60歳までに1億円つくる術―25歳ゼロ、30歳100万、40歳600万から始める (幻冬舎新書)

  • 566人登録
  • 3.29評価
    • (16)
    • (60)
    • (92)
    • (21)
    • (7)
  • 93レビュー
著者 : 内藤忍
  • 幻冬舎 (2009年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (193ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344981492

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
ブライアン・トレ...
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

60歳までに1億円つくる術―25歳ゼロ、30歳100万、40歳600万から始める (幻冬舎新書)の感想・レビュー・書評

  • 投資教育を受けたことがない人間にとって、長期分散・手数料休めの低コストな考え方は、驚きかもしれません。ある程度、学んだ方からすれば、目新しさのらない一冊と感じるでしょう。投資の基本に帰ることは出来ました。ただし、ネット証券の投資信託で、インデックス商品を勧められていただけのような気もします。

  • 「お金の管理」についての基礎が学べる本。長期分散投資で無理なく、長いスパンで資産を増やしていくという考え方にはとても共感できる。資産を増やすには、収入を増やし、支出を減らし、投資を行うという3つを行う必要があり、それぞれに対してビジネススキル、ライフスキル、インベストメントスキルという名称を付けている。この分類により、自分がどの分野でお金を管理したいのかを考える習慣が付く。

  • 内藤さんの本だけに、多少投資に重点がおかれてますが、それでも凄くバランスがとれてて、とてもいい本だと思います。
    人に自信を持ってお勧めできる本ですね。

    今を自由に、かあ。いつまでにいくら、かあ。
    投資は何年もやってるけど、ちゃんと考えてないことがたくさんだ。

    いやー、いい本だなあ。後輩に勧めてみよう。

  • ほとんど知っている内容だったが、分かりやすく書かれていたので初めての人にもおすすめ。
    人的価値として需要が見込まれそうな希少分野や、複数異分野技術を持つと良いという内容は転職に活かせそう。

  • タイトルは少し過激ですが、投資初心者にはオススメの本です!文章がとても読みやすく、短時間で基本を押さえることができます。

    第3章「支出を減らす」には、私が疑問に思っていた住宅(※)に関する考え方が書いてあり、関心しながら読ませていただきました。
     ※ 持ち家 or 賃貸、固定金利 or 変動金利の考え方

    ■気に入った/参考になったフレーズ
    ・「死ぬときが一番お金持ち」ではつまらない
    ・持ち家 or 賃貸かという損得の判断は、住宅の将来価格次第
    ・固定金利 or 変動金利かという損得の判断は、将来の金利次第
     →リスクのないオイシイ話はない。自分の性格を把握して判断することも大事。
    ・投資の鉄則「長期」「分散」「低コスト」「インデックス」「積み立て」
    ・投資とは、勝つことよりも負けないことを目指すマラソン(ゲーム)
     →チャールズ・エリスの『敗者のゲーム』参照
    ・お金の悩みは自分の努力で解決できる問題
     →悩みを細切れにして、具体的に一つずつ消し込んでいけば良い。直視せずに曖昧なままにすれば、ずっと不安なまま。

  • ブックオフで中古で買ってきて中身を読んだら過去に読んだことがあるような気がしたが、よくある投資信託や長期的な視野にたった投資の必要性をうたっており、自分の勘違いかなと思い読了後、本棚を見れば同じ本がそこにあった。ということで、復習本。ブックオフ行き。内容としては、将来あるかないかわからない年金に頼らずとも資産を蓄えておくことの必要性をうたっている。その手法として年4回チェックするだけと投資信託を推奨している。他にもクレカを1枚だけにするとか、ローンは組まないだとか、必要以上の節約はしないだとか有益なことが多く書かれていた。自分としても投資信託は抵抗があるが1万円くらい外貨建MMFでも挑戦しようかと思った。

