しない生活 煩悩を静める108のお稽古 (幻冬舎新書)

  • 998人登録
  • 3.44評価
    • (32)
    • (84)
    • (100)
    • (23)
    • (8)
  • 91レビュー
著者 : 小池龍之介
  • 幻冬舎 (2014年3月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344983403

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
西 加奈子
有効な右矢印 無効な右矢印

しない生活 煩悩を静める108のお稽古 (幻冬舎新書)の感想・レビュー・書評

  • 日々の煩悩とどう向き合い、心を落ち着けて過ごすかのヒント集。
    筆者も悟り切った訳でもなく、自分に言い聞かせるように体験談と仏典を、ユーモアと擬態を交え、柔らかい語り口で書かれている。
    わかってはいるけれどなかなかこのように落ち着いて対処できないな。読み返して穏やかに過ごすようにしたい。
    仏の道の先人たちは脳科学を究めていたのかな。自分が可愛い心理を理解して煩悩とお付き合いするのが正しいのだろうか。人の目より自分の感覚でいいように生きること、それを認めることがまず大事だと感じた。

  • もともと新聞のコラムとして書かれていたものをまとめたもので、見開き2ページで1つの話とコンパクトで読みやすい内容。
    それゆえタイトルの「しない生活」は後からつけたもので、内容としては副題の「煩悩を静めるお稽古」の方がしっくりくる。なので何かをしないようにはどうすればよいのか、といういわば断捨離的なものを求めている人には求めるところと違う内容ではないかと思う。

    話の内容は普段の日常から生じる煩悩に対してどう対応すればよいか、というもので、その答えは理屈っぽく心理学的である。だが私は理屈っぽい方が話の内容が理解できるのでむしろ読みやすく合点がいくものも多かった。
    本当に自己承認欲というものは困ったものだ、とつくづく思わされた。

    この著者は以前から知っていたが著書を読むのは初めてで、著名でベストセラーも多く排出している方であるが、それにしてはどこかのレビューで指摘されていたように確かに修行の足らないように感じる部分もあった。
    素直に自分が煩悩に振り回された経験を披露していらっしゃるのであるが、住職にしては「たかがそんなことで…」と思えるようなところもある。
    なので「これは住職ではなくブッダの教えに詳しい人が書いたコラムだ」と感じてしまう部分も特に著者が「自分自身が苦境に立たされていた」と述べる後半あたりに多かった。

    「著者が若いからまだ未熟だ」というような意見も読んだが、それこそ煩悩かもしれない。この本の著者を隠して読んだらどうだろう。それでも同じ意見だろうか。
    私は著者と同じ年だからだろうか、確かに年齢を重ねていない未熟さはあっても、例として「友人に送ったメールの返信が思ったより遅い」というようなものを出されても、日常起こりうるちょっとしたイライラ、ということでそこまで悪くはないと思う。

    図書館で結構待って借りた本で、「これはまた読み返したいからブックオフで買おう」とチェックしたものの、読みながらAmazonの低評価のレビューのみを見て、そこまでの本じゃないかとリストから削除したが、読んでいてそんな人の意見に流されるのもまた煩悩で、自分がいいと思えばいいじゃないか、と思えたことからリストに再チェックした次第。

  • 元が新聞掲載だったためなのか、ひとつひとつのテーマが
    表層的な印象。それと108にこだわったせいなのかもし
    れないが、テーマや内容に似たようなものが多くあった。
    ひとつひとつのテーマについて、もっと思考を巡らし
    著者なりの考え方を丁寧に著したほうが、もっと魅力的
    になるように感じた。

