血税空港 本日も遠く高く不便な空の便 (幻冬舎新書)

  • 121人登録
  • 3.44評価
    • (2)
    • (23)
    • (12)
    • (4)
    • (2)
  • 19レビュー
著者 : 森功
  • 幻冬舎 (2009年5月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344981270

血税空港 本日も遠く高く不便な空の便 (幻冬舎新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今でこそ我が地元から成田空港へは駅前からバスが発着している。
    しかし、私がよく海外へ行ってた頃にはなかった。

    なので、上野まで出て京成スカイライナーが成田へ出る手段だった。
    スーツケースを転がして、東京メトロの上野駅から京成の駅まで
    えっちらおっちら歩いていたっけ。もう成田に行くまでに疲れちゃう。

    本書は成田をはじめ、日本の空港が抱える問題に焦点を当てた
    ルポルタージュである。

    こんな狭い国土に99もの空港があるんだね。知らなかったよ。
    そういえば千葉県在住の友人に「千葉には国際空港がある。
    埼玉にはないだろう」と自慢された。ふんっ、空港はなくても
    埼玉には新幹線が走っておる。なんて妙な張り合いをしたっけ。

    さて、日本の空港である。道路のことは少しは勉強したので分かって
    いるのだが、空港のことなんてあんまり考えなかた。道路特定財源と
    同じように空港整備特別会計なんてのがあるんだね。

    民営化以前の高速道路と一緒でプール制のこの財源は、やっぱり
    どんぶり勘定。赤字空港の財政を支える為にあるようなもの。

    ほとんどの空港が赤字を抱え、路線の撤退も続くなか、廃港にも
    出来ないし、貨物に特化した空港にすることも出来ない。

    民主党政権時代、国交省だった口先番長・前原が「羽田をハブ
    空港にする」なんて言ってなかったっけ。だったら成田はどうす
    るんだ?死人まで出して作ったのに…と思ったものな。

    自治体の要望や国交省の思惑もあるんだろうが、ぼこぼこと
    空港を作ったのはいいけど閑古鳥が鳴いているようじゃ、
    そもそもの必要性が疑われる。

    ダメダメな話ばかりでなく、成功している地方空港の話や海外
    の空港の取り組み、航空会社等へのインタビューも収録され
    ており日本の空港を取り巻く問題が分かりやすく書かれている。

    99なぁ。離島を除いて、日本にこんなに必要なんだろうか。道路
    より無駄じゃないのか。

  • 静岡空港の開港延期問題を中心に、日本の航空行政の甘さを綴った一冊。読み物としては非常に読みやすいが、折角問題に斬り込むのなら筆者なりの改善プランというか処方箋も示してくれてこそ有益と言えるのではないだろうか。個人的にはインフラ整備そのものは否定しないけれど、出張にいろいろ行くようになって航空路線が使いにくかったり空港のアクセスが悪いというのはやはりその根源に定見なき我田引鉄的な発想があったんかなぁ、などと思ってしまう。飛行機自体は好きだし今後も使いたいのだが、そのあたりの改善が民間から何かできないかな、とふと思いました

  • こちらは2009年発行とやや古かったため、図書館で借りた本です。題名から見て、単に航空行政を批判しているだけの非建設的なものかと思ってあまり期待はしていなかったのですが、この前に読んだ「空港の大問題がよくわかる」とはやや異なる情報も盛り込まれており、空港問題の細部についても知ることができて、結構おもしろかったです。
    それにしても、現在の日本の航空・空港問題は、単に以前の政策が失敗だったからそれを改めればいいといったような単純な問題ではなく、グローバル競争環境という極めて厳しい状況下で、すでに多額の投資を行ってしまった結果をどうプラスとなる方に活かすのか、という非常に複雑で難しい問題であることがよくわかりました。

  • 日本の空港について、そして空港がいかにダメなのかと書いた本

    典型的な政官癒着モデルとなっている当局・空港・航空会社の関係を書いてある。

    2009年5月発刊で、2009年のJAL倒産の暁には多くの新聞記者がこれをネタ元にいかにこの産業がダメかをこき下ろした(爆)

