子どものまま中年化する若者たち 根拠なき万能感とあきらめの心理 (幻冬舎新書)

  • 164人登録
  • 2.86評価
    • (2)
    • (7)
    • (15)
    • (10)
    • (3)
  • 17レビュー
著者 : 鍋田恭孝
  • 幻冬舎 (2015年7月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344983878

子どものまま中年化する若者たち 根拠なき万能感とあきらめの心理 (幻冬舎新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 現役の精神科医が書いたみたいですけれども、どうなのかなぁ…なんか個人的な、若者の印象に終始しているような気がします…。

    そもそも僕自身、「精神科医」という職業に対して疑心と言いますか、白眼視している向きもありますので…社畜死ね!!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    まあ、なんとなく僕も著者の言う「クラゲちゃん」みたいな生き方をしていると思うんですよ…あんまり自分で決めないでこう…漂うように生きていると! 自覚していますよ…。

    でも、それでも生きられるのならばそれでいいじゃない…と僕とかは思っちゃうんですけれどもねぇ…現代の、平成生まれの人たちも著者から見れば「モノトーン」かもしれませんけれども、彼らも彼らなりに考えてるはずですし…。

    やはりただの若者に対するおっさんの愚痴、をまとめた本だと言えなくもないようです…さようなら。

    ヽ(・ω・)/ズコー

  • 最近の若者は、、、いったいどうなっているんだ、、、論は、
    遥か昔から繰り返されてきたものですが、その結論は、だいたい「けしからん」です。
    あまり建設的なやり取りとは、言えません。
    人間の社会は万事、変化があって、その変化のど真ん中にいる若者と、
    もう変化できない人達の差異と違和感が、若者論を作り上げる一つの要因だと思います。
    この本の著者は臨床医の経験が豊富だけに、若者の心理的観察は、かなり上手です。
    もちろん批判をしていますが肯定もしています。
    温かいまなざしを向けているという表現が適切かもしれません。
    珍しい建設的な若者論になっていると、個人的に思いました。

  • 幻冬社の新書はタイトルに惹かれやすいが、中身がなかったりする

  • 170514
    若者には、植物的に受け身で栄養を貰う、植物型、考えを持たずに反射的に周囲に反応して、現状を漂うように生きるクラゲ型が増えており、それらの若者に対して著者の臨床経験、調査結果がまとめられている
    若者がそうなっている背景として、社会情勢、教育環境、家庭環境が理不尽さが減り、マイルドになっていること、そのため他者に危害を加えず静かに、リスクを避けて生きるほうが無難な生き方だと考える若者が多いとのことであった。
    本書の中で若者に足りないと指摘された内容は自分にもピッタリ当てはまると思った。
    ただ、著者の主張は納得できるが、著者の主張する生き方は、自分にとって最適解ともいえる内容であり、だからどうした?という思いもある。
    著者が自分の側にいたとして、言われて嫌な思いをする点だけは、ちゃんとかんがえてますよ!と言えるように行動を改めようと思った。
    具体的には、①現状への葛藤がない、②将来のビジョン、成長意欲がない、③他者への共感、関心がない、という3点である。

  • 言ってることは確かに実感としても感じる。他人との関わりをめんどくさいと思うのは最近の若者の特徴なのか…。その結果前頭葉の働きが低下したというのは悲しい。もっと人に興味を持とう。ただし数値としてデータを出してくれないので、老人医師による誇張説を排除できない。

  • タイトルに惹かれ購入。前半のデータを用いた若者の分析は面白く読めたが、後半以降の著者の主張については違和感を感じる箇所が多分にあった。臨床をされている精神科医というフィルターを通じて直近の世代を考察するという1つの視点を得ることができたので、一読の価値はあると思う。

  • 若者をただディスるだけの本だった。

    希望も不満も無く、クラゲのように漂い生きている。
    その表現だけは頷けるが、あとは著者の主観でしかない。最後まで読むに至らなかった。

    バーチャルな世界に引きこもり、恋愛やセックスをしない若者が増えたとしているが、いつの世も童貞と処女は一定数居る。どこで「増えた」と言えるのか。
    「若者の性行動の早期化」というガセネタで騒ぐマスコミがあったが、それと言っている事はさほど変わらない。

    著者の経験談もチラ見えしていたが、とれもこれも「昔は良かった」。
    議論しようという気にすらならない。こういう考えを持つ人がカウンセリングをしている事に驚き。

  • 今40代である私が今の若者を見ても、外で遊ばなくなったこととか、校内暴力とか不良というグレた子どもを見かけなくなったことなど感じておりそのとおりだと思う。ただ、親に大事に育てられ、反抗することもなく育てられた結果、自己愛が増幅し、会社で嫌なことがあっても他人のせいにし、会社を簡単に辞めるというのは今の若い世代特有であるとは特に思わない。こういう人は昔からいたし、新型うつで会社を休むような50代も私の周りにいたりするのでいまいちピンとこなかった。自分の子どもを育てるためのヒントはそこそこあった。

  • 心理臨床という世界から見た若者の姿を拡大解釈して現代の若者論に当てはめているように感じる内容であるが、あとがきにおいて、冷たくない筆者の若者に対する意識を読めて少し安心した。ただし、いくつかの視点は非常に参考になった。

全17件中 1 - 10件を表示

鍋田恭孝の作品

子どものまま中年化する若者たち 根拠なき万能感とあきらめの心理 (幻冬舎新書)に関連するまとめ

子どものまま中年化する若者たち 根拠なき万能感とあきらめの心理 (幻冬舎新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

子どものまま中年化する若者たち 根拠なき万能感とあきらめの心理 (幻冬舎新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

子どものまま中年化する若者たち 根拠なき万能感とあきらめの心理 (幻冬舎新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

子どものまま中年化する若者たち 根拠なき万能感とあきらめの心理 (幻冬舎新書)はこんな本です

子どものまま中年化する若者たち 根拠なき万能感とあきらめの心理 (幻冬舎新書)のKindle版

ツイートする