戦国坊主列伝 (幻冬舎新書)

  • 23人登録
  • 3.20評価
    • (1)
    • (2)
    • (6)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 榎本秋
  • 幻冬舎 (2012年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344982871

戦国坊主列伝 (幻冬舎新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 笑い飛ばせる。

  • この時代の僧侶は宗教者であると同時に学者であり教育者であり軍師であり参謀であり外交員であり…といった多面的な存在であることを各人のエピソードを通して分かりやすく教えてくれます。
    それにしても僧侶は天海をはじめ長寿者が多い気がします。

  • 本書に紹介されている僧侶の中には、時代モノの小説等に色々な型で登場している著名な人達も在る。殊更に著名な何人かに関しては、そういう部分の説明も在るのがなかなかに面白い。

全3件中 1 - 3件を表示

榎本秋の作品

戦国坊主列伝 (幻冬舎新書)の作品紹介

「黒衣の宰相」と称されるように、戦国時代の僧侶は、権力者の側近として軍事・政治に大きな影響力をもっていた。たとえば武田信玄のブレーンだった快川紹喜、伊達政宗の教育係だった虎哉宗乙、今川義元の軍師として出陣した太原雪斎-さらには、安国寺恵瓊のように戦国大名にまで上り詰めた者もいる。本来、世俗と無縁なはずの僧侶が歴史の表舞台に立つことになったのは、当時の彼らが稀有な「知識階級」ゆえだった。名僧・怪僧31人の数奇な人生を詳らかにし、戦国時代の知られざる側面を解き明かす。

戦国坊主列伝 (幻冬舎新書)はこんな本です

戦国坊主列伝 (幻冬舎新書)のKindle版

ツイートする