溺愛ボイスと桃の誘惑 (幻冬舎ルチル文庫)

  • 14人登録
  • 3.75評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 四ノ宮慶
制作 : 水名瀬 雅良 
  • 幻冬舎コミックス (2016年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344838772

溺愛ボイスと桃の誘惑 (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • すごく楽しみにしてた四ノ宮慶先生の新刊。楽しみすぎてもう買ってると思ったら買ってなくて慌てて買いに走りました(笑)

    フェチってすごいな。というお話。
    そりゃあ、いきなり好みの声の男から「小桃ちゃぁぁぁんっ」と尻を揉まれながら泣かれりゃ(何この状況w)ビビるし、どうしたらいいかわかんなくなるよね(笑)
    お互いのフェチがきっかけだけど、ちゃんと恋していく過程が良かった。
    ドラマCDになるといいな、溺愛ボイスをぜひヘッドホンで聴きたいです。そしたら、喜多川さんは誰がやるかな?( ͡° ͜ʖ ͡°)

  • ★3.55
    喜多川の尻フェチが引くほどへんたいだった(笑)初っ端にあんなことされたら、そら尻だけ目当てかよとは思う!フェチ同士、利害が一致してるし早々にうまく行くと思ったけど、中々進展しなくてじれったかった。貴悠がだいぶ拗らせてたけど、根気よく喜多川がグイグイ攻めてたからその想い伝わって良かった。

全2件中 1 - 2件を表示

四ノ宮慶の作品

溺愛ボイスと桃の誘惑 (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に登録しているひと

溺愛ボイスと桃の誘惑 (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

溺愛ボイスと桃の誘惑 (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

溺愛ボイスと桃の誘惑 (幻冬舎ルチル文庫)はこんな本です

溺愛ボイスと桃の誘惑 (幻冬舎ルチル文庫)のKindle版

ツイートする