スクランブルメソッド

  • 17人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (3)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 谷崎泉
制作 : 笠井 あゆみ 
  • 幻冬舎コミックス (2017年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344839281

スクランブルメソッドの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ▼あらすじ

    かつて想い人と死別して以来、恋のひとつも出来ず生きてきた
    会社社長・音喜多は、ある日出会った変わり者の天才青年に心惹かれ…?

    若くして莫大な資産を築いた人生の成功者・音喜多だが、
    かつて想い人を亡くして以来、本気の恋情とは無縁に生きてきた。
    そんなある日、音喜多は死別した相手と酷似した顔立ちの青年と出会う。
    その青年・久嶋は、華奢で可憐な外見とは裏腹に、二十五歳にして博士号を三つ持ち、
    元FBIのアドバイザーという経歴を持つ天才だった。
    彼に強く惹かれた音喜多は、側に居たい一心で行動を共にするが、
    天才ゆえ人の心が分からないという彼に、身体だけの関係を提案され―。

    ***

    ★4.5
    最初にこの本を手に取った時はBL小説にしては珍しいその大きさと分厚さから
    若干、取っ付き難さを感じていたのですが、いざ気合いを入れて読み始めてみると
    なかなかどうしてこれが面白く、あっという間に読み切ってしまいました。

    こちらの作品がどんな話なのか大まかに説明しますと、推理やサスペンスといった
    謎解きを中心にしたお話で、章ごとに何かしらの事件が起こります。
    事件と言ってもそこまで重たいものではなく、
    ちょいちょい笑えるシーンも挟まっている為、適度に肩の力を抜いて楽しめます。
    因みに事件を解決するのは久嶋なのですが、この久嶋というキャラクターが
    とっても変わっていて、私の経験上、初めて見るタイプの受けだな、と思いました。
    あえて例えるなら、デス◯ートのエ◯でしょうか(笑)
    見た目からは想像出来ないほどの天才っぷりや、つかみ所のない性格、
    誰に対しても常に敬語で喋るところや甘味が異常に好きな設定など、
    もしかしてエ◯をモデルにしたのでは?と思ってしまうほど
    イメージが被る点がちらほら……(笑)
    一方、音喜多は金も地位も権力もあって欲しい物は苦労せず何でも手に入るような、
    まさに絵に描いたような“スーパー攻め様”なのですが、久嶋の心だけはどうしても
    手に入れられず、全編に渡ってやきもきしている様子が丁寧に描かれています(笑)
    スーパー攻め様が受けに翻弄される姿は見ていて楽しく、特に最初の、
    久嶋とお近付きになるべく練った音喜多の作戦がことごとく失敗するシーンは
    見ている此方が恥ずかしさを覚えるレベルで、ある意味とても印象に残りました(笑)

    私は謎解き系のお話が好きなのでこの作品は最後まで
    大いに楽しめたのですが、幾つか不完全燃焼な点もあります。
    それは、作中に散りばめられた多くの謎が謎のまま終わってしまっている事です。
    特に久嶋がなかなか訳ありっぽいのですが、
    この巻では久嶋の過去は殆どと言っていいほど何も明かされません。
    唯一分かっているのは、連続殺人犯に拉致監禁されていた時期があるというだけで、
    詳細は最後の最後まで分からずじまいです。
    おまけに久嶋と音喜多の関係も最後まで進展せず、セフレ(?)のままです。
    おそらくこれはシリーズものの第1巻に違いないと信じ込んでいた為、
    ラブ度が低くても謎が明かされなくても仕方が無いと本編を読み終えるまで
    大して気にせずにいたのですが、驚いた事にあとがきには
    続編があるとは一言も書かれていないのです…。^^;
    もしかしてこれで完結なんでしょうか…?
    だとしたらかなり中途半端ですし、モヤモヤが残って当然だと思います。
    個人的には、ここまで明らさまに多くの謎を残しておいて完結なんて
    有り得ないと思っていますし、続編の為の布石だとしか考えられないのですが…。

    とにかく、これで終わりだなんて言わず是非とも続編を出して欲しいです。
    文章力も高いですし、こんな面白い作品をここで終わらすなんて勿体ないですよ、先生!

  • 例によって例のごとく、笠井あゆみ先生のイラストが印象的で購入。
    いろんなBL小説があって、いろんなイラストレーターさんがいらっしゃいますが、笠井先生が素晴らしいのは、イラストが美しいだけではなくて、小説の内容を表紙にまとめあげる技術がピカイチなところもあるんじゃないかと思います。
    今回も、二人の立ち位置、表情なんかはもちろんのこと、ケーキやケーキの箱、オフィスの椅子や周りの本棚にも小説のエッセンスが詰め込まれていて、感動しました。

    谷崎先生の小説はこれが初めてだったのですが、またしても、BLの世界とは広くて深いな…と唸ってしまいました。
    男性同士の恋愛があって、そういうシーンもあるので、これはれっきとしたBLなのでしょうが、中身は変わったバディもので事件もので、もし主役の二人が恋愛関係になければ、探偵ものとして読んだかもしれません。

    受けの久嶋が、20代後半で博士号を3つ持った天才で、FBIのアドバイザーとしても仕事をしていた過去を持つ、社会心理学者、と盛りに盛られた設定ですが、たしかに変わり者でした。そのせいで、せっかくの色気あるシーンで、彼はほとんど話さないので、彼は本当に気持ち良いのかな?と首を傾げてしまうことも。

    書き下ろしでプロローグとエピローグに挟まれた3話が収録されているのですが、これは続編があると思った方が良いのでしょうか?久嶋の謎はまったくといっていいほど解かれず、彼らの関係性も進んだのかどうなのかわからず…。

    ただ、大きい割に甘えん坊な音喜多は可愛かったので、続編が出たら買うかもな…と思いました。

  • 表紙買い。中はほぼ肌色絵(モノクロだが)。しつこいようですが、笠井さんは着衣絵の方が萌えます(鼻息あら)。攻めの追っかけ♂がいるのが新鮮だし事件絡みの話なので概ね楽しくサラリと読了。受けの拉致監禁+焼印エピがあればこの単行本価格に見合う深みが増したのではないかと。

全3件中 1 - 3件を表示

谷崎泉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

スクランブルメソッドのKindle版

ツイートする