英語を学ぶのは40歳からがいい 3つの習慣で力がつく驚異の勉強法 (幻冬舎新書)

  • 410人登録
  • 3.32評価
    • (11)
    • (31)
    • (54)
    • (10)
    • (4)
  • 51レビュー
著者 : 菊間ひろみ
  • 幻冬舎 (2011年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344982246

英語を学ぶのは40歳からがいい 3つの習慣で力がつく驚異の勉強法 (幻冬舎新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 40歳からでも英語を学べるではなく40歳だから英語を学べるという発想はなるほどです。

    英語学習のポイントは「音読をする」「多読をする」「英語表現を覚える」

    色々と参考になりました。

  • まー受験英語と英会話能力は違いますよね…なかなか、英語の勉強が進みません。

  • 後から見直したくなる本。
    なるほど、ということが書いてある。

  • 英語はコミュニケーションのツール
    日本はどうして総理大臣がしょっちゅうかわるの?
    日本の会社はどうして何かを決めるのに時間がかかるの?
    根回しってなに?
    日本人はなぜはっきりと自分の意見をいわないの?
    日本の文化、習慣、ビジネス事情について知る
    ペーパーバックスを読む
    最低20分の英語の勉強
    坂本竜馬は、音読をしていた
    多読、英語表現を覚える
    NHKラジオ英語
    英英辞典で調べる
    アサヒウィークリー
    the student times

    マーフィーのケンブリッジ英文法
    スワンとウォルターのオックスフォード実用英文法

  • 2012

  • 当たり前の事ばかりだったので、途中でやめようかと思ったが、日本人が勘違いしている表現の解説が意外と分かりやすく、シンプル。
    手帳に書き留め、頭に刷り込もうと思う。

  • 音読が重要だが口パクでは効果ない
    英文読まずにリーディング伸ばすのは無理。
    英語の読解力は英語を手段として使っている時に最も伸びる。
    現在完了形は過去に起こったことが現在に繋がっていることを表す。
    be going to は前から決めてあったこと。
    リスニング力をつける最強の方法は音読。発音できる音は聞き取れる様になるから。
    発音の連結であるリエゾンを意識する。トイレやレストランは単語の最後のt.k.dを聞き取れなかったため。
    最初に英英辞典を引くと自分が使いこなせる簡単な単語に置き換えられる様になる。

  • タイトルどおりの内容と言っていいと思う。けど、厳密に言うと、「英語を学び始めるのには」という感じだし、必ずしも40代にフォーカスする必要もなく30代でも50代以降でもいいと思った。いろいろと事例集があったけど、それを眺めていても英語の内容は大学受験レベルだと感じる。子どものころ洋楽を聴いていて、超有名な曲でも、その歌詞が表記上もリエゾンしていたりするのに、学校では習わないのは確かに変だと思った。

    p32.英語は暗記科目というよりは、スポーツやお稽古事に近いものがあります。
    p58.アメリカ英語はこのリエゾンが多いので、これが聴き取れないと、英語がスムーズに理解できません。ところが、受験英語ではリエゾンという発音の基本中の基本を教えていないため、生徒は日本語と同様、英語も単語と単語を分けて発音すると誤解して覚えています。

  • 必要性に迫られることが大事

  • 英語を学ぶためのノウハウの本。
    音読・多読・必要最低限の英語表現を覚える、の3本柱。
    実践的でいいと思う。

全51件中 1 - 10件を表示

英語を学ぶのは40歳からがいい 3つの習慣で力がつく驚異の勉強法 (幻冬舎新書)のその他の作品

菊間ひろみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ウォルター・アイ...
ジェームス W....
ジャレド・ダイア...
J・モーティマー...
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

英語を学ぶのは40歳からがいい 3つの習慣で力がつく驚異の勉強法 (幻冬舎新書)はこんな本です

英語を学ぶのは40歳からがいい 3つの習慣で力がつく驚異の勉強法 (幻冬舎新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

英語を学ぶのは40歳からがいい 3つの習慣で力がつく驚異の勉強法 (幻冬舎新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

英語を学ぶのは40歳からがいい 3つの習慣で力がつく驚異の勉強法 (幻冬舎新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

英語を学ぶのは40歳からがいい 3つの習慣で力がつく驚異の勉強法 (幻冬舎新書)の作品紹介

「もう若くないから英語はムリ」と諦めるビジネスマンも多いが、実は語学習得と記憶力は無関係。人生の折り返し地点に達し、やるべきことの優先順位も明確な40歳すぎは、英語に対する「切実な想い」「集中力」があり、英会話に不可欠な知識や社会経験も豊富だ。そのためコツさえつかんで勉強すれば、20代の若者よりも英語力はぐいぐい伸びる。ただし、受験英語の延長のような勉強では時間の無駄。著者が提唱する3つのこと、つまり英語を「音読する」「多読する」、そして「英語表現を覚える」ことを習慣にすれば、たった3カ月で自信を持って英語を話せるようになる。

ツイートする