  • 投資を早く行った方が楽。

  • 2016_035【読了メモ】(160619 22:22)内藤忍『60歳までに1億円つくる術』/幻冬舎新書/2009 Nov 30th

  • タイトルは胡散臭いけれど、内容は概ね真っ当(ある意味普通)。
    他人のいうことは鵜呑みにしてはダメだし、私の言うことも(自分の信じていることを書いてはいるが)疑ってかかった方が良いよと記載があるので、まともな作者のような気がする。

    ○投資に関して
    ・世界経済が今後も成長するならば、長期分散投資はプラスになる
    ・投機は、自分より出来の悪い人から合法的に金を搾取するだけで価値を生まない
    ・投資は敗者のゲーム。ミスをしないように堅実にいく者が勝つ

    ○投資の運用あれこれ
    ・他の人が気づいていないが魅力のある会社の株を見つけるのはプロでも難しいので、積み立てで機械的にインデックス買うのがベター
    ・エコノミストが選んだ10銘柄とTOPIXを2年分2回比較したら、後者の方が高くなっていた(とのこと)
    ・ストックの金は、リスクが管理されているかと思った通りに資産配分できているか確認する。
    ・最悪の想定が現実になっても耐えられる範囲がとれるリスクの限界
    ・利回り・金利は手数料とセットで考える
    ・管理は、チェックを年4回、見直し・変更を年1回くらいで無理なく続けられるような方法にするのが大事
    ・損をしているときにこそ、損切りするのか、追加投資するのか等ちゃんと見ないといけない
    ・人間心理として、利益を得るときは期待値が少なくても必ずもらえるものを選びがちで、逆に損をするときは確定するのがいやで期待値が低い物を選びがち

    ○自己研鑽とか
    ・稼ぐ力はヘッドハンターに合って測定できる
    ・みなができるかとでもジャンルの違うスキルを組み合わせることで自分の希少価値を上げる
    ・半端になるようなことは、最初からやらないと決めておくことが大事

  • マネーの教科書と被っている内容が多々あるので、どちらかは読まなくてもよい。

  • フリーランチはない。自分を希少資源化するための最も有効な方法は、ジャンルの違うスキルを組み合わせること。

  • 何をするときも「時給で考える」
    自分の時給を高めるには「何をするか」より「何をやらないか」を決めたほうがいい
    お金の不安についてだけでなく、何か困ったことがあったら、細切れにしてみることが大事です。小さな目標をつくって積み上げていくと、意外とラクに達成できることと、気がかりなことを一つずつつぶしていくことはなんだか似ています。
    自分に必要なお金が「いつまでにいくら」かを知り、その実現方法を考え実践することによって得られるのは、「将来の安心」だけではありません。必要ないことはやらなくてよいという「いまの自由」も手に入れられる。

  • 表題は、ちょっと過激だが、内容は至って標準、まっとうな投資指南書。
    収入を増やし、支出を抑え、資金を有効活用する、これに尽きる。
    あとは、一般人は気づいていないポイントの解説

  • 言っていることはその通りとは思うが目新しいことを期待してはガッカリする内容。
    銀行預金しかする気がありません、という人が読んでみて考えを拡げるにいい気がする。
    タイトルのように1億円つくるのは年7%で運用できれば無理のない積み立てでいけるとのことだけど、この本の基本だけ抑えても年7%のリターンは得れない。まぁそんな万人に効く方法はないということなんでしょうけど

  • どの投資入門本にも書いてある「分散」「長期」「低コスト(手数料)」といった原則が繰り返されるだけ。目新しいことは全くなく、ネット証券の新規顧客開発向けのパンフレットを読まされているのかと錯覚する。
    笑ったのは「1カラットのダイヤが1000万なら5カラットのダイヤは1億2億する。その理由は大金持ちが資産を持ち運びやすくするため。だから資産は身軽に。」だって。
    あの~、単にそれってでかいダイヤの塊がレアだから、じゃないんですか?
    ちなみにタイトルとなっている「1億円つくる術」については具体的な言及は一切ありません。
    買う前に表紙をめくって著者近影を見て「この男、信用できる!」と感じた方だけ買ってください(笑)。