  • 「心を乱されず、いつも穏やかな気持ちで過ごしたい」と思い、関連する本を継続的に読んでいます。
    この本は、東大を卒業後、今はお寺の住職をしている「お坊さん」による一冊。
    僕たちがとらわれがちな"煩悩"について、108の話題にわけて、見開き2ページでエッセー的に綴られています。
    大きく、「つながりすぎない」「イライラしない」「言い訳しない」「せかさない」「比べない」という5つのカテゴリーに整理されています。
    読み終えて感じたのは、「相手に求めないこと」「自分の心を見つめること」といったこと。
    「自分をわかって欲しい」「相手を思い通りにしたい」という煩悩がどれだけ、心を迷わせているか、本書を読んで気づかせてもらいました。
    また特に「怒り」という感情に対しては、なぜそのような感情に自分がとらわれているか、感情から自分を切り離して考えることが大事なのだと、改めて認識させてもらいました。
    これらのことは本書で繰り返し話題になっているのですが、それだけ大事なことなのだと、理解しました。
    仏典からの引用も多いのですが、著者が自分の心の弱さをあえて晒している部分もあるので、”説教臭さ”はあまり感じないのではないかと思います。
    自分の心の持ち方について、構えることなく気軽な気持ちで読める、取り組みやすい一冊だなと感じました。

  • 何冊か小池さんの本を読みましたが、今回が一番「俗(?)」に近いような印象がありました。
    自分の至らなさや失敗を引き合いに出してこんなこと言ってますが私も一緒なのですよ、という姿勢に好感が持てます。

    すごい売れているのですね。知らずに手に取ったのですが、確かにとっつきやすく新書である分すらっと読める仕上がり。タイトルもちょっと気を惹かれますものね。

    ただ…私は初期の頃のも少しカターイ感じの、空気がぴーんと張り詰めるような文章や佇まいのほうが好きだったなぁ、と思いました。個人的感想ですが。

  • 仏教の教えをかみくだいて説明してくれる本。
    読む方もあまり求めよう、救われようとせずに気軽に読むといいと思います。

  • 普段の生活は、必ず自分の感覚器を通して「心(なのか何か)」が受け取っているものです。ある意味、自分がいなかったのなら、世界はないのかもしれません。
    だから人は様々な方向に物事を考えられて、ポジティブにOUTPUTしたり、ネガティブにOUTPUTしたり、様々ですね。
    そして厄介なことに、これには波があるんですが、これをフラットに保てたらと考えたりします。
    著書にもありますが内省し、自分の変化に気づくことが必要なのかと思うのです。

  • PDF
    しない生活

  • 執着を手放すとはー生の修行なのだなあ
    トホホホー

  • 久し振りの小池さん本。
    トホホー調が健在。

    ヒントをピックアップ
    「どちらが得か」を迷うのは心にとっての損 →確かに!

    ネットに満ちる「つながりたい」は、「わかってほしい」煩悩→確かに!

    人から良い扱いを受けた時こそ諸行無常を念じて執着を手放しておく。

    「ありえない」という否定語は傲慢で不寛容 すべては「ありえる」と開き直れば心は強くなる。

    謝る時は余計な言い訳を付け加えない。手放す。

    心を保つには、体を保つ。その基本は腹七分目。

    困った時こそ、ただたど内省する、しない生活。

  • 東大出で異色の経歴の坊さんが雑誌に連載したエッセイから、煩悩の数だけのの文章を抜き出してまとめた新書。人の業というのか、欲というのか、煩悩というのか、そんな俗事から解放されるための心構え集である。執拗な教義の押し付けはないが、同じことを何度か繰り返されている感はある。でも、ところどころで仏典から引用される言葉は心に刺さり、仏陀さまの奥深さを覚える。

  • 仏教の教えは結構好きだし自分にとってしっくり来る。でもストイックに修行し始めるとイメージとは逆に自分勝手に見えることもあるのだなぁ(笑)それを超えた先に悟りがあるんでしょうか。他人と比べないというのは最近意識していたが過去の自分と比べないというのは学びかも。諸行無常の奥深さ?便利さ?を感じました。

