脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体 (幻冬舎新書)

  • 859人登録
  • 3.18評価
    • (17)
    • (51)
    • (116)
    • (41)
    • (2)
  • 99レビュー
著者 : 中野信子
  • 幻冬舎 (2014年1月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344983359

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体 (幻冬舎新書)の感想・レビュー・書評

  • だいぶ前ですがBS日テレ「久米書店」で取り上げられていたのを偶々視聴して気になってはいました。それからしばらく経って、ついこの前古本屋で見かけたので購入。買った時に帯もついていましたが、「11万部突破!」とありました。結構売れたんでしょう。著者の中野信子さんはTV等で多少人口に膾炙した方ですから、ネームバリュー的にも文句なしでしょうし。とりあえず、本日読了です。

    うーん、内容が全部ダメというわけではないんだけれど、あくまで私にとってはですが、聞いたことのある話ばっかりで読んでも読まなくてもどうでもいい本だったなぁ……。

    タイトルは『脳内麻薬』ですが、分量の多くをリアル「麻薬」に割いている本です。無論、「脳内彼女」といったような空想上の何かについての話では全く無いという意味でもリアル麻薬の話なのですが、特に第二章の薬物依存の話になると「あれ、この本ドーパミンについての本じゃなかったっけ?」ということを忘れそうになるほど、色んなヤクの種類と歴史の話が出てきます。それもそのはずで、第一章でドーパミン、オピオイドといった脳内麻薬の概要をざっと話した後は、第二章から終わりにかけて全部「脳の報酬系回路」の話になるからです。要は、ひたすら「こんなところにも脳内麻薬(ドーパミン、オピオイド等)が関係してますよ」「報酬と名のつくところ(生理的報酬、金銭的報酬、社会的報酬)には必ず脳の報酬系回路が関わっていますよ」という話ばっかり。
    まぁ、脳内麻薬物質の化学構造とか、そういう細かい話をダラダラと話すよりかは、自分の生活とどう関係しているかという報酬系回路の話をしたほうが面白いだろうなぁとは、読んでいて思います。ただ、「脳の報酬系回路が関係するシーン」と言ったら、それこそ人類の活動のほとんど全てをフォローし尽くすんじゃないかっていうくらい多岐に亘ってしまいますね。結局本では、「薬物依存」と「その他の依存症」という形で「依存症」について二つの章を割き、また報酬を「生理的報酬・金銭的報酬・社会的報酬」という区分で考えて脳内麻薬との関係を一章使って探っています。ただやはり、内容が浅い。素人目にも、有名ドコロの話ばっかりな上に、解説もざっくりしていて雑だと思ってしまうほど、浅いですね。これ系の本を読み漁ってらっしゃる方はかなりの箇所に既視感を覚えると思いますね。私も正直、「どっかで聞いた話だなぁ」「知ってる話が多いなぁ」というのを結構感じました。

    全くのゼロからの入門としてはいいかも知れません。ただ、そうでなければ「金出して買って読む程のものかこれは?」と思ってしまうほど物足りなくなると思いました。

  • 脳は意外と合理的に出来てる。快楽で分泌されるドーパミン。でもちゃんとそれを抑制するセロトニンも存在する。その両者の働きのバランスがあるからこそ、人間は唯一「理性」をもった生き物になったのだと考える。でもそんな合理的な脳は、時には非情。人間は「尊厳」も持ち合わせる生き物。見た目美しく痩せたいと思う行動と裏腹に、脳はレプチン濃度で代謝と体重をコントロールしようと働く。つまり「尊厳」よりも「生存」優先。脳を働かせて生きるということは、いかに「苦労」や「矛盾」とうまく付き合っていくか。快楽ばかりじゃないんだな…

  • どのような時にどのような理由でドーパミンが多く生産されるのかがよくわかる。
    うまく利用すれば、やる気を起こさせ頑張ることもできるのだが、多すぎても依存症になり逆効果になる。
    依存症の人は自分の意志だけではどうにもならない事があるのだと知り、恐ろしくなった。
    幸福度の高い人ほど、死亡リスクが低いらしく、幸福感を感じる時に生産されるセロトニンが健康と関わりがあるのは興味深いと思った。

  • これはヒドイ本だった!

