オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より (幻冬舎新書)

  • 1127人登録
  • 4.16評価
    • (155)
    • (145)
    • (68)
    • (11)
    • (1)
  • 180レビュー
  • 幻冬舎 (2012年9月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (351ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344982789

オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より (幻冬舎新書)の感想・レビュー・書評

  • 父親が大嫌い、Twitterで悪口を書かれた、女優と結婚したい……こうした悩みを打ち明けられたとき、どんなアドバイスができるか。朝日新聞beの人気連載「悩みのるつぼ」で、誰よりも相談者の気持ちに寄り添い、「役立つ回答」を編み出し、読者や相談者本人から絶大な信頼を誇る著者が、「回答」に辿り着くまでの思考経路を一挙に公開。人生相談と本気で格闘することで、問題解決のための分析力、思考力が身につく、画期的な書(Amazonより抜粋)

    タイトル買いした本ですらすら読めました。
    色んな視点から相談者に合う回答をしていて凄いなと思った、自分にはできない事だと思うので。こんな分析の仕方があるのだと目から鱗でした。

  •  新聞のお悩み相談に投書された悩みに、著者がどう答えたか、その答えに至った思考過程を紹介したもの。悩みの種類は思春期の友人関係や家族関係、将来のことの話から、大人の恋愛、育児、仕事の悩みまで。単に精神論や上から目線で終わらせるのではなく、著者独自の視点で、理路整然と、それでいて愛があるような回答を目指している。
     著者の本はこれまで『世界征服は可能か』とか「レコーディングダイエット」に関する本を読んだことがあるが、どれも読みやすく、いろんな物事を、ヒトの心理を捉えながら分類する、選択する、といった分析手法がユニークで、今回も期待して読んだ。「悩み」は「複数の問題がこんがらがった」(p.72)状態であり、それを「『今すぐ回答すべき問題』と『別にあとでもいい問題』と『もう終わってしまったんだか後悔するなり反省するなりして自分の中で決着させる問題』というふうに仕分ける」(p.73)ことが必要、として鮮やかに悩みを「因数分解」して見せる、というのが見ていて面白い。「人が抱えられる問題には重量制限がある」(p.77)とか、悩みの分類の中に「『人類が』いずれ解決せねばならない問題」(p.71)というのもあるのは、納得だった。おれも仕事柄、悩みを受けて話すという機会が多いが、「悩み相談は『相談→回答』じゃない。『相談から始まる対話』なんです。」(p.250)というのは、ずばり悩み相談の本質を表していると思った。だから「理詰めで答えたり、解決策だけ与えてさっさと去らないでください。これら思考ツールは、人を傷つける武器にもなってしまいます。」(p.251)というのもよく分かる。そして、「必要なのは『今の君はダメでも、未来の君は大丈夫!』というひと言。このひと言がない回答は、人生相談の回答たり得ない。愛とは『根拠のない信頼』のこと。ちなみに、恋とは『理由のない信仰』のこと。」(p.288)だそうだ。さらに、「なぜみんなは、そんなにさっさと解決策を言いたがるのでしょうか?」(p.249)、「人間というのは安心したがるあまり、手近な解決策を言いたがる」(同)というのも、気を付けようと思った。
     と、こんな感じで、著者の本には、必ず人の弱さを指摘し、ただそれだけでなくそこを救う優しさというのが見えていて、ただ分かりやすいだけではない、面白さがあるのだと思った。ただ、おれはたぶんこういう回答はできないし、しないだろうなあ、と思うのもある。いくら思考過程を身に付けたとしても、やっぱり著者だから言える回答というのがたくさんある気がする。(16/11/20)

