精神科医は腹の底で何を考えているか (幻冬舎新書)

  • 352人登録
  • 3.28評価
    • (10)
    • (40)
    • (57)
    • (16)
    • (4)
  • 56レビュー
著者 : 春日武彦
  • 幻冬舎 (2009年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344981065

精神科医は腹の底で何を考えているか (幻冬舎新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 精神科医を100のタイプに分け、精神科医と患者との関係、そもそも精神医療において「治る」とはどういうことかといった問題を取り上げる。
    医者はクライアントに対して診察中は真摯に対応しつつも、常に一定の距離を保って客観的に病状を捉える必要がある。その“客観的”な部分の内容が綴られているので、内容はものすごく冷静かつ淡々とした印象。でも多くのクライアントを担当するゆえに、これくらいの冷めた視点というのは精神科医には必要なのかもしれないとも思った。

    腹の底で何を考えているか「語る」というより、終始「吐露する」といった様子。口語的な文章は読みやすかった。
    精神科医のタイプ、クライアント、姿勢を覗き見したいときに。

  • 精神科医と患者は、患者と相互依存してるような関係もある。
    相手を見ずに、テストに依存する人も。

    良いと言われてる人必ずしも名医ではない。は患者の言いなりだったり。


    境界性パーソナリティ。
    人のことをよく見抜く。

    愛情があればこそ、無意識に相手をコントロールしたくなる。
    他人にコントロールされることは必ずしも不愉快で窮屈とは限らない。


    DVを受けている女性は、間違えた物語を生きている不幸な人物なのか?
    ドラマチックな人生でしか満足いかないのでは。

    149p
    妄想とはなぜ生まれるのか。
    妄想とは物語である。
    物語を自分の人生に導入することによって世界を納得できる。
    自分の不幸な人生を一挙に説明してくれる。


    168
    様々な思惑て患者を入院させようとする家族もいる。
    強制入院は慎重に。



    177
    精神の治る。とは。

    風邪のようにコロリと治る。
    糖尿病のようにコントロールできるの、治る。
    大怪我をして痛みなどは残ったけど治る。

    糖尿病と怪我の真ん中である。



    うつはなおる。
    風邪に近い。
    最近はパーソナリティー障害との合わさりで治りが悪いものもあるが。

    統合失調症の場合は抗精神薬により、大胆な改善は期待できるようになった。
    思春期など、若い時期に発症する。


    親の期待がうえを行きすぎていた場合。
    引きこもりをしている間は自分の無能さを知ることはない。
    とはいえ危機感はあるので暴力を振るってみたりするが、無力感を感ずる。
    親の期待へ答えられないこともあり、罪悪感もある。
    親もまた現実を見なくて済むので引きこもりという現象は続くこととなる。
    一種の安定した形となる。

  • ひっじょうに面白い。
    なんか,リアルです。内容的にも面白いけども,個人的には濃密な文体に妙に魅了されてしまった。
    ぜひとも他の本も読んでみたいですな。

    それにしても,この人は捻くれてるというか,斜に構えてるというか・・・。でも,そんなところがとっても良いし,ある意味で素直な人なんだろうなぁと想像しながら楽しく読ませていただきました。

  • ともかくリアル。
    迷いやら逡巡やらを含めて。

  • 大変な仕事だなぁ。話題が次々と変わって読み物としても楽しい。たとえ話も的確。妄想想像も逞しい。エリザベス キューブラーロスも話題に。

  • 興味をそそるタイトルだけど、予想を超えるような腹の底はなく、逆に精神科医とて、普通の社会人と同じように時には怒ったりムカついたり動揺しながらも、冷静に、しかし情熱を持って仕事をしているんだなぁというのを改めて感じた。
    色々な患者のエピソードは、その状況になってしまう本人の精神状態や環境についても随所から垣間見ることができて、自分や周囲の人と重ね合わせながら想像したり学んだりできた。例えば、精神科医は診察室などの「お膳立て」があって初めて力を発揮できるという話は単純にへぇと思ったし、99%治っても、残りの1%が大きく生活に影響するという話は興味深かった。
    ただ、文体は読みやすいけどダラダラと取り留めなく話しているような印象。それを緩和するためなのか、文中ランダムに、1人の精神科医(というより一つの状況・場面)が出てくるごとに「〜な医者」というまとめ的な小見出しがつくけれど、個人的にはこれが非常に読みづらかった。あえて100人の医者という部分にこだわらなくても良かったのではないかと思う。理由は冒頭で説明されているものの(よく分からなかったけど)、読んでいる間中気になってリズムを崩されるように感じた。

  • 2017年4月26日購入。

  • 本著には実にさまざまな精神科医(の類型)があ登場する。つい、くすりと笑ってしまう人物もあれば思わず眉を顰めてしまうような人物もいる。エピソードのあとに挿入される人物描写は、シニカルで、流石という不思議な感想をもつ。そして著者のことばによれば、100人登場する精神科医のうち、その2/3は著者自身だという。むすびにて、「人間誰しもフランケンシュタインのようにパッチワークで出来上がっておりツギハギなのだからほころんだり矛盾したり不連続であるのは当然のことで…」とかかれているが、人間ほんとにそんなものだよなあ。と思わせる本でした。春日先生の本が好きな方は好きなはず。

  • 躁うつ病、統合失調症、神経症
    パーソナリティー障害、認知症含む器質性精神疾患
    依存症。
    この6つが普段カルテに書く病名。
    加えてパターン別分類でだいたい100ぐらいになるそう

    病棟の人間関係をぐちゃぐちゃに壊す
    パーソナリティー障害の女性患者、115p

    抵抗する患者、まずは「精神」じゃなくて
    身体検査から

    シアナマイド、少量で酔っぱらえる酒の添加物を目指した、165p
    患者の強制入院、両脇から挟むようにして車へ。
    正面から迫ると反撃される

    統合失調症、治癒・現状維持・荒廃が同率
    早めの向精神薬で大幅な改善

  • 精神科医あるあるネタかと思ったらほとんどは作者自身のことだったので内容が独り善がりなんじゃないかと思います。

全56件中 1 - 10件を表示

春日武彦の作品

精神科医は腹の底で何を考えているか (幻冬舎新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

精神科医は腹の底で何を考えているか (幻冬舎新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

精神科医は腹の底で何を考えているか (幻冬舎新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

精神科医は腹の底で何を考えているか (幻冬舎新書)の作品紹介

精神科医とはどんな人たちなんだろうか。人の心を治療する医者だから、人の心の闇を知り精神の歪みにも精通し、人格的にも高い成長を遂げているはず。だが本当はどうなのか。テレビに出てくるあの人はあやしくないか。臨床体験豊富で熟練の精神科医である著者が、エクソシスト医師、無責任医師、赤ひげ医師、新興宗教の教祖的医師、タレント医師、世間知らず医師などなど累計100名を、裏も表も建前も本音もすべてリアルに描き尽くす。

精神科医は腹の底で何を考えているか (幻冬舎新書)はこんな本です

精神科医は腹の底で何を考えているか (幻冬舎新書)のKindle版

ツイートする