S社長と愛されすぎな花彼氏 (幻冬舎ルチル文庫)

  • 29人登録
  • 3.23評価
    • (1)
    • (3)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 小中大豆
制作 : のあ子 
  • 幻冬舎コミックス (2017年1月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344839052

S社長と愛されすぎな花彼氏 (幻冬舎ルチル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 積本崩し。コンサルティング会社社長・秀×フラワーデザイナーを目指す・勇児。歳の離れた幼馴染もの。ものの見事に自分がやってきた事に対してしっぺ返しをくらう攻にスッキリw 受への攻の意地悪というか言動がちょっと…という感じだったので余計に攻ザマァが良かった。最後に持ってきた攻の変態部分がもっと読みたかったかなw

  • はぁ〜可愛かった〜受けも攻めも可愛かった〜
    小中大豆さんのお話大好き!ファンタジーぽいのも好きですが、今作のような日常に近いものが特に好みです。
    S気取ってる変態社長と意外におかん気質のしっかり者の受けちゃん
    胸がきゅんきゅんしました〜
    特に162ページあたりからもうぎゅんぎゅんきました!
    付き合い始めた2人のこれからがもっと読みたい!
    (特典小冊子を読んで切実に思いました)
    というか秀ちゃんがもっとカラ回りする様や変態なとこを見せては勇児にちょい引きされて、でも「好きだよ」って言われてメロメロのぐにょぐにょになっているところを読みたいです(笑)

  • 再会愛。秀が勇児に執着し続けているんだな、でもかなり年下だから引かれないようにしてるんだなと(読み手には)バレバレな割に「勇児はタイプじゃない」などと暴言を吐くので、勇児のぐるぐるが好きだけど「離れる」決断に至った時、あら面白いとニヤリ。ボロボロになった秀の立て直しベタ展開にはニマニマ。フローリスト勇児の花言葉レクチャーも良いエッセンス。その後の秀の変態っぷりに表題のSに(実はどM)と勝手にツッコむ楽しい読後感★のあ子さん絵好き

  • 社長の秀×花屋勤務の勇児。
    とっても好みのお話で楽しかったです。
    浮かれすぎて手痛いしっぺ返しを食らってしまった秀が、結構酷いことしてるんだけど憎めない。勇児が男前です。ラストにこれからのふたりの関係性が透けて見えて可笑しかったです。

  • ★3.4

全5件中 1 - 5件を表示

小中大豆の作品

S社長と愛されすぎな花彼氏 (幻冬舎ルチル文庫)はこんな本です

S社長と愛されすぎな花彼氏 (幻冬舎ルチル文庫)のKindle版

ツイートする