  • 新聞に連載されていた人生相談コーナーの書籍化。
    まえがきに登場する「父親が嫌いです」に対する回答はネット上でも話題になっていたので目にしたことがある方も多いのではないかと。
    この本は単なる相談文と解答文の羅列に留まらず、回答者たる岡田斗司夫さんがその相談文をどう読み解き、回答を考え、原稿の文字数でまとめられているかの解説本。
    相談されている内容にストレートに答える前に、その根っこにある解決すべき問題を見抜き、相談者個人への回答に留まらず、その背景にある読者を含めた大きな問題へ応える気持ちで書かれている回答文はプロのお仕事。中には「これどうなの?」と首を傾げる回答もあるにはありますが、お見事です。
    普段論理的思考に慣れていない人間には書かれている全ての手法をものにすることは難しく感じられるものの、自分や周囲の抱えている問題に筋道立てて考える道標になり、読んでいるうちに頭がすっきりしてきました。

  • ・朝日新聞に毎週土曜日掲載する人生相談コーナー「悩みのるつぼ」の回答者のひとり。
    ・「悩みと回答だけでなく、著者がどのような思考回路をたどってあの回答(=問題に対する考え方)に行き着いたのか知りたい」という声を書籍化したもの。
    ・証拠を求めながら相談を読み込む(分析)。疑って分析する。
    ・相談者の気持ちを辿る(分析)→本当に相談者が言いたいことは何か(仕分け)→具体的な行動を提示(フォーカス)。etc
    ・悩みとは、「複数の問題がこんがらがった状態」。問題に手が付けられなくなった時、=悩みのるつぼが発生しているときに最初にやrべきことは、頭の中だけで考えるのをやめること。ノートに書きだしてみたり、他人に相談することが最優先。なので実は相談者の大半は悩みを書いている段階で、かなり解決している。

  • 他の回答者を研究しそれとは違うスタンスを作り上げ、「絶対に相談者の味方になる」 という覚悟をもって回答し、相談を他人事としない姿勢が好い。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/14288944.html

  • 2016年3月23日読了。岡田斗司夫氏が朝日新聞紙上で行った人生相談「悩みのるつぼ」での応答の紹介と、そこで氏が駆使した11の技法の説明。悩みに対する「潜行」「仕分け」は普通の対処だと思うが、「四分類」「三要素」などのフレームワークの使い方がきわめてロジカルで面白い。新聞紙上で、人生の悩みに真剣に苦しむ相手に回答するわけだから、単にロジックをもてあそぶだけでは相手の心には届かない。悩みの底まで分析した上で、ひたすら相談者に寄り添い「愛」を持って回答する、という著者のスタンスにはちょっと感動する。自分の悩みはなかなか客観的に見れないものだが、「これは誰でも直面する悩み=人類全体の課題であり、私に解決できるものではない」などと悩みの要素を分解していけば、一つ二つは対処可能な問題に対処していけるものなのだろう。

  • 悩みの捉え方、解決の仕方が相談者の芯に触れていて、非常におもしろかった。岡田氏の思考ツールが参考になる。
    分析ー仕分けー潜行ーアナロジーーメーターーピラミッドー四分類ー三価値。
    こう羅列しただけでも、いかに岡田氏が思考の整理をしているかがわかる。参考になった。

  • タイトルからは想像出来ないが、ロジカルシンキングの本でした。人生相談も読めて、結構楽しめる一冊です。

  • 面白い!
    久しぶりに読んでいる途中からそう思った。
    さらに実家に電話したついでに親にオススメした。本が好きな人だけじゃなく、悩める人(つまり全ての人)に読んでほしい。

  • 色々考え方の基本が書いてあるけど、イマイチ思考の置いていかれ感が拭えなかった。しかし決められた文字数で自分の意見を書くのは大変だな

  • p15930手前の男が一番持てない。10年くらい踏ん張って自分の価値を上げて、恋愛市場価値が暴落してきた同世代の女性とお似合いに。

  • 面白かったし、スラスラ読めた。なるほど!と思えるところもあった。紹介されていた手法を元に自分の悩みも考え直してみたいな。

  • うーむぅ。中途半端に理屈っぽくて、いまいち面白くなかったような‥。ちょっといい人ぶってる感じが何となく、むず痒い。いや、岡田斗司夫はいい人なのかもな。でも、全面にいい人感(+ちょっとした自画自賛)を出されると、ちょっと引いてしまう‥。

