発達障害を治す (幻冬舎新書)

  • 30人登録
  • 3.09評価
    • (1)
    • (3)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 大森隆史
  • 幻冬舎 (2014年9月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344983564

発達障害を治す (幻冬舎新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • デトックスをして身体に蓄積している不要な成分を取り除く、サプリメント等により栄養素を補給する等、科学的アプローチ。
    発達障害の発症原因の一つに遺伝的な要因があるとして、遺伝子多型が影響する脳の発達の解説などがある。
    予測の域を超えない話、問題提起にとどまる箇所もあるが、発達障害の発症がいかに複雑な原因を抱えているか、多角的に考察しているところに説得力を感じた。
    栄養素の名前がたくさん出てきて、段々何が何にどう作用するやら覚えられなくなってくる…。

  • 遺伝子多型を切り口に、発達障害の遺伝的要因と環境要因の双方が関係する事を示唆。
    あくまでも大森先生の仮説なのだろうが、日本で言われている「発達障害は治らない」に対して大きな一石を投じている。

  • 発達障害に対して、療育ではなく治療を
    実施するということで実施している著者。
    知り合いのご家族もたくさん試されている
    人もいました。
    でもあまりよく効果が表れたということを
    聴いたことはありません。少し、煽動しすぎている
    のではないかという感じがするところもあります。
    どちらかというと藁にもという想いもあるので
    慎重にあつかったほうがいいとも思います。

    ただ、論理的には少しなるほどと思うところもあり
    機会があれば、検査だけでもという気もしたりします。

    今度著者の講演には行くつもりです。

全3件中 1 - 3件を表示

大森隆史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
三浦 しをん
北野 武
恩田 陸
西 加奈子
有効な右矢印 無効な右矢印

発達障害を治す (幻冬舎新書)の作品紹介

日本では、子どもが発達障害と診断された親は「原因不明で治療法はない」と宣告される。一方、世界的には、遺伝子研究の立場から発症原因の探求が続いている。その結果、近年、遺伝子の微小な変異である遺伝子多型と有害な環境汚染物質とが相乗的に作用していることが分かってきた。遺伝子を調べ、体内に蓄積した有害物質をデトックスし、必要なビタミンを投与することで、さまざまな症状は改善する-。臨床現場で成果を上げる医師が解説する、発症のしくみと、革命的治療法。

発達障害を治す (幻冬舎新書)はこんな本です

発達障害を治す (幻冬舎新書)のKindle版

ツイートする