医療機器開発とベンチャーキャピタル (経営者新書)

  • 28人登録
  • 3.80評価
    • (2)
    • (4)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 幻冬舎 (2016年3月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344974609

医療機器開発とベンチャーキャピタル (経営者新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • メディカルデバイスの開発を考えるにあたってのエッセンスがコンパクトにまとまっています。

  • 米国のエコシステムの中身をようやく理解した。日本にも早く成功事例が出てこないことには、医療機器の未来もまた暗い。以下学んだこと。ベンチャーキャピタル的な視点では、市場規模をまず考え、その中でどれくらいのパイを取れるのかを考えること。新たな技術が受け入られやすい市場を狙っていることも重要らしい。その他経営者の問題や、様々な問題は、多少はしょうがないものとする。そうしないと投資案件は見つけられない。

  • 医療機器ベンチャーは日本でまだ数少ないが、それは技術系ベンチャー全般に共通する課題と、医療機器事業の特殊構造に因る部分の二種類がある。
    特に、後者について、ニーズ発掘における医者の関わり、デサインにおける医工連携、各国における承認などが挙げられる。

    日本においても、この分野に特化したVC、デザインプログラムが存在することは、知らなかった。

全4件中 1 - 4件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック・リース
落合陽一
伊賀 泰代
ロバート キヨサ...
ベン・ホロウィッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

医療機器開発とベンチャーキャピタル (経営者新書)の作品紹介

シリコンバレーで数々の医療機器ベンチャーに投資してきたキャピタリストが明かす、日本の医療機器産業が目指すべき未来像とは?ベンチャーキャピタルが起点となる「Start‐up」の仕組みとプロセスをわかりやすく解説した。

医療機器開発とベンチャーキャピタル (経営者新書)はこんな本です

医療機器開発とベンチャーキャピタル (経営者新書)のKindle版

ツイートする