私の好きな日本人 (幻冬舎新書ゴールド)

  • 47人登録
  • 3.50評価
    • (2)
    • (6)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 石原慎太郎
  • 幻冬舎 (2009年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344981294

私の好きな日本人 (幻冬舎新書ゴールド)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 433
    石原さんの好きな日本人ってどんなひと?

    日本を創り上げた大久保利道
    軍神 広瀬武夫
    財務官僚 賀屋興宣
    東急グループ再編者 五島昇
    小説家 小林 秀雄

    それぞれの感性に応じて眺めれば、過去の歴史を形作ってきた先人たちの中に数多くの自分自身の分身を見つけることが出来る

  • 石原氏の好きな歴史上の人物、ならびに親交のあった人物の紹介です。織田信長が上がってましたが、自分の息子(石原伸晃氏)が自民党総裁選に出馬の際、「平成の明智光秀」と言われたことはどう感じたのでしょうか?

  • [ 内容 ]
    「『歴史』の原理を踏まえ、それぞれの感性に応じて眺めれば、過去の歴史を形作ってきた先人たちの中に数多くの自分自身の分身を見つけることが出来る」(「人生の原典」より)。
    混迷の時代を生き抜く知恵は、わが民族の歴史や日本人らしさを再認識することにこそ隠されている。
    初めて明かされるエピソード、心沸き立つストーリー展開、独創的な歴史解釈を駆使して自身が影響を受けた人物を大胆に説き明かす全十章。
    画期的人物論。

    [ 目次 ]
    日本武尊-自己犠牲に徹した建国の英雄
    織田信長-歴史を変えた本能的合理主義者大久保利通-新生日本を創り上げた理の人
    広瀬武夫-軍神
    岡本太郎-自由と奔放の魅力
    賀屋興宣-巨きなリアリスト
    横山隆一-小さな巨人
    五島昇-本物のダンディ
    小林秀雄-無類な自由人間
    奥野肇-感性における真の師
    人生の原典

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 歴史上の人物であげられている織田信長や大久保利通などは、峻烈果断な行動力を持つといった点でいかにも政治家としての著者が好みそうなので、そういう意味では新鮮さは無かったが、
    小林秀雄、岡本太郎らをはじめとする実際に親交のあった人物への評価というか思い出は一般の人物伝とは違う距離感で面白かった。

    しかし、世に出る人間の交友関係とはすごいもんだな…

  • この本では石原慎太郎が好きな日本人として、歴史上の人物から無名な人まで10人紹介されています。10人の人物についての文章を通して、石原慎太郎さんが何を考え、何を美しいと感じるか、何に感嘆するかなどが少しは分かる気がします。
    内容自体も十分面白いのですが、文章自体を楽しむだけでも価値がありました。硬くない文章なのに美しいのです。

  • いかなる人間も、それぞれが属している国家や民族の歴史に、その人生を規制されぬ訳にはいかない。それは人間社会という共同体のしからししめる原理に他ならない。

全7件中 1 - 7件を表示

石原慎太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

私の好きな日本人 (幻冬舎新書ゴールド)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

私の好きな日本人 (幻冬舎新書ゴールド)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

私の好きな日本人 (幻冬舎新書ゴールド)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

私の好きな日本人 (幻冬舎新書ゴールド)はこんな本です

私の好きな日本人 (幻冬舎新書ゴールド)の単行本

私の好きな日本人 (幻冬舎新書ゴールド)のKindle版

ツイートする