弱者はもう救われないのか (幻冬舎新書)

  • 61人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (8)
    • (11)
    • (4)
    • (2)
  • 10レビュー
著者 : 香山リカ
  • 幻冬舎 (2014年5月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344983458

弱者はもう救われないのか (幻冬舎新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 社会的弱者救済を実現しようとしてきた戦後日本が、世界的潮流およびグローバル化の流れの中で、弱者切り捨て、弱者の自己責任へと、舵を切ろうとしている、と著者は指摘する。
    そして、内外の著作を取り上げ、弱者救済の理屈付け、理論づけを探求するが、いずれも正解といえる答えは見いだせない。
    最後は、理由なんてない、と爽やかに言い切る覚悟を持てるかどうかだ、と結論付ける。
    常に、社会的に弱い立場の人、努力しても報われることの叶えられない人、の心情を忖度して発言する著者の姿勢に、敬意を表したい。

  • 結論が人間臭くて好きだった。
    自分だけが豊かになった幸せになってそこで終わりじゃいけない。
    そもそも弱者強者で分けること自体良くない気がしてきた。
    年齢性別年収に固定観念を持たずに、人間同士として接することが理想かな、自分の。

  • はじまりは前橋市に届いた伊達直人のランドセル。最終的には、全国で何千人もの伊達直人が現れ、恵まれない子供たちのため善行に走った。最初にランドセルを贈った伊達直人は決してお金に余裕があったわけでもない。不幸な境遇にある子供たちの力になりたいとの一心に突き動かされての行為であったという。東北大震災では車椅子の女性を助け、自身は津波に流された女学生もいた。本書では精神分析、思想、経済、様々な視点からわが身をさしおいても弱者を救済する行動について論考する。あとがきには社会的公正や恵まれない子供たちのため世界を飛び回るドゥダメル氏の言葉が引用されている。「弱い人や困っている人を救うのは自然で当然のこと。理由などない」。けだし胸いっぱいに広がる清しい名言である。

  •  「弱者切り捨て」のグローバリズムに席巻された新自由主義の潮流の中で、「自由と公正を柱とする福祉国家」のモデルは崩壊してしまうのか。

     「弱者にやさしい社会」が失われつつあることを危惧する著者が、精神科医としての実体験も交えながら「『神なしのヒューマニズム』は果たして可能か」「なぜ、弱者を救わなければならないのか」と問う。

     「大きな物語の終焉」に際して、「新しい物語」を求める社会の要請に応えられなかった自身を含む「リベラル派知識人」の不作為責任を指摘する第3章は必読。当時「わかってくれるクレバーな人にだけわかってもらえればよい」という著者が抱いた印象は、そのまま日本の教会が固持してきた姿勢にも適用できる。

     小樽で教会学校に通い、キリスト教にも親近感を覚え、教会にもたびたび足を運びながら、洗礼を受けることには抵抗を感じてきたという複雑な胸の内が読み取れる。

     著者自らが導き出した最後の結論は、実にシンプル。「弱い人や困っている人を救うのに、理由なんて何もない」。(松ちゃん)

  • 古今の思想・宗教に弱者救済の根拠を多方面から探り、
    リベラルな立場から、個人の自由と 市場経済と多数決を乗り越える新しい倫理を模索するわけであるが、結局明解な結論は示せていない。
    それほど難しい問題でもあるということだろう。
    中でも個人的にはローズルの「格差原理」や「集団的資産」の紹介は参考になった。

  • リベラル対新自由主義
    どちらに進むよか

  • 香山リカさんの実力が垣間見えたような、そんな感じ。
    いつものふわっとゆるく、やさしいメッセージをくれる本とは一味違う。タイトル、目次を見ても、そんな感じは最初からしていたけど。
    前半はいまの日本がどのような状況にあるのかを書いていて、後半から「他者を救う意味」というところを宗教や哲学の立場から検討していて、まさにこの後半がおもしろい。
    最終的には、「ひとを救うことに理由はいらない」やって、ポップな結論ですが、これがすごく好きでした。

  • 生活保護バッシングなどに対する「反論」としては余りにも道徳主義的であり、「リベラル派の責任」などを訴えておきながらそれこそリベラル系のメディアで論じられてきた生活保護問題に関する議論(生活保護問題対策全国会議『間違いだらけの生活保護バッシング』など)をほとんど参照せず現代の日本人の心性の問題として論ずる様はまさに傲慢としか言いようがない。いい加減自分だけが現代日本人の本質とメディアが果たすべき責任を知っているという態度から脱却すべきではないか。

  • 気が滅入るタイトルです、、、

    幻冬舎のPR
    http://www.gentosha.jp/articles/-/2064

全10件中 1 - 10件を表示

香山リカの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

弱者はもう救われないのか (幻冬舎新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

弱者はもう救われないのか (幻冬舎新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

弱者はもう救われないのか (幻冬舎新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

弱者はもう救われないのか (幻冬舎新書)の作品紹介

大企業優遇の経済政策、生活保護費など社会保障費の削減、社会全体に浸透する「人の価値は稼ぎで決まる」という価値観…国による「弱者切り捨て」が進み、人々もそれを受け入れつつある日本社会。この流れは、日本だけでなく、グローバリズムに席巻された世界全体の潮流でもある。私たちは人類が苦闘の末に獲得した「自由と公正を柱とする福祉国家」のモデルを、このまま手放してしまうのか?古今の思想・宗教に弱者救済の根拠を探り、市場経済と多数決を乗り越える新しい倫理を模索する、渾身の論考。

弱者はもう救われないのか (幻冬舎新書)はこんな本です

弱者はもう救われないのか (幻冬舎新書)のKindle版

ツイートする