    サンデルの「再大多数の最大幸福」た「個人の自由と権利」と「美徳の追求」の下りは、面白かったし、色々読んでるんだなぁと思った。
    引用文献を挙げててくれると助かるのだが‥。

  • ゴシップや悩み相談系の文章を読むのが好きな人であればさっくりと読めてしまう、けれどとても大切なポイントがたくさん書かれている、面白本系。

  • 超おもろかった!悩み相談の回答も秀逸なんだけど、回答を作成する思考プロセスを公開、解説してくれちゃってて、その部分がスンゴイ貴重。
    人間の悩みに関する洞察も深まる良い本。

  • 仕事として人生相談に答えるのにベストを尽くそうとする著者の考え方を綴った本。かなり面白い。

  • 岡田斗司夫さんによる新聞での悩み相談コラムをまとめた本。
    久しぶりに面白い!と感じた本です。

    悩み相談に答えるにあたって、どのような『思考』を経て回答をしているのかを、実際の質問と回答を揚げながら解説した本。

    10個の思考ツールとその応用は秀逸で、幾つかに関しては既に日常的に活用している人もいるんじゃないでしょうか。

    このような思考と愛情があれば、ものすごく魅力的な人間になれんじゃないかなあ?

    いろんな人にとって何かしら感じることがある本のはず。

  • 相談内容より相談方法・思考法の本なんですが分かりやすいです。その人に向き合おう寄り添おうなんとか役に立とうって徹底した態度に、岡田さんのこと見直しました。

  • 朝日新聞の人生相談コーナー「悩みのるつぼ」に寄せられた実例から、筆者が担当した回答と、その回答に行き着くまでの思考の道筋について書かれた本。一見どうしようもないと思える悩みも、「悩みとは、様々な問題がこんがらがった状態である」という考えをもとに、分析、仕分け、潜考することによって理論的に回答を導き出していく。悩み相談に限らず、様々なシーンで役立つ考え方の基本なのだと思う。すごい。

  • 借りたもの。
    悩みを軽くするためのヒントを得る、頭の中のこんがらがった糸をほどく糸口の見つけ方を示唆してくれる。
    朝日新聞「悩みのるつぼ」に寄せられた実例から、相談内容から悩みを“仕分け(分類)”する事に始まり、悩みの本質を見抜き。共感をもって相談者に“回答”するノウハウを提示。
    読んでいると同じような悩みがあったりなかったり、霞がかかっていた思考が明確になる手立てになった。

  • 悩みがるつぼ化する原因
    原因1:ジャグリング
     頭のいい人がやりがち。複数の問題が同時に考えられるからやってしまう。
    原因2:仕分け不足
     過去の事象を後悔してもしょうがない。手を打てる問題に着目する。
    原因3:不可能へのチャレンジ
     すべて解決するんじゃなく、悩みを少し軽くするだけでもよい。
     ※解決不可能な悩みもある。気が軽くなるだけで良しとする。

    思考ツールが沢山載っていますが、実際に考えることが大事なのであって、これらのツールだけ覚えようとしてもおそらく無理でしょう。

    質問に対する回答の作成過程が載っている「悩みのるつぼ・メイキング」が終盤にありますが、その中で最初に載っている「オタクの息子に悩んでます」が一番よくわかって面白かった。

  •  お悩み相談の回答者として、相談文をどう分析し、どこに焦点を当てて切り込み、どのような提案で悩みを軽減するか、その思考ツールを大公開してくれるという素晴らしい企画。読んで良かった。

     「悩みを軽減する」というのがまたポイントで、根本的解決を求めてかえって悩みのるつぼに入り込みがちな人々の気持ちに寄り添っている。
     気づかぬうちに抱え込みすぎている負担に気づき、それを10%でも減らすこと、これは無理な自己改革を促すよりも本人にとってよほど有益だろうと本当に思う。目から鱗の気分を味わった。