  • あれも煩悩、これも煩悩。ページをめくる毎に、自分が煩悩の星からやってきた煩悩星人なんじゃないかと思えてくる。
    (執着せず、自然体で、他人は他人、自分は自分と)達観できれば楽なんだろうが、人と関わる以上、煩悩を完全に静めることは難しい。本書をヒントに少しでも心が楽になれたらいいと思う。

    私も人に範を示す立場の者なので、正義感を振りかざしたり、それを押しつけたりしないよう気をつけたい。
    また、人の期待に応えようと頑張ってしまいがちなので、これを機会に「人から失望されてもかまわない」という考え方に切り替えていきたい。

  • 人はやたらと認めてもらいたいもの。
    それをこじらせてしまうと
    だんだんもっともっととなってしまうということ。

    この本中に出てくる108の煩悩は
    本当にありがちなこと。
    もちろん人間的に不完全である私も
    まあ究極にやってはいけない言動を
    昨日しでかしていますからね。
    ああ、恥の多き人生なものです。

    だけれども大事なことは
    それをぐっと抑えて、自分の弱さを
    認めることなんですよね。
    でも弱い、なんて認めるなんて
    ぐぬぬってなっちゃうでしょ?

    この本で一番大事なのは
    某SNSでみられる正義を振りかざした行為。

    これって完璧にマウンティングなのかなと
    冷めた目で見ていますがね。
    結局めぐっても何にも残らないし、
    相手もスルーでしょうから
    私は参加しませんけどね。
    人の醜さが目に付きますし。

    ぐっさり一突きがとっても多いですぞ。

  • くだけていて読み易くはあったが、私が求めているような教訓になることは何もなかった。

  • 行動の裏側とか、心理の裏側とかわかるけど。それだけ
    おもてたのと違う

  • 要は何事も拘らないこと。

  • 自己反省のオンパレード。参考になります。

  • だれにでも思い当たることがある煩悩の静め方を分かりやすく説く。時には自分自身のことも交えて、ユーモアたっぷりな文章だが、背景には相当な仏教の知識と理解、思考があるものと推測する。

  • 自分の心の声を
    自分で聞き取ってやれば
    心は静まる
    悲しいときは○○で悲しんだねと
    心に呟いて
    自分の声を聞き取ってあげ
    そうして
    自分に聞き取ってもらえた感情はホッと静まりゆく
    仏教の最も大事な修行

    煩悩の連鎖が自覚できれば心は落ち着く
    他人に腹を立てるとき
    1怒り 攻撃性
    2欲望 収奪性
    3愚かさ 無能性 のいずれかに区別される
    どれにあてはまるか
    冷静に考える
    家族を思い通りにしたい
    という支配欲が不幸の元

    (お風呂の時間が多少くるってもほとんど実害はないのに
    そんなことでイライラすると心の害は甚大だということ)

    体を保つ

  • 悩んでいた時に購入したが積読していた。雑誌の投稿をまとめたものであり、ストーリー性がなく、一気に読むと飽きてくる部分もある。僧侶でありながら結構”普通”の人に近いような口調であえて喋っているような著者の姿勢は器用にやってるなという印象でもある。ただ、悔しいことに著者は自分より”大人”だ。

    僧侶という自分とは全く違う生き方をされている著者の指摘は時に鋭い。私がよく悩むことの1つに、明らかに悪いことをした人が自分に謝らないことがある。特に彼女など身近な人にはそれを感じやすい。著者によれば人がグチを言いたくなるときには、可哀想だねといってほしいらしい。図星だ。謝ってもらいたいんだねと自分を受け止めてあげればそれで良いという。また、心を保ち強い精神状態をつくるには腹七分目程度で抑えるべきらしい。たしかに空腹で作業をしているときは驚くほど集中できることが多々ある。煩悩に負けてたくさん食べてしまう自分への戒めだ。他にも、人に何かをされた時、あいつのせいだと言いたくなるが、これはややもすれば傷つくことを求めてしまうことになり、自分を苦しめているにすぎないという指摘は的確だ。また、他人に評価されたいがための優しさは不要と断言している。優しさ=僧侶という勝手なイメージを持っていた私には意外だったが、本当にその人のためを思ってのことでなければ本質的に優しさでないというのは正しい。

