溺れるほどの愛を聴かせて (幻冬舎ルチル文庫)

  • 19人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 杉原朱紀
制作 : カワイ チハル 
  • 幻冬舎コミックス (2017年1月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344839045

溺れるほどの愛を聴かせて (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 元ピアニストの透琉と役者の拓真のお話。透琉の苦悩が結構描かれていたけど、全体的にお話の盛り上がりの沸点が低く淡々と進んでいった印象がした。いつも安心して読める作家さんなので今回も。

  • とても好きなお話。
    舞台役者とピアニストのお話。
    華やかな…とあとがきに書いてありましたが、華やかというより綺麗な清純な感じを受けました。朝露がキラキラ輝いているような感じ。
    攻めさまが日常破綻している受けちゃんの世話を焼くお話、大好きです。
    クラシックを聴きに行きたくなりました。
    弟の悠のお話もありそう?期待しちゃいますね。その時、当たり前のように一緒にいる拓真と透琉も見られたら、と思います。舞台だけでなくテレビや映画でも活躍しはじめている拓真とクラシックだけでなく様々な音楽と関わっている透琉、そんな2人が見られたらいいな。

全2件中 1 - 2件を表示

杉原朱紀の作品

溺れるほどの愛を聴かせて (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

溺れるほどの愛を聴かせて (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

溺れるほどの愛を聴かせて (幻冬舎ルチル文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

溺れるほどの愛を聴かせて (幻冬舎ルチル文庫)はこんな本です

溺れるほどの愛を聴かせて (幻冬舎ルチル文庫)のKindle版

ツイートする