日本の軍歌 国民的音楽の歴史 (幻冬舎新書)

  • 82人登録
  • 3.69評価
    • (3)
    • (7)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 辻田真佐憲
  • 幻冬舎 (2014年7月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344983533

日本の軍歌 国民的音楽の歴史 (幻冬舎新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • <閲覧スタッフより>
    軍歌はどのようにして人々に浸透、日本を超えて外国まで拡散していったのか。そんな軍歌の変遷を辿ります。エリート作曲者だけでなく森鷗外などの文学者や、天皇、国民といった様々な人が国を挙げての政策として軍歌作成に携わっていたとされています。耐え難い言葉や、戦時中に活躍した人物が歌に込められており、時代の象徴ともいえる軍歌を知っておくべきだと感じさせられます。
    --------------------------------------
    所在番号:新書||767.6||ツシ
    資料番号:20102586
    --------------------------------------

  • 軍歌というと軍部から押しつけられたものというイメージがあったが、実際は大衆が求めたエンタメでもあった。

    北原白秋、島崎藤村、山田耕筰など有名な作家、作曲家も自ら競って軍歌を作った。

    毎日新聞が「露営の歌(♪勝ってくるぞと勇ましく)」朝日新聞が「父よあなたは強かった」を公募して作るなど、メディアが部数拡大のために軍歌を利用した側面もあった。

    有名な「同期の桜」は先に「二輪の桜」という元歌があり、その替え歌だった。「二輪の桜」は(♪君と僕とは二輪の桜…昼は並んで夜は抱き合うて、同じ夢見る弾丸のなか)という、今でいうボーイズラブものの歌詞だった。売れるためにはBLも萌えありという、今の出版状況とそれほど変わりは無い。

    軍歌といえども、広まるためには大衆に支持されなければならない。そのために為政者はあれやこれやと策を巡らす。現代に軍歌がよみがえるなら、AKBが歌うだろうという著者の指摘はするどい。

    膨大に知識を背景に著者が独自の論を展開するこの本は面白いが、文体は硬く、やや読みづらかった。

  • 軍歌っていうと何か特殊な時代の特殊な世界の気がするけど、実はそうではなく、当時には広く受け入れられていたエンタメだったんだねえ。
    まったく縁のない世界だったんで知らないことばかりで面白かった。

    ただ、著者の文章になんか違和感があるんだよね。読みづらい。文章が下手ってのも違うような気がして、端的に「僕と合わない」だと思う。最終章の考察はかなりすんなりと読めたんだけど。

  • 日本の軍歌の誕生から終焉に到るまでの歴史を描いた本であるが、単にオタク本にとどまらず、日本の軍歌を軍歌たらしめる歴史的な背景、軍歌が戦争遂行に果たした役割にも言及。

    フランスの「ラ・マルセイエーズ」ドイツの「ラインの護り」などを意識して作られた明治初期の軍歌は知識人、エリート層の創作であったが、やがて大衆化し、国民的エンターテイメントとなる。新聞社がコンペを催し、当然にレコード会社は売れ筋路線として軍歌を量産する。

    戦時中、軍歌はニュース報道の役割も果たし、広瀬中佐に代表されるキャラクター軍歌を生み出す。

    かくして軍歌は政治的エンタメとして戦争遂行の空気づくりの中核を担うことになる。軍部の強制ではなくマスコミ、メディア、文化人がメディアミックスで場を盛り上げていく。こうなると政府は引くに引けない。ひょっとして軍部だって引くに引かなかったのではなかろうか。

    現代においても、たとえば北朝鮮は軍歌を政治的エンタメとしてうまく活用している。中国においても同様である。歌のもつ情緒が論理を打ち消すのである。

    何故日本は、日本人は戦争に走ったのかという理由の一側面がこのあたりにありそうではないか。

  • 軍歌で振り返る近代日本戦争史。

    「軍神」「歌う国民」「軍国美談と教科書」「理想だらけの戦時下日本」参照。

    以下、引用省略

  • 軍歌が好きなのでもっと、軍歌を極めようと思い読んだ。軍歌の歌詞というのはその時代を映しだす鏡のような気もする。現代の音楽より軍歌を聞いてる方が良いとも思う。

  • 軍歌の話も良かったけど、個人的には「政治とエンタメ」の話に興味がいった。私もニコニコ超会議に変な違和感を感じたので、これからの著作も多いに期待しています。

全8件中 1 - 8件を表示

辻田真佐憲の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
又吉 直樹
ジェイコブ ソー...
ウィリアム・H・...
有効な右矢印 無効な右矢印

日本の軍歌 国民的音楽の歴史 (幻冬舎新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本の軍歌 国民的音楽の歴史 (幻冬舎新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本の軍歌 国民的音楽の歴史 (幻冬舎新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

日本の軍歌 国民的音楽の歴史 (幻冬舎新書)の作品紹介

軍歌は、日本史上、最も国民の心を掴んだ音楽だ。初めての軍歌「来れや来れ」が登場した一八八五年から終戦の一九四五年までに作られた曲は一万超。軍歌は、政府にとって国民を戦争に動員するための道具であり、国民には最も身近な娯楽、レコード会社・新聞社・出版社には、確実に儲かる商品だった。誕生から末路まで、史上最大の大衆音楽の引力に迫る。

日本の軍歌 国民的音楽の歴史 (幻冬舎新書)はこんな本です

日本の軍歌 国民的音楽の歴史 (幻冬舎新書)のKindle版

ツイートする