知識ゼロからの般若心経入門

  • 43人登録
  • 3.79評価
    • (4)
    • (4)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : ひろさちや
  • 幻冬舎 (2009年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (150ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344901551

知識ゼロからの般若心経入門の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 同シリーズの『知識ゼロからの禅入門』では、今のありのままの自分を肯定し、自分の好きなように主体的に生きることの大切さを学んだ。

    ただそれだけではどうも易き流れてしまい、自分勝手に振る舞いがちである。浄土真宗の本願ぼこりのような状態だ。これでは悩みや迷いも余計に増えてしまう。

    ゆえに本書に書かれている六波羅蜜の実践、少欲知足の意識は、この状態を脱する鍵になると私は思う。自分のペースで仏道を歩み続ける(そしてがんばりすぎない)。たとえそこで挫折をしても「これでいい」と今の自分を肯定する。

    『空』、悩みも迷いも何の意味もないのだから。

    2冊とも簡潔ではあるが、書かれている内容はとても深いと私は思う。

  • うっかり衝動買いしてしまったのは、冒頭のまんがとイラストだらけな読みやすさに負けたため。
    字が少なくて絵が多い・・・のは、すぐに読み終わる+わかりやすい・・・けれども、ちょっと損した気もします。
    でもやっぱり分かりやすいです。
    お布施は心がこもっていなければダメ。
    疲れている時は、渋々席を譲るより、ごめんなさいという気持ちで座っている方が正しいお布施だという考え方には、目からウロコでした。

  • 般若心経で説かれている考え方をイラストや漫画を多用しながらわかりやすく解説した上で、最後に実際の般若心経を現代語訳するという構成。理解しやすく覚えやすい。
    解釈は著者によりそれぞれな部分があるのだなと感じたりも。

  • なるようにしかならないのだから、世の中にも自分にも一切関わらず放置すればいい。自分が殺されようとしても黙って殺されろというような無茶な教え。念仏に近い思想なのかと感じたが上座部の教えを完全否定しているからそうでもない。ちょっと釈迦の教えだとは信じられないほどの衝撃を受けた。
    なお法相宗、天台宗、真言宗、禅宗などがこの教えを拠り所としている。

  • 般若心経の空についてちゃんと知りたくて知れたので満足。でたらめ、あきらめ、いい加減というのを知って楽になった気がする。
    欲は少なくというのはちょっと耳が痛いが、布施は自分が感謝しながらやるというのは実践出来そうだ。

  • 楽になる考え方。

  • 以前、同じ著者の「禅入門」を読んでいたことを、同じイラストを見て思い出しました。
    興味しんしんながらも、なかなかその意味が理解できていない般若心経。
    そもそも、お経には詳しくないため、一から学ぼうと思いました。

    お経とは、死者を弔うため、魂を極楽へと導く言葉なのかと思っていましたが、釈迦の教えの口述で、死者を慰める文句ではなくどうやって生きたらいいかというアドバイスだと知って驚きました。
    そもそもの定義からして、まるきり勘違いをしていたわけです。

    般若心経は、大乗仏教の根本思想を短く解き明かしている内容。
    と聞くと難しく感じますが、悩みをなくす方法について説いているのだそうです。
    さまざまなパターンがあり、現在流布しているものは、玄奘が7世紀に訳した262文字バージョンだということです。
    浄土宗と日蓮宗以外のほとんどの日本の宗派で読まれるという、かなり宗派の垣根を越えたオールラウンドなものであると知りました。

    難解な言葉が綴られていますが、有名な「色即是空」の「色」とは恋でなく、存在の意味だそうです。
    また、「空」とは宇宙の真理であり、仏の物差しでものを見ること。
    存在論的には「空」とは「デタラメ」であり、認識論的には「あきらめ」になるのだそうです。

    あきらめというと、マイナスイメージがありますが、本来は物事の本質をあきらかにするという意味なのだとか。
    デタラメ、あきらめ、いい加減、この三つのスローガンが、般若心経の精神なのだと書かれており、びっくりしましたが、なんだかとても気楽に感じられるようになりました。

    そもそも小乗(上座部)仏教と比較して大乗仏教のあり方を説いているこのお経は、いろいろなことを分析する小乗仏教の小難しい教えを全否定し、それらはまったく意味がないとしています。
    お経の中にも、こと細かく否定していく部分がありますが、それが小乗仏教の理念を指示しているものだと知りました。

    このお経では、舎利子(シャーリプトラ)が諭されている形になっていますが、それは彼が小乗仏教の代表的存在とされているからだとのことです。
    また、諭しているのは、師匠である釈迦だと思っていましたが、観自在菩薩とされているようです。

    「般若波羅蜜」のところで、これまで気になっていながらも、はっきり意味がわからなかった「六波羅蜜」の説明がありました。
    「波羅蜜」とは、彼岸(悟り)に至ることやその方法で、「六波羅蜜」とは、「布施、持戒、忍辱、精進、禅定・・・そして智慧」を示しているのだそうです。
    六波羅蜜寺の意味がわかってきました。

    知らないことや、勘違いしていたことが多く、読んでいて驚きの連続でした。
    なんとなく知っているようでありながら、その実、般若心経についてほとんど知らなかったということを実感します。

    私のように、ぼんやり把握しているだけの人は、かなり多いのではないでしょうか。
    そういった人たちにとって、格好の参考書となっています。
    ひろさちや氏の本は、イラストも多用され、わかりやすいため、今後もチェックしてみようと思います。

  • あらゆる存在に意味付けをしてるのは自分の心であって
    実際他者やモノは、ただそこにあるだけ。
    だからどっちだっていいじゃーん。
    死のうが生きようが、
    金があろうが無かろうが、
    離婚しようが結婚しようが、
    おんなじことなんだから、どっちでもいいじゃーん。
    ということらしい。

    漫画だったので分かりやすかったです。

  • 般若心経は二六二文字の短いお経ですが、最初の一行にすべてのエッセンスが込められています。たった二五文字でおわり。これさえわかればいいのです。観音様が「深い智慧の完成」をなされたときに、すべてが「空」だとわかって、あらゆる問題を解決されました。あなたも、観自在菩薩のように「空」をわかって、苦しみや災難を克服しなさい。これこそが般若心経の教えのすべてなのです。

  • 損をする智慧、
    問題を解決しない智慧、
    世の中をよくしようとしない智慧

全10件中 1 - 10件を表示

知識ゼロからの般若心経入門を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

知識ゼロからの般若心経入門を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

知識ゼロからの般若心経入門を本棚に「積読」で登録しているひと

知識ゼロからの般若心経入門の作品紹介

般若心経は二六二文字の短いお経ですが、最初の一行にすべてのエッセンスが込められています。たった二五文字でおわり。これさえわかればいいのです。観音様が「深い智慧の完成」をなされたときに、すべてが「空」だとわかって、あらゆる問題を解決されました。あなたも、観自在菩薩のように「空」をわかって、苦しみや災難を克服しなさい。これこそが般若心経の教えのすべてなのです。

知識ゼロからの般若心経入門はこんな本です

ツイートする