  • 怒りも嫉妬も、負の感情を持つのは普通で、恥じることではない。

    大切なのは、自分が何に対して怒りや嫉妬をしているのかを自覚して受け入れること。

    自分以外の正義もある、自分も弱い部分があると認めて初めて楽になれるのではないだろうか。

  • なかなかわかっていても、ついついといった内容。イライラしない。責めない、、、

    目次は有効なのでメモ


    しない生活
    煩悩を静める108のお稽古
    小池龍之介

    第一章 つながりすぎない
    1ー入ってくる情報が増えれば増えるほど心は乱れる
    2ー相手を屈服させて自分の価値を実感するという愚かしさ.
    3ー「あなたのため」と言うときの本心は「自分のため」
    4ー「いい人」をやめ、嫌なことは素直に断る
    5ー「どちらが得か」を迷うのは心にとっての損
    6ー他人の心のプレに対して寛容になる
    7ー「私をわかって」と欲するほどわかってもらえなくなる
    8ーネットに満ちる「つながりたい」は、「わかってほしい」煩悩
    9ー「前も言ったけど」の裏メッセージは「私を尊重して」
    10ーすぐにメールの返信がなくてもイライラしない
    11ー正義の怒り、その正体は相手への復讐心
    12ー正義感をふりかざしても醜悪な小悪人になるだけ
    13ー「間違いは悪いもの」という罠から抜け出す
    14ークサクサした気分のときこそ優しくふるまう
    15ー自分の優先順位が低いことに腹を立てるのは恥ずかしい
    16ー自分が隠している情けない感情を認めてやると楽になる
    17ー優しくされた相手に攻撃心を持ち続けることはできない
    18ー相手に不快な声と表情で注意すると自分も不快になる
    19ーわざと敵をつくる脳の過剰防衛反応に振り回されない
    20ー認めてほしい気持ちが強すぎるからスム支に話せない
    21ー自分の心の声を自分で聞き取ってやれば心は静まる
    第二章 イライラしない
    22ー自分は何に怒りっぽいのかをチエックしてみる
    23ー悪意のない愚かさに怒っても疲れるだけ
    24ー厄介な暗号、「しなくていい」は「してほしい」
    25ー「もういいよ」のひと言にひそむ、相手を困らせたい幼児性
    26ー他人へのイライラは、その人と自分の煩悩の連鎖
    27ー煩悩の連鎖が自覚できれば心は落ち着く
    28ー「あなたが優しくしてくれないなら私も」の争いは不毛
    29ー人から良い扱いを受けたときこそ諸行無常を念じておく
    30ーなぜ大人になっても親の言葉には心をかき乱されるのか
    31ー「家族を思い通りにしたい」という支配欲が不幸のもと
    32ー「でも」「しかし」をこらえて権力闘争を回避する
    33ー「ありえない」という否定語は傲慢で不寛容化
    34ーどんな犯罪も災害も裏切りも「ありえる」もの
    35ー謝るときはよけいな言い訳を付け加えない
    36ー「自分を正しく理解してほしい」という欲望を手放す
    37ー「自分を理解させたい」病同士の寂しいすれ違い
    38ー正義を声高に叫ぶ人はなぜうさんくさいのか
    39ーまず相手の甘えを受け止めれば対話の質は向上する
    40ー自分の考えを返す前に「そうですねえ」とひと呼吸おく
    41ー毎日たまる「聞いてもらえない寂しさ」が怒りに転じる
    42ー「興味あるフリ」「聞いてるプリ」はすぐバレる
    第三章 言い訳しない
    43ー知人が高く評価されるとなぜ反射的に否定したくなるのか
    44ー妬みはこく自然な感情、恥ずべきことではない
    45ー勝手にライバルを仕立てて妬んでしまう心に要注意
    46ー誉められても喜ばず、疑されても嘆かないように
    47ー「心を保つ」前に、まずは「体を保つ」べし
    48ー「体を保つ」基本は、食事を腹七分目にとどめること
    49ー砂糖のドギツイ甘みは気分を乱高下させる
    50ー「快楽」を抑え「静かな満足感」をもたらす精進料理
    51ーネットの情報は集めても集めても満たされることがない
    52ー人とつながりすぎると「快感過多」で不幸になる
    53ーネットを断って一人に立ち返ることこそ、最高の安息
    54ー「返事はいいです」と書き添える癖をやめる
    55ー「自分は正義だ」と思い込むから攻撃的になる
    56ー「結局みんな自己中」と認めれば冷静になれる
    57ーボランティ... 続きを読む

  • 強く、やさしく、しなやかな自分でありたい。
    理想の自分に近づくために努力していきたい、改善していきたい。

    そう思っていても、なかなか全く思うようにならない、相変わらず、サボり癖は治らんし、人の欠点が目につくし、翌日まで残るほど酒を呑むし、今日出来ることを明日回しにするし…

    自分自身ですら制御できないのに、自分以外の誰かが自分の意に沿って動いてくれるわけがない。当たり前の話である。
    やたらと人と繋がりたがったり、人がやってることにイライラしたり、人がどう見てるかを気にしすぎたり、人と比べたり…そんなに他人の目って大事か?って話である。

    時事ネタを書く
    ベッキーや乙武が不倫をした、それがどーした?
    おもろいゴシップではあるけど、エエ大人が毎日毎日多くの人間がギャーギャー騒ぐことか?自分の配偶者や恋人ならともかく、よそ様の恋路なんかほっといたれよ、下品やしはしたないぞって話である。

    利己的かも知れんけど、他人のことはほっといて、まずは自分の幸せやろ。そこ磨いていこうよ。その上でヒトのことドヤコヤ言うたらエエねん。ちゅうても、幸せならゴシップなんか相手してる暇はないだろうけどな。

    そんなようなこととかを、この本は分かりやすく書いている。
    ちょっと文章が軽いかな、もうちょっと堅い文章でも十分伝わるとは思うんだけど。

  • 最近のメディアの傾向である、一斉叩き。何か起きると毎日の様に報道される。それが嫌になっていた時期にこの本を読んだ。

    政治家や芸能人らのちょっとした失言や問題が露呈すると起こる、ネット上での「祭り」と呼ばれるバッシング。
    自分は悪い人間を追いつめる、正しい側に立っているという大義名分が得られるから、そうなってしまうのかと著者は疑問視する。

    他に、犯罪に対しても「ありえない」ではなく「自分はたまたま今は犯罪をする劣悪な精神状態に置かれずに済んでいるからだ」と「自分もやりかねない」可能性を知っているべきであるという。

    2016.3.19

全91件中 1 - 25件を表示

しない生活 煩悩を静める108のお稽古 (幻冬舎新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

しない生活 煩悩を静める108のお稽古 (幻冬舎新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

しない生活 煩悩を静める108のお稽古 (幻冬舎新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

しない生活 煩悩を静める108のお稽古 (幻冬舎新書)の作品紹介

メールの返信が遅いだけで「嫌われているのでは」と不安になる。友達が誉められただけで「自分が低く評価されたのでは」と不愉快になる。人はこのように目の前の現実に勝手に「妄想」をつけくわえ、自分で自分を苦しめるもの。煩悩に苛まれるとき役に立つのは、立ち止まって自分の内面を丁寧に見つめること。辛さから逃れようとして何か「する」のでなく、ただ内省により心を静める「しない」生活を、ブッダの言葉をひもときながら稽古。

しない生活 煩悩を静める108のお稽古 (幻冬舎新書)はこんな本です

しない生活 煩悩を静める108のお稽古 (幻冬舎新書)のKindle版

ツイートする