書く力 -ポジティブに生きるためのヒント- (幻冬舎エデュケーション新書)

  • 62人登録
  • 3.93評価
    • (3)
    • (7)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 武田双雲
  • 幻冬舎 (2014年12月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344979536

書く力 -ポジティブに生きるためのヒント- (幻冬舎エデュケーション新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • すばらしい!
    すらすら読めた!
    書くことでポジティブになれる理由や仕組みが分かりやすい!
    自分でもいろいろ書いてみようと思える!
    双雲さんの書も載ってるから一見の価値あり!

  • 書く事で自分自身を整えていく事ができる。家族、子育て、コミュニケーション的な観点からも将来家族持ったらまた読みたい本

  • 読んでるだけでポジティブになれる本。
    いろいろな生き方がありますね。
    いろんな人に会ってみたくなるし、自分の人生と向き合おうと思える本です。

  • 為になることがいろいろ。とりあえず、「書いて」みよう。

  • S159-エデ-004  300404126

  • 妻が図書館で借りてきてる本を読ませてもらいました。
    よくある思考論と内容的には差がありませんが、それを武田双雲氏の考え方や実践方法を平易な文章で教えてくれる本でした。
    新しい発見は少ないかもしれませんが、実行する事、今を生きる事の重要性を感じる事ができるのでは、と思います。

  • ポジ全開で書かれてる本は実は少し苦手なんですが、武田双雲さんの本は好きですねー。
    この武田双雲って、とにかく「書く」事が好きなんですね。書道だけではなく、常にペンとノートを持ち歩いていて、何かを書いているらしい。息子さんにも「パパまた何か書いてるーっ」と、突っ込まれるくらいだそうです。
    そこいらに売っているメモ帳なんかは1日で使いきっちゃうというレベル。
    これは想像を超える書き魔ですよね。
    そんな双雲さんが、この本で主張しているのは、とにかく手書きで書く事の素晴らしさ。人間を人間たらしめてているのは、文字を発明したからだ、というところまで言い切っちゃってますね。
    そして書く事によって幸福になれる、という事も言っています。
    どうやって?という事ですが、基本的には未来の希望を書くのではなくて、今現在すでに持っている幸せを、手書きでノートにしっかりと書く事によって今現在を幸福な状態にする、その積み重ねが幸福だ、という主張ですね。
    未来に奇跡を求めるのではなくて、今すでに奇跡は起こっている、それを見つけてしっかりと文字として書く、という事ですね。

    まあ、先日話題になった「今の状態OK」側の主張になりますね。
    ただ双雲さんの場合は、そこまでたどり着くまでに、かなりいろんな試行錯誤を、それこそノートの中で文字を書きながらしてきたんだろうなあ、と思わせるくらいの、論理の厚み(柔らかい膨らみ)を感じさせますね。
    その辺りが、この人の書いてる事や、やってる事が好きに感じる理由かもしれないなあ、と思います。

    ・心はがんばってどうこう出来るものではない。出来るのは整える事だけ。
    ・自動ドアが開くたびに感動する。「俺は殿様か!」
    ・欲しいものリストでなく、あるものリストを書く
    ・お陰様で、は陰になって気付きにくいものに気づいて感謝する事。
    ・殴り書きはプロの字でも汚い
    ・他人のため、だけだとエネルギーは低くなっていく。自分のためと、他人のため、そのバランスが大切。
    2017/03/05 23:50

  • 手書きにすると脳画像のあちこちが赤く反応する、というぐらい脳にとってもよいことなんだそうです。

    書くことの気持ち良さを一生懸命に教えてくれる一冊です。

    “大切なのは、未来でも過去でもなく「今」のこと”

    何度もそう書かれている言葉に励まされます。

  • 「ポジティブ教」は嫌いだけど、個人的に今この精神がすごく必要だった。

  • 書き出す手書きの重要さ。ひいてはコミュニケーションの重要さ。

全12件中 1 - 10件を表示

武田双雲の作品

書く力 -ポジティブに生きるためのヒント- (幻冬舎エデュケーション新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

書く力 -ポジティブに生きるためのヒント- (幻冬舎エデュケーション新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

書く力 -ポジティブに生きるためのヒント- (幻冬舎エデュケーション新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

書く力 -ポジティブに生きるためのヒント- (幻冬舎エデュケーション新書)の作品紹介

書いた瞬間から人生が変わる!
カリスマ書道家がたどり着いたシンプルな生き方のルール

なぜ書いたら夢が叶うのか。毎日が楽しくなるのか。小さい頃から書に親しみ、書くことで何度となく人生を変えてきた著者が、誰よりも強く確信している「書く力」。自分の心とじっくり向き合い、未来でも過去でもなくたった今「ある」ものに感謝すれば、努力しなくても頑張らなくても夢は現実のものとなるのだ。幸せな生き方を研究し、自ら実践し続けてきた書道家・武田双雲の人生哲学。

手書きの「まえがき」は圧巻! !

書く力 -ポジティブに生きるためのヒント- (幻冬舎エデュケーション新書)はこんな本です

ツイートする