くまモンの秘密 地方公務員集団が起こしたサプライズ (幻冬舎新書)

  • 636人登録
  • 3.69評価
    • (42)
    • (77)
    • (69)
    • (11)
    • (5)
  • 92レビュー
  • 幻冬舎 (2013年3月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344982987

くまモンの秘密 地方公務員集団が起こしたサプライズ (幻冬舎新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「県庁おもてなし課」と読み較べてみるのもおもしろいかも。
    現実は小説の遥か先を行っていることが一番のサプライズ!

  •  2011年、ゆるキャラグランプリ1位に輝いたくまモン。
     「くまもとサプライズ」キャンペーンのキャラクターとして生まれたくまモンが、人気者になって知名度も上がって、ゆるキャラグランプリ1位になるほどになったのか。
     くまモンを育て上げた、熊本県庁のチームくまモンが行ってきたことを記録した本です。

     くまモンは始め大阪で神出鬼没の活動をしていましたが、面白い名刺を配る、Twitterにアップして人々の興味をひくなど、その当時の公務員の方としては、驚くほど自由なアイデアで動いてきたのだなと思いました。
     熊本出身のくまモンの産みの親、小山薫堂さんの著書に則り、ある意味常識を打ち破ってきた活動が、一般の人々の心をつかんだのだなと感じました。

     くまモンの名刺に書かれていたくまモンのコピーが面白い。また、やんちゃな男の子くまモンのキャラがとっても可愛い。


     地方創成、町おこしなど、活気のある町にしていくために、非常に役に立つように感じました。

  • いまや日本各地で見かけるゆるキャラですが、その中でも最も(と言っても過言ではない!?)有名なくまモンがいまの地位を確立するまでのお話。

    当たり前ですが、ただゆるキャラをつくれば良いというのではなく、適切なブランディング戦略とそれに関わる人の本気度が重要だと改めて感じました。

    くまモンの知名度アップ、グッズによる経済効果については割と詳しい記載がありますが、地域活性化についてはどうなのでしょう。新幹線開通から2年半、結果というにはまだ早いかもしれませんが、途中経過でもあると、より参考になって良いかなと思いました。

    くまモンですが一過性の人気で終わることなく、持続的に、熊本、そして全国で愛され続けることを願っています。

  • くまモンはやっぱり凄い

    と改めて実感させられる、そんな一冊。
    くまモンを生み出し、現在の地位まで育て上げた熊本県庁の職員さんたちの奮闘記。
    ロイヤリティフリーであったり、地元PRのための第一歩としての自己PRであったり、くまモンの成功の裏にはただならぬ努力の汗と涙があったわけですね。

    職員さんだけでなく、彼らのボス、県知事もお見事な人柄!
    そういや新喜劇出てたなあ。そりゃ教え子からしたらあんな茶番でコケてほしくないだろうなあ、と(笑)

    欲を言うならば、くまモンの生みの親である小山薫堂さんとデザイン担当の水野さんの章もあれば、より一層深く「くまモンの秘密」を味わえたかな。ま、これは欲張りすぎだけど。

  • 名産品を模したものや地元の歴史・建造物に由来したものなど、
    さまざまなゆるキャラが毎年登場していますが、
    その中でも空前のブームを作っているのが「くまモン」。

    その人気をどうやって築いてきたかが書かれている一冊です。

    『平成二十二年「くまもとサプライズ」キャラクターとして登場したくまモン。商品売上げは一年で二九三億円、熊本のブランド価値向上への貢献は計り知れない。ゆるキャラ・くまモンを「売るキャラ」に育て上げたのは、PRもキャラクタービジネスも経験ゼロの、しがない地方公務員集団・チームくまモン。くまモン失踪事件などの物語戦略、利用料フリーで経済を活性化させる楽市楽座戦略等々、公務員の常識を打ち破る自由な活動を展開し、自治体史上例のない成功を遂げた奇跡のプロジェクトの全貌。』
    (「BOOK」データベースより)”

