少数精鋭の組織論 (幻冬舎新書)

  • 106人登録
  • 3.00評価
    • (4)
    • (6)
    • (19)
    • (6)
    • (4)
  • 21レビュー
著者 : 斉須政雄
  • 幻冬舎 (2007年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344980280

少数精鋭の組織論 (幻冬舎新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ・・・ちょっとギブアップ。
    著者が料理人として体で覚えたことを、とつとつと話します。
    でも。
    「調理場という戦場」のように、時系列で氏の経験を読む方が何倍もわかりやすいと思います。

    素材はいいのに殺し合い みたいな本。
    「調理場〜」が好きなだけに残念。

  • 長年レストランでシェフとして活躍している著者が書いた組織論。というより、自分の意アマまでを振り返り、そこで得たことを書き綴っている。内容は参考になる部分もあるものの、構成が雑で何を言っているかわからない部分が多い。

  • 書かれていること何一つ無駄がない。
    現場は手放したくない。
    安定を求めると停滞する。
    想像力。
    行動を起こさないとカネはついてこない。

  • 見えない世界に目を向けるという方針。全て基本は掃除。理屈から評価まで持っていかなければ知らないのと同じ。技術は想像を形にすることだから、想像力が鍛えられられれば、飛躍できるし、楽しくなる。はじめからは出られない。まわりからやられる。避けかたを覚える。やられながら反撃する。この繰り返しです。

  • 物事に実直に、誠実に取り組む姿勢が一番ということ。私利私欲に走るべからず。

  • ”異業種から学べ”というのはよく言われます。
    業界での常識にとらわれることなく
    新しいヒントが得られる可能性があるからです。

    本日ご紹介する本は、

    一流フレンチレストランのオーナーシェフが、
    チームで結果を出すための秘訣を示した1冊。

    料理業界と我々のような業界でも
    参考になることはたくさんあります。

    ポイントは
    「基本、想像力、自主性」

    少数精鋭といっても、
    組織論的なことではなく
    少数チームで結果を出すための
    考え方が書かれています。


    「掃除」

    掃除の習慣は何か行動しなければいけない時に
    「めんどうくさい」というような
    わずらわしさの克服や、見て見ぬふりをしないような
    意識の変化をもたらします。

    行動力や気づきをアップさせる効果があります。


    「想像力」

    想像力が料理を作り上げます。
    そして、独自のアイデアを提供できることが、
    小さな規模のレストランの醍醐味だそうです。

    我々のような中小企業でも、
    その気になれば、自分のアイデアで
    新しい商品を作ることを仕事にできます。

    今無いものを想像する力は
    どんな仕事でも重要です。


    「自主性」

    与えられた状況で自分の創意工夫によって
    人のやっていないことができれば仕事が楽しくなります。

    我々のような技術者も、元々は自分で何かを作り出したい
    という思いがあって、技術者になったんだと思います。

    それを楽しめるような仕事が出来れば
    幸せだと思いました。

    ぜひ、読んでみてください。



    ◆本から得た気づき◆
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    夢は手放さない。基本は外さない=これが出来る人は強い
    ありそうでなかった料理を発見し、違和感のない形でなりたたせ、発想を製品化し、営業をなりたたせる
    カネがないはいいわけ。行動が先。行動を起こさないとカネはついてこない。
    組織の問題を解決するには、現場で従業員と併走していなければならない
    掃除は=わずらわしさの克服や、見て見ぬふりをしない意識の変化をもたらす
    与えられた状況で自分の創意工夫で人のやっていないことをたのしむ
    ぼくの欲しいものは、手入れのいきとどいたお店、新しい料理
    日本人はハード面にはお金をかけるが、人の意識はハード面ほど高くない場合がほとんど。
    頂点を欲しがるなら、頂点にたどり着くまでの過程も欲しがること
    チームの過不足のためには、こういうところを補ってほしいという希望を伝えるのが、僕のできること
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ◆目次◆
    第1章 大組織では自立ができない?
    第2章 大成功を求めるとあぶない
    第3章 飽きられないサービスとは
    第4章 小組織だからできることは
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ◆マインドマップ◆
    http://image01.wiki.livedoor.jp/f/2/fujiit0202/6c0174ccd2023350.png
     

  • 今2周目。

  • 先輩は萎えていくモノ後輩は成長していくもの。

  • ピンときた言葉。数字はページ。

    4 仕事の許容範囲は、頭で考えるだけでなく衝突や行動を通して確かめてみないといけません。

全21件中 1 - 10件を表示

斉須政雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デイル ドーテン
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

少数精鋭の組織論 (幻冬舎新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする