もったいない主義―不景気だからアイデアが湧いてくる! (幻冬舎新書)

  • 468人登録
  • 3.79評価
    • (45)
    • (71)
    • (58)
    • (10)
    • (2)
  • 75レビュー
著者 : 小山薫堂
  • 幻冬舎 (2009年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344981164

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

もったいない主義―不景気だからアイデアが湧いてくる! (幻冬舎新書)の感想・レビュー・書評

  • 発想力のある方だなー。アイデアが湧くのはきっと誰にでもあること。そこを形にできるかどうか。ポジティブに考えること、企画すること…と思うと散文のようでありながら、きちんと構成された一冊だと思う。文体も柔らかく、読みやすい。
    ちょっとしたことで疎遠になったひととの関係を思うに、人脈と捉えられていたのかなぁと。
    小山流には感心、取り入れたいこともたくさん。生きる閾値を下げるには大きく共感。卑屈になる必要はないけど、小さな幸せをきちんと受け止めるのは大切だと思う。
    自分が楽しめることで人を楽しませることが出来たら…そういう原動力で生きていきたい。

  • 小山薫堂さんは、目標となる人。本書を読み、分野やレベルは違えども感覚が近いなぁと感じたことが嬉しい。
    『もったいない』は、人生を変える言葉だ。

  • ネガティブスイッチを切り替える、人に頼る、異質なものを組み合わせる、など考え方のヒントがたくさん。
    発想の意外性がおもしろかった。

  • 本からエネルギーが
    ぶわーっと噴出してくる本だよね。
    こういう本って珍しいのよね。

    彼がすごいところは
    新しいことに挑むことを
    まったく怖がっていないこと。
    周りの束縛に固執しないから
    あっ、というアイデアがあっという間に出てきちゃう。

    ブランドというものの強みも
    ここで知ることができました。
    ちゃんと人が持つ承認欲求をくすぐることで
    売り上げにつなげちゃうのがさすが。

    だからキャンペーンの仕方も
    「その場所に長く影響のある宣伝」
    を念頭に入れたほうがいいわよね。
    これから始まるであろう、オリンピックも
    海外に日本をプロモーションする
    いいチャンスでねえですかね?

  • ネガテイブ・スイッチという言葉は覚えておいて損のない言葉だと思った。
    怒っても仕方がないことは、機会にしてしまおうという発想だ。
    著者は断水したらそれを楽しみ、ホテルオークラは、木片が食べ物に混入したら丁寧に謝り、お詫びの品を出し、返ってブランド力を高める。

    また当たり前を当たり前と思わないこととして、受付にパン屋を兼務させて、給与を自力で稼がせるだけでなく、外の空気を感じられたり、副次的な効果を生み出した。

    「おくりびと」を著者が書いた際、気をつけていたのはわらわせること。前半しか見られなかった友人に、「後半もあの調子で大爆笑なのでしょ?」と聞かれた。
    「おくりびと」を書く際には、映画の勉強を一切しなかった。
    創作のジャンルでそれをしないことによるメリットがあると感じたから。勉強したら誰かのマネになると思った。

  • とにかく、やってみよう
    じっとしているのは、もったいない
    自分の得意分野はこれこれで、なんてナンセンス
    与えられた仕事を、兎に角一生懸命やる
    結果は、後から付いてくる

    楽しめる1冊です

  • とってもポジティヴ、柔軟。
    デフレの正体のアンチで、労働人口が少なくなると、賃金が上昇して景気が良くなるといってる人がいる。
    ちょっと似てるかな。

  • 「気付き」の大切さ

  • 物陰に隠れて取り締まる警官はいらない。

  • 映画「おくりびと」の脚本や大学教授、放送作家など様々な肩書きを持つ筆者の考え方や具体例について書かれている。

    ・ 受付をパン屋にする
    ・ブランド、企画について
    ・神様にフェイントをかける
    ・断水に怒るのはもったいない
    ・いつもベストの道に進んでいると考える
    ・アイディアを考える訓練としての「勝手にテコ入れ」
    ・COPS 価値のない情報を価値のある情報に変える
    ・その彼はどこでもドアが目の前にあったのに開けなかった