  • 日本の空港政策が如何に杜撰なものだったか、そして、空港整備特別会計というどんぶり勘定の予算によって、現在もその杜撰さを巧妙に誤魔化している現状についても、非常によくわかりました。

    空港を作ることが目的化した結果、本当は需要などほどんどない地域にも関わらず、恣意的な需要予測でどんどん空港が作られ、この狭い日本に100近くも空港があるというのは非常に驚きでした。
    そして、そのほとんどの空港で経営が破綻しており、一部の優良空港の利益と税金で補填しないとやっていけないのだという。
    また、そうした地方空港が足かせとなって、羽田空港の国際化が進まないとか。

    つい最近もエルピーダメモリの経営破たんがありましたが、これもずっと昔に破綻しているべきものを保護してしまった故に傷口を広げてしまったのだと思いますが、今の日本の空港事情についても同じことが起きるのではないかと思われます。
    市場原理が働かないところに成長はなく、保護をしていてもいつかは倒れてしまうだけ。
    本書は、空港の話ですが、きっと色んな産業で、このようなことが起きているのだろうと容易に想像できるところが恐ろしいですね。。。

  • 同じ話の繰り返しが多く、なぜ地方空港が乱立したのかの掘り下げた分析もなく、ちょっといまいちな読後感。まあ、オープンスカイや空整特会など航空政策の問題のアウトラインの理解には役立ちました。

  • 2年生のときに、授業でテキストとして使用。改めて読みました(・∀・)

  • [ 内容 ]
    「オープンスカイ」(=空の自由化)の世界的潮流でアジア各国が空港を整備し飛躍するなか、日本は致命的な後れを取った。
    羽田空港は頭打ちの国内線中心。
    米航空会社に占められ新規参入枠がない成田空港は、「アジアの玄関口」の座を周辺諸国に奪われて久しい。
    鳴り物入りでオープンした関西国際空港をはじめ、全国津々浦々99の空港のほとんどが火の車だ。
    その補填のため毎年5000億円もの税金が垂れ流し。
    そんな航空行政の呆れた実態を緊急告発。

    [ 目次 ]
    第1章 静岡空港「開港延期」の裏事情
    第2章 オープンスカイという逆風
    第3章 成田空港の呪縛
    第4章 泥沼の関空経営
    第5章 赤字「空港」の支え「空整特会」
    第6章 激変する世界の空
    第7章 生き残り策

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 赤字を抱える日本の地方空港の現状が分かります。「空港の大問題がよくわかる」に対して国内財政の見地からの分析が主です。

  • 日本の複雑な航空業界の現状について知ることができる1冊である。
    なぜ日本の空港はアメリカの方向性に従わなければならないのか。
    千両大戦後の米国支配に大きく影響されている、日米構造協議の対日解放要求のためである。
    飛行場を立てることで誰が儲かるのか。
    空港整備特別会計により、政府と地方自治体両方である。
    会計は不透明な内容で、財源は利用者からの離着陸料である。
    海外からの需要が高い首都圏の空港が、地方空港の赤字を賄うために、
    国際化が進められていない。
    可能性が生かせず、アジアの他国から取り残されてしまうかもしれない日本の空港の状態がわかった。

全19件中 1 - 10件を表示

森功の作品

血税空港 本日も遠く高く不便な空の便 (幻冬舎新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

血税空港 本日も遠く高く不便な空の便 (幻冬舎新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

血税空港 本日も遠く高く不便な空の便 (幻冬舎新書)の作品紹介

「オープンスカイ」(=空の自由化)の世界的潮流でアジア各国が空港を整備し飛躍するなか、日本は致命的な後れを取った。羽田空港は頭打ちの国内線中心。米航空会社に占められ新規参入枠がない成田空港は、「アジアの玄関口」の座を周辺諸国に奪われて久しい。鳴り物入りでオープンした関西国際空港をはじめ、全国津々浦々99の空港のほとんどが火の車だ。その補填のため毎年5000億円もの税金が垂れ流し。そんな航空行政の呆れた実態を緊急告発。

血税空港 本日も遠く高く不便な空の便 (幻冬舎新書)はこんな本です

血税空港 本日も遠く高く不便な空の便 (幻冬舎新書)のKindle版

ツイートする