就活下克上 なぜ彼らは三流大学から一流企業に入れたのか (幻冬舎新書)

  • 50人登録
  • 3.38評価
    • (1)
    • (6)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 山内太地
  • 幻冬舎 (2014年1月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344983380

就活下克上 なぜ彼らは三流大学から一流企業に入れたのか (幻冬舎新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 場数を踏むこと、大学の教職員を使いこなすこと。

  • 思ったより読みやすい。
    大学生の間に読みたい本。
    学歴でなく、いかに活動するか、
    その活動がいかに就活で生きるか、
    また、大学側の取り組みについて分かりやすく書かれていた。
    就活について書いてはあるものの、
    生き方についても考えさせられる。

    ただ、BtoBとか一部意味のわからない語あり…。

  • やっぱこの人好きになれないなって思った1冊

  • 著者の大学改革への重いの様なものが端々に感じられる。
    ちょっと冗長なところがあるのも否めないが、ある意味有効な手が打てないその他大勢大学への挑戦状と言えなくもない。
    就活生のマニュアルと思って購入した学生にはちょっと期待はずれかも。

  • 三流大学(実際には二流私立大ぐらい)から一流企業へ就職した学生の行動や、就職率アップにとりくむ大学を紹介した本。
    ここに紹介されている学生たちのすさまじい行動力や発想力、なによりたくましいまでに人と繋がり人脈を築いていく能力に感動。それこそまさに社会人としての能力だと言える。

    なかには一流企業を三年以内で退社して起業した者もいて、優秀な人間は、高校から大学までのハンディキャップを跳ね返す力がある。そのいっぽうで、明確に高学歴がものを言う名門企業の採用実績にも触れており、三流大学生のアナタでも大丈夫、などと勘違いさせるつくりではない。

    個人的には、センター試験直前に父が亡くなり、医者の道を断たれたにも関わらず、大手通信社に復活戦で採用された学生の話に目頭が熱くなった。大学進学すら厳しい時代、学歴が親の経済収入に左右されてしまう時代、企業は偏見をもたずに意欲、チャレンジ力、誠実さのある若い可能性をひとりでも取り込んでほしい。

  • 全国的には決して高学歴とはいえない「北見工大」。しかし多くの先輩方が「一流企業」でご活躍されています。この本は北見工大生の就活に置き換えられる…かも?

    *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50102501&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 請求記号:377.9/Yam
    資料ID:50074473
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

  • 三流大学と呼ばれる大学から一流企業に就職した学生に焦点を当て、その成功の秘訣を明らかにしている。また、三流大学と呼ばれる大学でも就職実績を上げている大学の取組みも紹介している。
    出身大学に関係なく、「行動力」がカギだと感じた。

  • 山内氏の著書。鋭く的確に指摘する為、非常に勉強になる。

    数字、事例紹介が説得力を上げている。
    若者の傾向を具体的事例を交えながら記載しているので、今後の対策を考えさせられる。

    読書した中で思いついた企画やtodoは実行していこう。

    大学関係者や学生におススメ。

  • 大学生に読んで欲しい。
    最後の、千葉商科大学 吉田学部長の言葉がいい。
    p217 『学生募集のための教育改革は、もうやりたくないんです。本当に自分たちが育てたい若い人を作るような教育がしたい』

全12件中 1 - 10件を表示

山内太地の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
朝井 リョウ
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

就活下克上 なぜ彼らは三流大学から一流企業に入れたのか (幻冬舎新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

就活下克上 なぜ彼らは三流大学から一流企業に入れたのか (幻冬舎新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

就活下克上 なぜ彼らは三流大学から一流企業に入れたのか (幻冬舎新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

就活下克上 なぜ彼らは三流大学から一流企業に入れたのか (幻冬舎新書)の作品紹介

二〇一三年春の大卒者就職率は約六七%。三人に一人が就職できないこの時代に、いわゆる三流大学にいながら、一流企業の内定を獲得する学生たちがいる。アルバイト先での意外な人脈作り、大学のキャリアセンターの賢い使い方、本当に身になるインターンシップなど、学校の名前に頼らずに「勝ち組」になる秘訣を明かしながら、偏差値や名前だけではわからない「本当に就職に強い大学」の条件も解説。刻一刻と変わり続ける就活戦線を生き抜き、「やりたい仕事」に就くための、必読の書。

就活下克上 なぜ彼らは三流大学から一流企業に入れたのか (幻冬舎新書)はこんな本です

就活下克上 なぜ彼らは三流大学から一流企業に入れたのか (幻冬舎新書)のKindle版

ツイートする