    この本を読んだだけでいかに筆者が楽しく仕事をしているかがわかる。「仕事は苦行」と、なんとなく刷り込まれてきて今まで過ごしてきたが、おそらく筆者に言わせるとその発想自体こそがもったいない根源なのではないかと感じる。
    一見つまらない日常をいかに面白く変えるかについて具体的に教えてもらえた非常に貴重な一冊。
    薦めていただいた先輩に感謝。

  • ○放送作家でクリエイターの小山氏の作品。
    ○自身の仕事を紹介しながら、そのアイデアの源泉は何かについて、面白おかしく紹介したもの。
    ○「もったいない」ということと、「ポジティブ」ということがキーワード。

  • ・自分たちが世の中に送り出すものに対して、どれだけ価値を刷り込んで、どれだけ感情移入してもらうか。考える事が「企画」

    ・企画:普通の中に面白さを見るけること

    ・本来なら行く事の無い場所へ行ってみると、必ず何か摩擦が起こる

    ・テレビはどうしても「ちゃんと見てもらえない」ことを前提に考える。飽きさせない努力が必要。瞬間瞬間の面白さを大事にするメディア。
    映画は、お金を出して、最後までみてくれる恵まれた条件

    ・「頼る」のが上からロープをたらしてもらって、自分の力で這い上がるイメージだとしたら「利用する」のは
    相手を踏み台にして上がっていこうとする感じ。

    ・慶応は幼稚園から大学まで一緒のひとが他の大学に比べると卒業生の絆が強い

    ・何かしら企画を考えているので、頼まれものしないのに空想の世界で、いろいろな企業とコラボしています。

    ・PRは、お金を落として、かけ算みたいに相乗効果でいろいろなものが広がっていくというイメージ

    ・日経平均なんで東京証券取引所に上場している1700社のうち225社の平均にすぎない

    ・深澤直人のオフィスで驚いたのは、すべての家具が壁にくっついていない。

  • くまモンの秘密で知った小山薫堂さん、どんな方なのか知りたくてよんでみました。
    日常のもったいないからアイディアは浮かんで来るとの事。明日から少しアンテナを張り巡らせてみようかな。
    パン屋さん兼受付のオフィス、行ってみたいです。

  • 入院中に積ん読山を征服すべく、一冊目。

    多角的、多様的、複合的なものの見方をしよう、何かをするときに、その直接的な目的だけでなく、それだけではもったいないから、オプション、それも自分を含め関係者がウィンウィンになるよう、また楽しめるよう、企画しよう、ということかな?

    上司その他を言いくるめるには、プレゼン技術を向上させることも必要だ。

  • 小山薫堂さんの考え方が好きです。自分もこんな風に物事に対して、人に対して接していきたい!優しさの中に厳しいものも感じられ、刺激を受けました。
    小山薫堂にますます惹きつけられて、「考えないヒント」も即購入しました。

  • A reception is a bakerly. It's in a branding, a story and a concept.

  • 小山薫堂。
    憧れが、ちょっとがっかりに。

  • 「どうすればうまくいくか?」と言うようなビジネス書というよりは、小山さんのすてきな人柄がうかがえる。
    こういう人と仕事ができれば楽しいだろうという気がする。
    そして、そういう人間性みたいなのが、大切なんだとだと思う。

  • ネガティブに見えることすらチャンスに変えるやわらかさがあってこそ、ひらめきが生まれるんだな。

  • 現在、コラム・小説の執筆、脚本家、ラジオパーソナリティーなどのほか、
    企業の顧問やブランドアドバイザーなど多彩な活躍をしている著者の発想法が書かれている一冊です。

    小山薫堂さんは私も良く見ていた伝説の深夜番組「カノッサの屈辱」の放送作家であり、
    映画「おくりびと」の脚本も書かれたという多彩な才能を持った方。
    また、大人気のゆるキャラ「くまモン」の生みの親としても有名で、
    楽しくて独創的なアイデアを次から次へと世の中に送り出している方でもあります。

    小山薫堂さんの多彩ぶりは多岐に及んでいますが、
    その源は何事も「もったいない」と思うことから始まったり、
    相手を楽しませたいなと思うところから始まるんだそうです。