    幻冬舎新書でやはりこの出版社は読者のためとは全く考えず、見城さんの本にも記載が有ったがとにかく部数を売ることだけしか考えていない。
    メディアで売れて来た著書にとにかく無理矢理早く書かせた本、という印象。
    思いっきり化粧をさせた著書の写真を帯に載せ、中身はつながりやストーリーが無い章立てになっている。
    著者も幻冬舎との付き合い方は考えねば自分のブランドを落とすので今後は注意すべき。
    ただ、最終章の「第4章 社会的報酬」には参考になる記事が含まれていて良かった。
    その中のマズローの欲求段階説に関する記述はプア過ぎてガッカリした。

    この本は書店でかなり売れていた。しかし、売れている本は逆に言うと普段は本を読まない層が買っている、とも取れる。
    著者はIQが非常に高い学者ではあるが、読者のためになる面白い本を書ける技術はまだ習得出来ていないことが分かった。

  • ホンマでっかTVで気になっていた先生の本ということで、手にとってみました。

    読みやすい

    依存症には3つある
    ・物質へ ニコチン、アルコール、食べ物
    ・プロセスへ インターネット、セックス、買い物、仕事
    ・人間関係へ 恋愛、カルト宗教
    アルコール GABA神経を抑制してドーパミンの放出を促すとのこと
    そのような自覚はないが、今晩観察してみよう。

  • 美人で頭脳聡明な学者が書いた新書。新聞の新書広告に「美人学者が説く脳内麻薬」とあって、帯に著者の中野信子さんが写真入りで紹介されている。なるほど美人だ。興味が惹かれる。

    昔から毒や麻薬、脳機能などには興味があったので、特に目新しいことは書いていなかったが、麻薬の効き方や作用の仕組みを知りたい人には入門書として良い本。

    「脳内麻薬」とは、ボクたちの体内にあり、アヘンやヘロインのような麻薬様の作用を示す化学物質で、その典型はドーパミンやβエンドルフィンである。

    ボクたちの体は絶妙な仕組みが機能しているが、たとえば楽しいとき、食べ物を美味しく食べているとき、目的を達成したとき、セックスで興奮しているときにはドーパミンが放出される。ドーパミンは神経伝達物質だが、報酬系と呼ばれる「快」を感じる神経系(特にA10神経)に作用する。一方で、メラトニンを放出することで、その抑制を図る。依存症は、この報酬系で得られる作用がとてつもなく大きく、その作用を要求し、止められなくなることだ。

    ボクたちは「自分」とか「私」が確固としてあると思っているが、体の仕組みは実はもっとシンプルなのかもしれない。ほんの微量の化学物質が脳の神経系に作用したら、報酬系によって幸福を感じるのだ。見方を変えれば、アルコールだってそうかもしれないし、お香だって安らぎという「快」を得るものだ。そこには確固とした「自分」や「わたし」なんてなく、微量化学物質に純粋に反応している体のメカニズムがあるだけなのかもしれない。

  • かなり難しかった

    最初の、ラットがレバーを死ぬまで押し続ける文書に、驚きを感じた

  • 自分にとっては特に新鮮な情報は無し。マインドフルネスな状態とドーパミンとの関係について詳しく知りたかった。

  • 楽しい、という感じる原因は千差万別である。

    その理由を、科学的に理解する機会となった。

  • おもしろい。結局のところ、人間の行動原理は脳内で快楽を生み出すドーパミンなどの神経伝達物質を得ることを目的としていて、酒を飲むことも、タバコを吸うことも、セックスすることも、仕事で成功することも、友達と仲良くすることも、すべては脳内麻薬に依存している結果であるのかもしれない。ただ、社会的に「よい依存」と「悪い依存」をほかの人が勝手に決めているだけかもしれないのだ。文章は非常に読みやすいし、一般人が興味のある事柄を適度なボリュームで簡潔かつ丁寧に述べられているので、人におススメできる本。

  • ミュンヒハウゼン症候群・代理ミュンヒハウゼン症候群、という言葉を 初めて知った。
    以前、点滴で我が子を殺す・・という事件があったが、その時この病名を新聞で見た記憶がないなあ。

  • 生理学とか薬理学やってないとちょっと難しいかも。

  • 人間の脳内で色んな麻薬が作られているんだなぁと勉強になった。

  • 依存症について詳しく書かれていてわかりやすい薬物やタバコアルコールからセックス依存症も

  • 金銭的報酬と社会的報酬
    金銭が無いと安心できないので、マズローの階層で言う2番目の安心の土台が揺らいでしまう。ただ人は最上位である自己実現を目指している以上、社会的報酬をより強く求める。