  • 完全に守銭奴ホイホイな題名だけど、投資に限らず生活の根っこから資本の最適化を図っていて内容はいたって真面目。
    持ち家・賃貸論争のところなんか特に勉強になる。
    生活全般における収入・支出を見直したい人にお勧め。

  • 基本に沿った内容。住宅は資産だとか、普通預金はノーリスクだとか思ってる人は読めばいいんじゃないですかね。しかしまあ、若い頃から月10万近く貯めて、色んな誘惑振り切ってコツコツと投資で増やして、リタイヤするころにやっと手にするのが1億。いったい何のために生きてるんだろうか

  • 良書。とても、分かりやすい。
    対象も二十代後半から四十代と。
    専門用語や小難しい話などもなく、とっつきやすい。

    あくまでも、対象はお金の話。
    お金は目的に達する為の手段であると。
    これが、対象が労働になるとまた、大きく変わるのは当然だな。

    たまたま、仕事に行き詰まっている時に読んでしまったので、良いのか悪いのか微妙なところだが、本書に記されていることは至極全うに感じた。
    本田健氏のユダヤ人の〜のように、美化し過ぎることなく、ドライに記されている。

    基本的なことだけど、何もしていない人に一歩を踏み出させるきっかけになる一冊だと思いました。

  • 元マネックス証券の内藤忍氏が、初心者向けに投資について記載した本です。

    「投資を始める前提として、生活費は3か月程度確保しておくことが必要」
    「あなたにとって必要なのは、『いつまでにいくら』ですか?」
    「『長期』『分散』『低コスト』『インデックス』『積立』という5つのキーワード」

    あたりが印象に残りました。

    きちんとライフイベント表を作成しないとと思いつつ、何にいくら必要なのかを把握しないまま投資を続けている私の姿勢を反省しないといけないのかなとは思います。(そうはしないのでしょうが)

