ストレスと適応障害 つらい時期を乗り越える技術 (幻冬舎新書)

  • 247人登録
  • 3.94評価
    • (17)
    • (35)
    • (15)
    • (3)
    • (0)
  • 18レビュー
著者 : 岡田尊司
  • 幻冬舎 (2013年5月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344983052

ストレスと適応障害 つらい時期を乗り越える技術 (幻冬舎新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 環境の変化や対人関係が原因で生じる心のトラブル「適応障害」は、どうすれば改善するのか? また、どうにもならない問題や悩みを抱え込んだとき、いかに対処すればいいのか? すぐに実践できる方法をわかりやすく紹介する。

    参考にはなるが,実践の方法が分かりにくい。

  • レジリアンス(心のバネ、メンタルの強さ)を左右する要素は、否定的認知、完璧主義、固執性、過敏性、共感性、情動制御、安全基地の七項目の要素が相互に絡まり合っている。まずは自覚し、どこを修正するか。具体例と共に適応障害とは何であるかについて理解し、症状の根底にある課題としての障害について理解する。そして人間が何かの障壁にぶつかった時、いかにしてその試練を乗り越えていくかについての極意書として精神医学の立場からエッセンスを練りこんだ作品。
    ・ピカソも埋もれたまま劣等感にまみれ落後者か犯罪者となって人生を終えていたかもしれない。
    ・適応障害は合わない環境、その子が活かされない環境に無理やり居続けさせれば、適応障害を起こし、劣等感を植え付けられ、何のとりえもない人間として自分をみなし、パッとしない人生を歩むということになりがちだ。
    しかしその子の特性を活かし、才能を伸ばそうとする周囲の環境が整っていれば人生には大きな可能性が開ける。
    ・容量オーバー型の適応障害やうつを予防する上で大事なのは情報入力を少しでも減らす努力をすること。脳が容量オーバーを起こしているうえ遅くまで情報負荷をかけると悪化させ、集中力や能力低下、判断力の鈍さ、対人関係が面倒、電話も億劫、しなければならないことの後回し、などの症状が起こる。合間合間に5分程度の休憩をはさむだけでもぶっ続けで仕事をこなすよりかなり違ってくる。
    ・容量オーバーが起こりやすい状況の一つに環境や担当が変わった時だ。対人面、仕事面、課題面で勝手がわからず大したことをしていなくても気づかいが増え、ストレスが数倍負荷がかかり、疲労が起こりやすい。不慣れなことを担当するとペースをつかむまで容量オーバーが起こりやすい。
    ・容量オーバー型の適応障害を避けるためには自分にかかっている負荷の容量が適正なものか自己管理を常に行い監視しておく必要がある。そのためには厳格なスケジュール管理、自己管理を行い、どんぶり勘定で何とかなるという仕事の請け負いはしないこと。ほんの少しの無理がかななったことで結局うつに追い込まれることになるのだ。
    ・鬱になり、脳の委縮が起こり、回復に何カ月も時間がかる状態になったところで誰も面倒は見てくれないのだ。家族は生活に困り、永久に消えない心の傷と悲惨な体験を味わうことになりかねない。
    ・鬱にならないための分かれ道は無理をしてまで仕事を受けないということができるかどうかである。無理をして仕事を受けると必ず仕事の質が低下する。すると自分自身の仕事の評価が結局は中長期的に下がってしまう。時には致命的失敗につながることもある。
    ・質を落とさずこなせる仕事の量をきっちり管理すること。はっきり無理を無理と拒絶すること。
    ・人は意味のあるストレスならばたとえそれが少々大きくても絶えられるが、逆にどんなに小さなストレスでもそれが無意味なものならばひどく苦痛に感じる
    ・方向性を示し、働きや努力の意味のあるものだという感覚、苦労し外のあるものだという意識を持てるようにすることが大事。