    ~受付がパン屋さんのオフィス~

    小山薫堂さんの会社があるのは港区のオフィス街。
    色々な人をワクワクさせたいと思っている小山さんにとっては、
    最近流行の自動受付のような味気ない会社の入り口にはしたくないと考えていました。

    かと言って、少数精鋭の会社では受付嬢を雇って座らせておくのは「もったいない」。
    そこで訪れた人がワクワクしながらも周囲の会社にも役立つことを考えて、
    受付を本物のパン屋さんにしてしまいました。

    受付嬢はパン屋さんの店長。
    自分の給料を自分で稼いでもらいながら、
    訪れた人に「ここが本当にオフィスの入り口?」と驚いてもらっています。

    パン屋さんで来訪を告げると秘密の扉のような入り口からオフィスに案内され、
    訪れた人はいきなり入り口からワクワクしてしまうという仕組みです。
    楽しそうですよね。

    ~ただのカレーでは誰も食べない~

    大学で講師も勤めている小山さんは、
    ある日の講義で市販のカレールーで作ったカレーの鍋を教卓に置いて、
    「このカレーを食べたい人」と聴講生に尋ねます。
    当然、誰も特別興味を示さず手をあがりません。

    そこで小山さんは一人の女性を登場させて会話を始めます。
    「この方がカレーを作ってくださったかたです。いつも作っているんですか?」
    「はい、次男が私の作ったカレーが大好きですので」
    「お子さんの職業は何ですか?」
    「野球選手をやっています」
    教壇に登場した女性は大リーグで活躍しているイチローのお母さんだったんです。

    そのあと、「このカレーが食べたくなった人?」と問いかけると、
    今まで見向きもしなかったカレーに全員が「食べたい!」と手をあげる。
    そうやってプランディングの重要性とサプライズの大切さを伝えました。

    「もったいない」と思う気持ちと「相手を喜ばせたい」と思う気持ちをミックスして、
    独創的なアイデアを次々と打ち出している小山さん。
    他にも「お店を有名にするよりも料理人自身を前面に出そう」と考えて、
    あの有名な「料理の達人」を考え出したのもそんな感が方があったからでしょうね。

    今回ご紹介している本名はノウハウが書かれたり順序立てて解説してあるわけではなく、
    小山さんがいままで携わってきた仕事やご自身の周囲の出来事が書かれている一冊ですが、
    読み薦めていくうちに小山薫堂流のアイデア発想術が分かってくる一冊です。

  • 読み終わったら本が付箋だらけになりました。
    今夜ゆっくりお酒を飲みながら、ブログに感想書きます。

  • 分かる〜って感じの内容でした。でも、分かる〜からできる〜が大事。
    ・仕事内容や立場が同質でなく、なんとなく異質な存在がいることで、ほかのスタッフの刺激や癒しになる。
    ・人を利用するのではなく、人を頼る
    ・自分が誰かの人生に登場できたかもしれない幸せ
    ・チャンスの種が見えているのに拾わないのは、本当にもったいない。
    2013.05

全75件中 1 - 25件を表示

もったいない主義―不景気だからアイデアが湧いてくる! (幻冬舎新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

もったいない主義―不景気だからアイデアが湧いてくる! (幻冬舎新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

もったいない主義―不景気だからアイデアが湧いてくる! (幻冬舎新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

もったいない主義―不景気だからアイデアが湧いてくる! (幻冬舎新書)の作品紹介

少しデザインを変えるだけでグンと便利になる日常品。人を喜ばせるチャンスをみすみす逃しているお金の使い道。次に生かされないまま忘れられていく失敗。世の中の至るところで、引き出されないまま眠っているモノやコトの価値。それらに気づき、「惜しい」「自分だったら」と思うことこそ、アイデアを生む最大の原動力だ-オールラウンドのクリエイターとして活躍する著者が、自らの「もったいないセンサー」を開陳。無尽蔵に広がる発想と創作の秘密を明らかにする。

もったいない主義―不景気だからアイデアが湧いてくる! (幻冬舎新書)はこんな本です

もったいない主義―不景気だからアイデアが湧いてくる! (幻冬舎新書)のKindle版

ツイートする