  • 近ごろ、世の中を騒がすもの。
    それは、有名人による不倫、そして覚醒剤などの薬物。さらに、多額の報酬を得ているはずのスポーツ選手によるギャンブル。

    それらに共通するものは、それを行うことにより、快楽を得ること。
    それを行うことにより、脳内に麻薬が生み出され、快楽を感じること。
    その快楽は、しばしば生物学的欲求より強く人間(動物)を支配し、自らの生命、(政治生命、選手生命、そして家庭など)を破壊し、自滅することすら厭わないほどに強い。
    現役脳科学者が書く、快楽物質ドーパミンの正体。そして、ドーパミンを生み出し、時には過度に使い尽くす仕組みの解説書。

    最近話題のあの人には、この一節を捧げたい。
    愛情があるからセックスするのか、セックスすると愛情が深まるのか。動物の浮気の研究から、この答えの一部はおそらく後者であるとわかってきたらしい。
    つまり彼は、セックスをすることにより、妻以外に愛情を感じる相手を5人も作ってしまったのかもしれない。
    奥さん 許してる場合じゃないかも。

    ともあれ、自分が社会的であれ肉体的であれ、自滅の道を歩まないためには、脳内麻薬が生み出される仕組みとその効果について学んでおいたほうが良さそうだ。
    そんな気持ちがしてきた。

  • 可もなく不可もなく…といったところでせうか。なんだかやたらに専門用語が多く登場してきましたけれどもまあ、素人にも分かるように書いてくだすっている…と思いました。そのせいなのか知りませんけれども、なんだか読んでも物足りない…といった感じに襲われましたが…社畜死ね!!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    まあ、なんでしょう…年収がいくら高くてもそれは「幸福感」とやらには必ずしも繋がらないよ…というところだけは妙に印象に残っていますねぇ…脳が喜ぶことをしよう、みたいなスローガンは感じませんでしたけれども、僕はこれからもこの本を読んだから、というわけじゃなく、ただひたすらに己の快楽を貪るような生き方をしていくでしょう…ということだけは間違いない!!

    という感じでさようなら…。

    ヽ(・ω・)/ズコー

  • 清原が覚醒剤で逮捕された事件を機に再読。

  • この人のキャラクター好きで読みました。でも文章の中に気になる言葉がありまして。。本と話す言葉は違うなぁとおもいました。

  • うれしいのはどんな時ですか?気持ちいいのはどんな時ですか?

    ピアノを弾く方であれば恐らく私と同じで、いい演奏が出来た時や、やっと曲が弾けるようになった時という答えが返ってきそうです。

    私は譜読みの長い時期を経てやっと曲が弾けるようになってきた時期をハネムーンという言葉で表現することが多いですが、がまさにそんな時です。

    うれしかったり気持ちよかったりするのは何故かというと、脳内麻薬が分泌されているからです。セロトニンとかドーパミンなどです。

    長い譜読みの時期、試行錯誤を繰り返す時期を経て、やっと辛うじて演奏できるレベルに達し、演奏技術を努力によって高め、そして演奏しとげた。

    そんな長い道のりがあったからこそ、うれしかったり気持ちよかったりするわけで、そうでないとセロトニンもドーパミンも出ないのです。そういった気持ちを本来味わうことが出来きないはずなのです。

    そういった気持ちのことを脳科学の分野で報酬系といいますが、そういった道のりなしで手っ取り早く手軽に報酬系を得る方法も実は存在し、それは少なからず問題を含んでいます。

    それが、酒でありタバコでありギャンブルであり、そして依存などです。

    本来得るはずの報酬を別のもので受け取っているということになり、それはいわばズルをしていると言えるかもしれません。また、本当の報酬とはいえないものを脳に報酬と感じさせられていると考えることも出来、言い換えるならば脳は騙されていると言えるかもしれません。

    最近読んだダイエットの本には食品添加物が良くないと紹介されていました。

    その理由は食品添加物は「美味しさ」を舌ではなく脳で強引に騙して感じさせるものなのだと紹介されていましして、酒・タバコ・ギャンブル・依存も系統は同じと言えるかもしれません。

