻冬舎ルチル文庫)

  • 46人登録
  • 3.67評価
    • (4)
    • (6)
    • (7)
    • (0)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 雪代鞠絵
制作 : テクノ サマタ 
  • 幻冬舎コミックス (2015年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344836013

honey (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 健気なショタ受け。受け兎に角可愛くて健気で健気で感情移入をせざるを負えなかった!!受けちゃんを思って涙を流しました、、。鈍感な攻めもご愛嬌ですね。これぞ雪代鞠絵文学です。良き作品。

  • かーわいい。心がささくれた時に読み返したい感じ。癒されるわ〜。
    ドラマCD聴いてみたいな〜

  • またセンセの名作が新装文庫化となって帰ってきました。
    サイン会小冊子SSと書き下ろし付きで、イラストも門地かおりセンセからテクノサマタセンセへとお色直しです。健気=門地センセもぴったりでしたが、ショタ=テクノサマタセンセもかわいくて激萌えです!
    雪代センセの作品は「健気」「年の差」萌えには必携ですね。どの話も胸をしめつけられるほど切なくさせられます。そして、中毒性もあります。

    外科医の貴志×訳あって彼の元に居候している16歳高校生の史緒。
    優秀な外科医のくせに掃除も料理もできない貴志に代わって、高校生の史緒は家事を完璧にこなします。貴志に対する態度がキツイ子だなと思わせるんだけど、それはせいいっぱいの強がりなんですよね…
    ここだけですでにうるっとさせられます。
    なのに、この後もっと悲しい展開に。
    シオが殺人的にかわいいんです!あどけなくて素直でこわがりで、その上満身創痍。
    ショタってジャンルに関心無い方だけど、あぁこれがそうなのね?と納得しまくりました。
    純真無垢に抱いてとせがむシオがいじらしくて、覚えててと貴志に訴えるのに涙が止まらず…

    きっと貴志の側に自分の居場所を確保したくて強気に出る史緒の本音が、シオになってたんですね。
    それにしても、貴志のものすごい鈍さに焦れ焦れさせられました。大人としての「節度」だと道徳的に納得しつつも、セーブしすぎ。だから、辛抱たまらん状況になったところでのシオとのHシーンはかなり萌えます。
    彼もまたシオのおかげで大人の男としてすごく成長したな、とつくづく思ってしまいました。

    天野は奔放でイジワルだと思ってしまったけど、肝心なところはマトモでカッコよかったです。
    天野のおかげで二人は大抵のことには動じないcpになれると思いましたw
    甘くて切ない読後感。

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    高校生の雪村史緒は、訳あって赤の他人である外科医の久保貴志と同居している。うるさく文句を言いつつも、忙しい貴志の為に家事の一切を担っていたが、ある日、史緒は階段から落ちて記憶を失ってしまう。その上、貴志との関係を「恋人」だと教えられ、無邪気にまっすぐな恋心を向けるようになるが…。商業誌未発表番外編と書き下ろし短編も収録!!

    挿絵師さんが一緒なのと、自分に負い目を持つ年上の人に恋するといった部分で、「Fly me to the Moon 」と被ってしまう。

    ま、ショタっぽいこ~いうの好物なんで楽しみましたけど。

    あ、あといっこ気になったこと。
    `煙草も酒も切らされることはなく´の描写があったけど、今時、未成年には売ってくれないよ。見かけがおっさんみたいに老けてるならまだしも。

全4件中 1 - 4件を表示

雪代鞠絵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

honey (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

honey (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

honey (幻冬舎ルチル文庫)の作品紹介

高校生の雪村史緒は、訳あって赤の他人である外科医の久保貴志と同居している。うるさく文句を言いつつも、忙しい貴志の為に家事の一切を担っていたが、ある日、史緒は階段から落ちて記憶を失ってしまう。その上、貴志との関係を「恋人」だと教えられ、無邪気にまっすぐな恋心を向けるようになるが…。商業誌未発表番外編と書き下ろし短編も収録!!

honey (幻冬舎ルチル文庫)のKindle版

ツイートする