    「『死ぬ時が一番お金持ち』ではつまらない」とならぬよう、人生を歩んでいければなと思います。

  • 文字通り、蓄財について説いた一冊。

    一般的なことが書いてあるが、言うは易し、行うは難しの世界。
    ただ、長期投資が一番良いことだけはわかった。

  • ○冷静に考えると、選択枝はいろいろとあるのです。変に惑わされ、不安がらずに、今できることをたんたんとこなすことがいいのです。
    ~以下、引用~
    ●不安がる前に、紙とペンと電卓を持って収入と支出を計算してみれば、案外やっていけるということに気づくはずです。
    ●個人が持っている富の蓄積が円の相対的な信用につながっているのですが、それを意識している人はあまりいないようです。
    ●<お金の方程式>とは、
    将来のお金(目標)=((収入-支出)+資産)×運用利回り
    です。
    ●このようにして、フローは銀行の中で全部完結、ストックは証券の口座で全部完結させることで、フローとストックを別々に管理することができます。そうすることで、・・・ムダ遣いのせいなのか、投資で損をしているのか・・・。
    ●たとえば金利一%・・・倍になるのに何年・・・。
    七二÷一は七二ですから、倍になるのに七二年かかる。
    ●本当はコストを下げることがリターンを上げる一番の近道です。
    ●一〇年後も需要のありそうな仕事は、インターネットを使う仕事か、逆に絶対に機械化できない仕事のどちらかでしょう。
    ●それは「この仕事をできる人がほかにいない」ということです。
    ●私の「やらないことリスト」のには、「人と同じことをしない」があります。
    ●・・・投資以外に、会社員に可能な収入の複線化の方法・・・アフィリエイトでしょう。
    ●そう考えればむしろ「ほかの人が学んでいないこと」を勉強したほうがいいわけです。
    ●・・・「人生の三大出費」、すなわち、住宅、教育、保険の見直しから手をつけていきます。
    ●そう考えると保険の給付というものは、働き盛りのころをピークとして、だんだん少なくなっていってよいものです。
    ●「なるべく金利を払わないこと」がお金とのつきあい方の基本です。
    ●ただ新興国は政情が不安定だったり、経済システムが脆弱だったりする・・・いろいろな国に分散させ、リスクを回避する・・・。
    ●世界経済が成長していくという前提が正しいとすれば、世界全体に投資しておけば、全員が成長していくときに一緒に乗っていける。
    ●結局プロに頼んでも、・・・一か八かの世界・・・だったら、最初から平均を狙う・・・
    ●投資の鉄則の五つ目が、毎月定額で積み立てて投資する・・・「買う時間を分散させる」・・・。
    ●そのバフェットも・・・こんなことを言っています。
    「自分は銘柄を選んで投資してきたけれど、もし個人投資家かが自分で投資したいと思ったのなら、世界経済全体に投資するようなインデックス運用をした方がいい」
    「私のような方法は・・・誰でもできる方法でない」
    ●少しぐらい失敗しても水に流して、また次の年から新しいスタートを切る。チェックは年四回、見直し・変更は一年単位で行なうのがいいと思います。
    ●・・・葬式の費用は二五〇万円・・・二五〇万円だけ貯金があれば、あとは全部使ってしまってもかまわない。そう考えることもできるのです。
    ●しかし、お金にきれいも汚いもありません。ただの道具だと思ったほうがいい。だから、自分がやりたいことを実現するのに必要な額が手に入ればいい。

  • 自由を手に入れるために、お金を運用するためには?

    1分散投資で、負けない投資
    2投資の公式 目標=資産×年数×年利
    3必要なのは元本、年数、年利を決めることだけ

    1リスクを最小限に抑える
    2コストを最小限に抑える
    3個別銘柄は投資しない
    4我慢をしない
    5自分なりの続ける仕組みを作り上げる

  • 死ぬ時が一番お金持ちではつまらない

    マネー知識のまえに、マネー哲学を教える必要がある

    バリュー株はポジティブサプライズに反応しやすく、グロース株はネガティブサプライズに反応しやすい

    有名人が挙げる有望銘柄を全部均等に買ったとしても、一年後にTOPIXと比較したら、インデックスの方が高い(当たらない予想を断言するエコノミストたち)

    止まった時計
    ずっと言い続けていれば、いつかは当たる

全93件中 1 - 25件を表示

内藤忍の作品一覧

内藤忍の作品ランキング・新刊情報

60歳までに1億円つくる術―25歳ゼロ、30歳100万、40歳600万から始める (幻冬舎新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

60歳までに1億円つくる術―25歳ゼロ、30歳100万、40歳600万から始める (幻冬舎新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

60歳までに1億円つくる術―25歳ゼロ、30歳100万、40歳600万から始める (幻冬舎新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

60歳までに1億円つくる術―25歳ゼロ、30歳100万、40歳600万から始める (幻冬舎新書)の作品紹介

誰もが不安な老後のお金。不安を解消するのに一番大切なのは、やみくもに貯金することではなく、まず自分が何歳までにいくら必要かを知ること。目標を設定して、「収入を増やす」「支出を減らす」「長期分散投資」の3つのアプローチから「やるべきこと」を決めれば、あとはそれを淡々と実行するだけ。そうすれば、今やりたいことを犠牲にしなくても、「60歳で金融資産1億円」が自ずと可能になる。20代、30代にこそ始めてほしい、教養としての資産づくり入門。

60歳までに1億円つくる術―25歳ゼロ、30歳100万、40歳600万から始める (幻冬舎新書)はこんな本です

60歳までに1億円つくる術―25歳ゼロ、30歳100万、40歳600万から始める (幻冬舎新書)のKindle版

ツイートする