    くまモンの生み親は小山薫堂さん。
    放送作家、脚本家、企業のプランディングアドバイザーなど多方面で活躍している小山さんは、
    熊本県の天草出身ということで「くまもとサプライズ」の企画依頼を受けます。

    「くまもとサプライズ」は熊本県を各地にアピールするという県庁の企画で、
    九州新幹線開通を前にして「観光客が熊本を素通りするのでは」という懸念の元、
    県外、特に大阪からの観光客誘致を狙って始まった取り組みです。

    くまモンの誕生から大阪で繰り広げられる様々な戦略、
    大阪とは別に地元熊本で繰り広げられるイベントなど、
    くまモン人気が出るまでの県庁メンバーの活動が書かれています。

    ビジネス本ながら面白おかしく書かれている部分もありますので、
    読み進めるにはサラッと読んでいける一冊です。
    逆に、発生した出来事やイベントが時系列に書かれているため、
    ビジネスやアイデア創出の参考書として読む場合には少々読みにくいかもしれません。

    それでも熊本県知事の考え方や行動、
    県庁メンバーの創意工夫やチャレンジ精神など、
    「何かを始めるために必要なこと」がたくさん書かれた一冊です。
    読んでいてとても参考になりましたし元気が出ました。

  • 県庁の「くまモンチーム」の奮闘記。

    ゆるキャラグランプリをとる以前の戦略がいろいろと書かれている。軽いかんじで書かれているが、初の試みも多くて、実際はものすごく考えて、練られた活動だったんだろう。

  • 公務員という立場にとらわれることなく、目標に向かって、どうすれば出来るのか考え抜くということが実践されていた。その一つ一つの積み重ねが今のくまモンなのだとこの本を通じてよくわかった。自分もそういう意識を持っていたい。

  • 【No.321】「どれだけ事前に価値を刷り込むかによって、ものの価値は変わってくる。自分たちが世の中に送り出すものに対して、どれだけ価値を刷り込んで、どれだけ感情移入してもらうか。それを考えることが企画」

  • 今や知らない人はいないだろうくまモンの初期話を、多少のフィクション加えて面白く描いている。県庁職員が苦労しながら育てたくまモンをこれからも応援したい。

  • くまモン好きとして読んでみた。くまモンの可愛さが所々に散りばめられていて、そういうのを見ていると楽しい気分になれたし、くまモンの誕生から人気者になるまでの裏側を知ることができたのは嬉しかった。文章には一癖あり、その点はあまり好きになれなかったが、とはいえくまモンのこれからのさらなる活躍を祈るばかりである。

全92件中 1 - 10件を表示

熊本県庁チームくまモンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
三浦 しをん
佐々木 圭一
池井戸 潤
朝井 リョウ
有効な右矢印 無効な右矢印

くまモンの秘密 地方公務員集団が起こしたサプライズ (幻冬舎新書)に関連する談話室の質問

くまモンの秘密 地方公務員集団が起こしたサプライズ (幻冬舎新書)に関連するまとめ

くまモンの秘密 地方公務員集団が起こしたサプライズ (幻冬舎新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

くまモンの秘密 地方公務員集団が起こしたサプライズ (幻冬舎新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

くまモンの秘密 地方公務員集団が起こしたサプライズ (幻冬舎新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

くまモンの秘密 地方公務員集団が起こしたサプライズ (幻冬舎新書)の作品紹介

平成二十二年「くまもとサプライズ」キャラクターとして登場したくまモン。商品売上げは一年で二九三億円、熊本のブランド価値向上への貢献は計り知れない。ゆるキャラ・くまモンを「売るキャラ」に育て上げたのは、PRもキャラクタービジネスも経験ゼロの、しがない地方公務員集団・チームくまモン。くまモン失踪事件などの物語戦略、利用料フリーで経済を活性化させる楽市楽座戦略等々、公務員の常識を打ち破る自由な活動を展開し、自治体史上例のない成功を遂げた奇跡のプロジェクトの全貌。

くまモンの秘密 地方公務員集団が起こしたサプライズ (幻冬舎新書)はこんな本です

くまモンの秘密 地方公務員集団が起こしたサプライズ (幻冬舎新書)のKindle版

ツイートする