    報酬系は依存に深く関係しています。一度発生した報酬を再度手に入れるためにある行動を取ることを繰り返し、そして強化されることによって依存が形成されます。

    依存ではありませんが、私が読書や勉強が好きなのも、今までわからなかった事が理解できた時の快感を得たいがために同じことをし続けているわけです。

    読書や勉強、ピアノくらいであればさほど問題はありませんが(もっとも社会生活を続けることが困難なほどのめり込んでしまうことは問題ですが。)、酒・タバコは身体的・心理的に、ギャンブルは経済的・心理的に打撃を与えることが少なくありません。

    この手の話題は脳科学だけでなく、心理学・精神医学・行動経済学だけでなく、それらを問題として抱える主人公が登場する文学等多方面に渡るテーマです。私としては今後もメインテーマの一つとして興味を持ち続けたいところです。

    参考:脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体 中野信子 著

    「うれしい」と「気持ちいい」について | デジたろう http://digitaropiano.luna.ddns.vc/digitaropiano/?p=1183

  • 初心者にもわかりやすく書かれていて、報酬回路の入門編にぴったり。説明の上手い方だなと思った。何冊か快感物質についての本は読んだけれど、この本から入ればよかったと思った。

    ・乱婚型の動物のドーパミン放出を大きくするよう遺伝子操作すると、単婚型になったという実験。一度の性交による快感報酬が大きくなるとメスへの忠誠が高まり単婚型をとりやすいと解釈されていて、その論理が正しいのかはともかく人間にも応用できそうと思った。ドーパミンを増やしてもらえて嫌なわけはないから。
    ・体質的に肥満しやすい人はドーパミンの出が悪いらしく、それを思うとデブは無能というのもあながち間違ってはいないのかも。報酬系の働きが鈍く目の前の快楽に対してしか努力できない傾向にあるわけだから、長期的な成長のための投資などが比較的苦手ということになるから。
    ・セックスとか空腹を満たすこととかが楽しく気持ちいいのは動物として当たり前で、問題はその上の文化的な行動をいかに気持ちいいと思えるか。それを少しでも努力や工夫で気持ちいいと思うことができるか、つまりドーパミンを意識的に意図したタイミングで放出させられれば自分のモチベーションはコントロールできるのではないか。もしくは当たり前に気持ちいいレベルを超えて気持ち良くなれること、コスパ良く報酬系を発火させることができたら自分の気分をよりコントロールできそう。

  • 期待はずれ
    普通の脳の本

  • 脳内で麻薬をどのように受容して効果があるのか
    麻薬物質別に簡単にレビュー
    脳科学者のこの方の本は他にも大体読んでいるが今回は学術寄りまだどのようなものかは読んでる途中です

  • もう少し著者の考えが伝わってくる内容が欲しい。

  • サイエンス・ブック・トラベルに紹介されていた本を発見したので購入して読んでみた。面白い。難しい物質や構造の話もあるけれど中なか読み応えもあり、具体例もありで読みやすい本ではあった。それに著者はホンマでっかTVにも出演されている中野信子さん。これは買ってから気づいた笑

    まず印象はドーパミンすげ〜なって感じ。色々なことをしている。良い意味でも悪い意味でも。人間の脳に関しては最近になってわかってきたことが多く、まだまだ未知の部分も多いらしくそこも大いに興味をそそる部分である。本書で気になったのは人は笑顔になることでストレスを軽減することができるということ。しんどいときこそ笑顔を無理やりにでも作ることでストレス軽減になることが面白い。

    脳は高度であり、単純である。本当に興味深いものである。

全99件中 1 - 25件を表示

脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体 (幻冬舎新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体 (幻冬舎新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体 (幻冬舎新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体 (幻冬舎新書)の作品紹介

セックス、ギャンブル、アルコール、オンラインゲーム-人間はなぜ、これらをやめることができないのか。それは中脳から放出される"脳内麻薬"ドーパミンが「快感」を司る脳の各部位を巧みに刺激しているからである。コカインや覚醒剤はこの脳内回路「報酬系」を誤動作させて過剰な快楽を与え、依存症を招くものだ。だがこのドーパミンは他人に褒められたり、難易度の高い目標を達成するなど、「真っ当な喜び」を感じる時にも大量に放出されている。なぜ人間の脳はこんなしくみになっているのか。話題の美人脳科学者が人体の深遠なる謎に迫る。

脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体 (幻冬舎新書)はこんな本です

脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体 (幻冬舎新書)のKindle版

ツイートする