  • 10章の葛藤と試練を乗り越えるってところは特に重要だよな

  • 職場に馴染めず心身が不調になったため読みました。
    適応障害になりやすい人、そのメカニズムが種類別に既述されています。
    性格のクセ、認知の歪み、愛着障害、マイナス思考かどうか、などなど。
    コミュニケーション方法の見直しにも役立つかも。
    (適応障害とは別に、わたしは依存型で、自己愛型の人格の人に苦しめられてたんだ…という気づきを得ることができました)
    こういう精神的な問題を記した本は弱点を抉られて読めなくなることも多いのですが、この本は著者が「適応障害の解決」を目的として書いているな、というのが分かってスムーズに読むことができました。

  •  しかし、いつもの岡田先生なのです。参考文献欄があるのが非常にありがたい。

  • 完璧主義やべき論は自らを苦しめる考え方だと再認識した。まずは認知することから始めよう

  • 適応障害という診断を受けていた為、興味があって手に取った本。難しい本を読めなくなっている現状では、残念ながらあまり理解できませんでした。と、具体的にどうすればいいかが良く分かりませんでした。

  • S493.74-トウ-304 300319191

  • 一流の心臓外科医が患者を殺してしまい、裁判の被告となり自殺してしまったという話が印象的。STAP細胞問題でも、支援した上司は自殺し、当事者である部下は自殺していない。この違いはどこにあるのか?を考える事は有益であるように思う。
    適応障害とは要するに世の中と折り合いがつけられない人の事。ただし、問題が世の中にある場合もあるだろうし、本人にある場合もあるだろう。その見極めと対処方法が問題。遺伝的要素や環境的要素やパーソナリティータイプ等々の識別も必要。解決策としてコーピングスキルを提唱している。受動的と能動的で使いわけろと。オカシイと思ったら早めの治療が必要だが本人は気がつかない事も多いので、周りが治療を勧めるしかないのかと。

  • 「第7章 職場で起きやすい適応障害」。毎日、職場で起きている現実が、見られているのではと思うくらい正確に描かれている。一行一行まったくそのとおり。思い当たることばかりで激しく身につまされる。世の中で悩んでいるのは自分一人ではないのだと勇気づけられた。心がポッキリ折れる前の処方箋もしっかり書かれている。期待値を下げる、思考の切り替え、もっと自由に生きる、見切りをつける・・・・・・丁寧詳細まことに具体的。凄く元気をもらえた。燃えに萌えて仕事に臨もうという気にさせられた。第8章の家庭生活での適応障害も非常に参考になる。ストレスや適応を左右する様々な要因とそのメカニズムの解析がわかりやすい。ストレスチェック、心の耐久力の自己分析も非常に役立った。盛りだくさんだし内容も非常に濃密だ。

全18件中 1 - 10件を表示

岡田尊司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
池井戸 潤
朝井 リョウ
有効な右矢印 無効な右矢印

ストレスと適応障害 つらい時期を乗り越える技術 (幻冬舎新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ストレスと適応障害 つらい時期を乗り越える技術 (幻冬舎新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ストレスと適応障害 つらい時期を乗り越える技術 (幻冬舎新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ストレスと適応障害 つらい時期を乗り越える技術 (幻冬舎新書)の作品紹介

うつの患者は百万人以上いるが、実はその多くは「適応障害」である。環境の変化になじめなかったり、対人関係がうまくいかずに生じる心のトラブルで、自信や意欲がなくなったり、体調不良、不登校、出社困難、依存症などの問題として表れる。過敏な人だけでなく、人一倍前向きな人もかかる、もっとも身近な精神疾患だ。「うつ病」と誤診されて治療すると余計に悪化し、長引く場合も。ではどうすれば改善するのか?どうにもならない問題や悩みを抱え込んだとき、いかに対処すればいいのか。すぐに実践できる方法を、百戦錬磨の専門医がわかりやすく紹介。

ストレスと適応障害 つらい時期を乗り越える技術 (幻冬舎新書)はこんな本です

ストレスと適応障害 つらい時期を乗り越える技術 (幻冬舎新書)のKindle版

ツイートする