考えないヒント―アイデアはこうして生まれる (幻冬舎新書)

  • 881人登録
  • 3.66評価
    • (63)
    • (137)
    • (158)
    • (16)
    • (0)
  • 143レビュー
著者 : 小山薫堂
  • 幻冬舎 (2006年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344980068

考えないヒント―アイデアはこうして生まれる (幻冬舎新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ヒントえるために
    アイデアの種(経験)を多く持つことが大切であるという
    持ち続けることで(アイデア間で)化学反応が起こる
    偶然力を鍛えることも大切である
    (セレンディピティのことだと思うのだが)

    一人で全部する必要はなく
    伝えてもらえる体制を作ることが必要である

  • 小山薫堂さんになりたい自分としては刺激を受けた。

    人生に対する姿勢、仕事に対する考え方、偶然をどうつなげていくか。

    人とのつながりを大切にしている方だな、と思った。

    「人生は良いようにしかならない。」
    薫堂さんのお父さんもすてきな方です。

  • 自分ならこうする、という「勝手にテコ入れ習慣」という発想がおもしろかった。

  • 【No.126】「もし努力によっていいアイデアを生み出す方法があるとすれば、それは、日々の暮らしのなかで、いかにアイデアの種を拾えるようにするか、そういう環境を整えるかということしかない」「人との出会いとか、きっかけとか、あとになってみると、”この人とは出会うべくして出会ったんだな”とか、”自分にとって大事なこの仕事も、きっかけはこんな小さなことだったんだ”と思うことがよくある」「”このニュース面白いな”と思ったら、別にメモするわけでもなく、何かに記録するわけでもなく、なんとなく気に留めておく。種を、心のポケットに入れておく。そうしていると、別の機会にそれを生かすときがやってくる」「忙しくても楽しい。いや、忙しいなかで遊ぶからこそ楽しい。忙しさのなかの遊びを見つけるということはすごく大事」「今目の前にあることは、すべて未来への貯金なんだと思って、一つひとつを大切にしていく。そうしていると、次に何かあったときに、これこそが偶然力だって思う。そう思うだけで、日常がぐっと楽しくなる」「同じ苦しみを一緒に乗り越えた仲間には、強い絆が生まれる」「なんとなく種をたくさん拾っておくことが、偶然を必然に変える秘訣」

  • うーん、サクサク読んだが、あまり響かなかったかなぁ。自分だったらどうするか?という視点を常に持つのは参考になりそう。だけど、疲れそう。
    2017.3.15

  • どうしたら日常が面白くなるか。

  • 読んでいてわくわくします。
    どこからでも読めます。
    こういう本が好きです。

  • 神様にフェイントをかける。常に面白い発想を追い求めるクリエーターの哲学満載の一冊。

  • 小山さんの本を初めて読みました。

    普段から「自分だったら、こうするのには」という目線で物事を捉えるクセがアイデアを作る習慣、という本。
    色々されている企画の話も出てくるのですが、結局何をしているのかわからない、という印象。きっと面白い事をしているのでは、と思うですが、レストランしたりホテル改装したり、TV番組作ったり。
    ただ内容には、その企画組み立てシーンは多いもののそこからのマネタイズ面についてはほぼなし。

    この方がどのように生計を立てているかは不明のまま。
    以下抜粋
    --------------------------------
    ・自分が家を作るなら、3畳ほどの書斎でいい。
    発想の量や質と環境の広さは比例しない
    ・偶然力
    ・銭湯通い
    ・お金で叶えられる夢なら叶えたほうがいい。
    (26歳でポルシェ)

  • どうせなら、楽しく過ごしたい、どうせなら、誰かに満足を与えたい、どうせなら、幸せに過ごしたい・・・。 人生を楽しく、充実させる為の”ヒント”がちりばめられた本のような気がします。 ちょっと、つまらないな、ついてないな、なんて、少しばかり毎日が楽しくない方、読んで見ると、自分の幸せに気がつく事が出来る・・・カモです。 初めて知った言葉 閾(いき) → 刺激の連続的変化に対して,その知覚や判断のあり方が突然転換する限界。 その時の刺激の最小値を閾値という。

全143件中 1 - 10件を表示

小山薫堂の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
J・モーティマー...
村上 春樹
トニー・ブザン
有効な右矢印 無効な右矢印

考えないヒント―アイデアはこうして生まれる (幻冬舎新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

考えないヒント―アイデアはこうして生まれる (幻冬舎新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

考えないヒント―アイデアはこうして生まれる (幻冬舎新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

考えないヒント―アイデアはこうして生まれる (幻冬舎新書)の作品紹介

いつも一つのことだけに集中する、すぐビジネスに結びつける、締切は必ず守る、思いついたことは必ずメモする、オンとオフはしっかり分ける…では、突き抜けたアイデアは生まれない。ガチガチ頭で考えることをやめれば、ひらめきは必ずやってくる。数々の人気テレビ番組を手がけ、スランプ知らず、ストレス知らずで「アイデア」を仕事にしてきたクリエイターが、20年のキャリアをとおして確信した、逆転の発想法。

考えないヒント―アイデアはこうして生まれる (幻冬舎新書)はこんな本です

考えないヒント―アイデアはこうして生まれる (幻冬舎新書)のKindle版

ツイートする