アップルを超えるイノベーションを起こす IoT時代の「ものづくり」経営戦略

  • 39人登録
  • 3.09評価
    • (0)
    • (4)
    • (5)
    • (1)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : 中根滋
  • 幻冬舎 (2015年8月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344972360

アップルを超えるイノベーションを起こす IoT時代の「ものづくり」経営戦略の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 中根さんの本。感慨深いなあ。

  • ハード→ソフトの時代へ。

  • 様々な視点から、現在の日本のものづくり企業の経営戦略にとっての課題を論じている。他でも言われている課題も多いが、多角的かつ網羅的になっており、また筆者の実体験に基づいているため、参考になる。
    ものづくり企業に限らず、日本の企業一般にとって参考になる内容。

  • 日本・ドイツ・アメリカの経営手法など経済。
    ものづくりの確固たる地位を確保した日本であったが、パラダイムシフトに乗り遅れ、電気産業を含め衰退。ソニーとアップルの違いが掲載させていたが、ソニーは技術力はあるもののプラットホームを抑えれなかったことに衰退の一因があるようだ。アウトカム経済

  • IOT時代にどういう経営をすべきか、ということはあまり書かれてはなかった。ソフトウェアエンジニアの地位が比較にならないほど低いのが問題とのこと。東京理科大の理事長でもあるので、
    これからの理科大は躍進するのではないか。

  • 日本の大企業は未だにソフトウェアの会社になれてなくて、全然世界に太刀打ち出来ませんよという話。

    IBMでは社員の成長と社外流出防止のため、研修の日を年18日間課している。良い会社だなあ。

  • 内容は専門用語が多く、難しいものの正論だなと思う部分が多いです。ものづくりの企業が乗り越えるべき課題がはっきりと見えてきますね。

全7件中 1 - 7件を表示

中根滋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリヤフ・ゴール...
平野 敦士 カー...
クリス・アンダー...
有効な右矢印 無効な右矢印

アップルを超えるイノベーションを起こす IoT時代の「ものづくり」経営戦略を本棚に「積読」で登録しているひと

アップルを超えるイノベーションを起こす IoT時代の「ものづくり」経営戦略の作品紹介

IoT時代-すべてのモノがインターネットでつながり、今までのものづくりが通用しなくなる時代。数々のグローバル企業を再生・拡大させてきた経営のプロが語る、世界市場で勝ち残るための経営改革とは。

アップルを超えるイノベーションを起こす IoT時代の「ものづくり」経営戦略はこんな本です

ツイートする