    ■分析
    問題点はどこか。本当は何を相談したいのか。
    形式的な疑問文を鵜呑みにせず、推理しながら読むということ。
    ■仕分け
    悩みのうち、解決できないもの および 緊急でないものはひとまず横においておく。まずは、目前の解決可能なものから考えてみる。
    次にそれは1.本人の問題か、それとも 2.他人の問題かを分けておく。これでごちゃごちゃしない。
    ■潜行
    「なぜ腹が立つのか」「腹が立つというのは、正しいことか間違っていることか」「正誤に関係なく、損か得か」「なぜ損だと考えるのか」「得なことでは何があるか」といったように、思考を深く深く掘り下げる。
    「どうしたらいい?」「こうしたらいい?」と考えを上に上に積み上げていくよりも、そのほうがふっと解決策を見出しやすい。
    ■アナロジー
    「自分は○○でいうと」とたとえ話で考えてみる。ちょっと客観的に見つめ直せるかも。
    ■メーター
    自分の行動力を10とすると、周囲の人の行動力は30、凄い人のは100…
    数値化してみることで、「自分はゼロなんだ」という極端な否定(もしくは過剰な肯定)から冷静になるということ。追い詰め過ぎいくない。
    ■ピラミッド
    「全体の中の位置づけ」を考えてみる。正直ピンとこない。
    ■四分類
    「バカお節介」「バカ弱虫」「ズルお節介」「ズル弱虫」の4つのフォーマットから行動選択肢を作ってみる。とても分かりやすいので考えが捗る。大抵これしかない!という落ち着きどころがあるはずなので、回答者はそれをそっと肯定してあげるのが優しさ。
    ■三価値
     1.「最大多数の最大幸福」功利主義的な考え方
     2.「自由と権利」個人の権利を第一にする考え方
     3.「美徳の追求」社会の構成員が自分の損得を超えた良識で「理想社会や理想の市民はこうあるべき」を目指すべき、という考え方
    結局はこの3つの価値観の間で我々の思考は揺れ動いているので、いつも違う答えが出たって当たり前。明日には変わっているかもしれない、けどひとまず「今日の答え」を出すしかないじゃん?そういう割り切りも必要。
    ■思考フレーム拡大
    所属しているゾーンや、時間軸などを広げて考えてみる。対象となる人物と自分との共通ゾーンを見つけることで、ちょっと視野が広がるかも。
    ■共感と立場
    「わたし語り」は禁物。
    質問者と同じ温度のお湯に浸かって考え(共感し)た言葉でなければ相手の心には届かない。そして徹底的にその人の味方であることが大事。反感だとか自分の欲求とかを叩きつけるような自己満足の回答はしないよう気をつける。

  • 朝日新聞の人生相談を担当する筆者が、どのように考えて回答に至るのかをロジカルにテクニカルに説明した本。テクニックをまねして、もう一度通読してみたくなる一冊。

全180件中 1 - 25件を表示

オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より (幻冬舎新書)を本棚に登録しているひと

オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より (幻冬舎新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より (幻冬舎新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より (幻冬舎新書)の作品紹介

父親が大嫌い、Twitterで悪口を書かれた、女優と結婚したい……こうした悩みを打ち明けられたとき、どんなアドバイスができるか。朝日新聞beの人気連載「悩みのるつぼ」で、誰よりも相談者の気持ちに寄り添い、「役立つ回答」を編み出し、読者や相談者本人から絶大な信頼を誇る著者が、「回答」に辿り着くまでの思考経路を一挙に公開。人生相談と本気で格闘することで、問題解決のための分析力、思考力が身につく、画期的な書。

オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より (幻冬舎新書)はこんな本です

オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より (幻冬舎新書)のKindle版

ツイートする