寿命は30年延びる (幻冬舎新書)

  • 25人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (3)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 白澤卓二
  • 幻冬舎 (2012年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344982710

寿命は30年延びる (幻冬舎新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 参考になった。
    特別なことを言ってる訳ではなく、よく知られてることが書いてある。
    腹7分目。タンパク質多め、野菜多め、動物性脂肪を控える。
    適度な運動。充分な睡眠。
    ストレスをコントロールする。

  • 野菜ジュースを週3回以上飲んでいる人はアルツハイマー病の発症リスクが低い。
    腹7分目とバランス良い食事
    長寿遺伝子が身体をモニターしてオンになったりオフになったりしている。
    そのカギは、カロリー制限、運動などの生活習慣。
    空腹時のインスリン血中濃度が低いほうがいい、かつ急激な上昇を避ける
    100歳以上で糖尿病の人は居ない
    癌による死亡率は、高齢になるほど減る。ピークは男性が60代後半、女性が50代後半、90を過ぎると1割り程度に減る
    三浦敬三さん、板橋光さんも動脈硬化がある。ギリギリのところで健康を維持している。
    健康と病気の間をいったりきたりしている。食事、運動、睡眠などの生活習慣によって、健康長寿を実現していく。
    老化を促進させるのは、糖化と酸化。

    カラフルな野菜「カロテノイド」 トマト、ブロッコリー、鮭のアスタキサンチン、鳥の胸肉カルノシン、納豆、ヨーグルト、牛乳トリプトファン、赤ワインレスベラトロール、アボガド、りんご、バナナ、くるみ=トリプトファン安眠促進、チョコレート、オリーブオイル、地中海料理、ウコン認知症予防、ローズマリーオイル、

    NGなもの、動物性油、トランス脂肪酸、白い炭水化物、白砂糖、

    BMAL1=脂肪を脂肪細胞に取り込むタンパク質。夜9時から夜中2時までが多い、午後3時が最低。3時のおやつまではOK。9時以降は食べない。
    食べる順序を考える。血糖値の急上昇はそれだけでダメージがあると意識すること。
    作り笑いでも笑うこと。ひとりで食事をしない。
    一日2合以上の酒を飲むと脳が萎縮する。
    自家製ジュースを飲む。

    空腹時血糖85程度、ジュースを飲むと90前後まで。その後下がって80~85。糖新生が起きているはず。だから血糖値が下がらない。

    空腹感は、血糖値が下がったときに起きる。
    すぐにおなかが減るのは、いつもご飯を食べているから。
    糖新生が働かず、血糖値の低下に繋がる。
    インスリン、レプチン、アディポネクチンなどのホルモンは、報酬系のホルモン。食べるとこれが出るので、止められない。

    バランスボールで体幹を鍛える

    睡眠不足が肥満を招く
    成長ホルモンを意識した睡眠10時から2時。
    体温が下がると睡眠に入りやすい。

    ドキドキ・ワクワクが長寿の秘訣。
    よく笑うことで、脳内ホルモンが分泌される。

  • 詳細なレビューはこちらです↓
    http://maemuki-blog.com/?p=9289

全3件中 1 - 3件を表示

白澤卓二の作品

寿命は30年延びる (幻冬舎新書)はこんな本です

ツイートする