作家の収支 (幻冬舎新書)

  • 607人登録
  • 3.77評価
    • (27)
    • (84)
    • (47)
    • (8)
    • (1)
  • 69レビュー
著者 : 森博嗣
  • 幻冬舎 (2015年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344984028

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
佐々木 圭一
エラ・フランシス...
三浦 しをん
恩田 陸
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

作家の収支 (幻冬舎新書)の感想・レビュー・書評

  • やっぱり森博嗣さんくらいになると、このくらい稼ぐんだぁ、と思わず感嘆の溜め息をつきました。
    作家は一体どれくらい稼ぐのか―。
    作家志望者ならずとも気になる疑問に答えたのが本書。
    人気作家(だった?)の森さんが、自身の収支を余すところなく公開しており興味深く読みました。
    たとえば、デビュー作「すべてがFになる」はノベルス版で第24刷まで出て累計13万9600部、文庫版が第60刷まで出ていて累計63万9300部。
    この1作で印税を「合計6000万円以上いただいている」と明かしています。
    印税だけでなく、作家にはたとえば原稿料(小説雑誌で原稿用紙1枚当たり4000~6000円が相場とか)、講演会の出演料、さらに漫画化やドラマ化、ゲーム化された際の印税、あまり知られていないところでは入試問題に使われた際の著作権使用料といった収入があるそうです。
    では、支出はというと、これがほとんどないに等しい。
    特に、森さんの場合は、資料をそろえたり取材をしたりするといった手法を採らず、「すべて自分の頭から出したままを書いている」そうです。
    自身いわく人付き合いが悪いそうなので、交際費も必要ありません。
    つまり、支出はほとんどゼロに近く、売れれば収入が大きいというわけです。
    あくまで売れればということですが。
    ただし、作家が不安定な職業であることも事実のよう。
    森さんは元名古屋大助教授で、デビュー後も10年くらいは勤務していました。
    後年売れっ子作家になって助教授時代より何倍も稼ぐようになっても、クレジットカードやローンの審査が通るのは難しい。
    病気になれば収入は途絶えますし、1作が当たっても「次が当たるとは限らない」。
    ちなみに、森さん自身は小説に特に強い愛着があるわけではなく、お小遣い欲しさに小説を書いて投稿し、編集者の目に留まってデビューと相成ったそう。
    ですから、かなりドライです。
    「スランプに陥らないためには?」の項で、こんなことを書いています。
    「スランプというものを経験したことがない。どうしてかといえば、僕は小説の執筆が好きではない。いつも仕事だからしかたなく嫌々書いている。小説を読む趣味もない。この仕事がさほど好きではないし、人に自慢できる価値があるとも認識していない。スランプにならないのは、このためだと思われる。」
    だから、量産できたのでしょうね。
    何と言っても森さんは多作で知られ、デビュー以来19年の間になななんと278冊を上梓しました。
    総部数は約1400万部、これらの本が稼いだ総額は実に約15億円、1冊あたり約5万部が売れ、約540万円を稼いだ計算になります。
    すご……。
    作家は口を開けば、「大変な商売」「割に合わない」なんてことを云いますが、森さんは「割のいい商売」とさらりと云ってのけます。
    森さんだから云えるのかもしれません。
    最後の「これからの出版」の章では、先細る一方の出版界で作家はこれからどう身を処していくべきかを提言しています。
    メディアがますます多様化するので、やはり森さんのように「多作であることが有利」といいます。
    先程、森さんのことを「ドライ」と書きましたが、「あとがき」ではこんなことを書いていて瞠目しました。
    「デビュー以来、すべての仕事を通して、僕が最も意識していることは『新しさ』である。新しさを生み出すこと、新しさを見せること、それが創作者の使命である。『使命』というと格好が良いが、もう少しわかりやすく表現すれば、『意地』だ。それが、それだけが、プライドを支えるもの、アイデンティティである。」
    森さんの熱い一面を見る思いで読みました。

  • 森先生らしい、歯切れのよい文体で一気に読みました。
    小説家を職業とは捉えてなかったのですが(どちらかというと芸術に近いと思っているので)、仕事として考えて、金銭面で真面目に紹介しているのが面白いです。
    自分のセンスや考えを文章にして売るという活動が、商業ベースに乗るとどのような金額になるのか、シビアな世界であることは数字で見ると一目瞭然。
    本のおかげで楽しませてもらっている読者としては、きちんと新刊買わなきゃなと思わせてくれる一冊でもありました。

  • 目に留まり、興味本位で読んだのですが、予想以上に楽しめました。

    売れ方が別格であることは承知していたので、数字に驚くはずではなかったのですが、のっけからびびりました。
    印税や部数ではなく。
    1時間で6000字――1時間で6000字? =20枚。
    二度見どころではなく五度読みくらいしてしまった。
    速!

    辛辣と感じるまでにドライな書きぶりは、以前にエッセイを読んでいたので問題なく馴染めました。
    そんな中にも(だからこそ?)笑ってしまったり和む記述もちらほら。
    メフィスト賞のホームズ像や、テレビ関連グッズ「マグカップとお菓子(ゼリィ)」の印税が数百円振り込まれた件、特典というか役得の話も楽しかったです。

    出版やメディア、小説家という職業に対する意見は、フラットで、説得力があります。
    また、説得力以上のエネルギーで働きかけてくることも書いてあって、読んで良かったと思いました。

  • 「人気作家の森博嗣に印税をあげたくないから」と彼の本のほとんどを中古で買い集めているのだが、そんな些末なことどうでもいいわ、とばかりに稼いでいて、何やら恥ずかしいばかり。

    しかも本作を読むと、「この本買っちゃおうかなぁ……」とか「森博嗣って意外と親しみやすい人?(あくまで人格の話)」とか思わされてしまい、まんまと戦略にはまっている気がしてならない。

    特に前半の「作家の収入という漠然としたイメージ」にはっきり数字を与えてくれる部分は嬉しく、目を覚まされる面白さがある。大変興味深い内容だった。

  • 作家 森博嗣がこれまでに稼いだ収入を包み隠さず公開する。人気小説家ともなるとその時給は100万円にもなるのか。

  • 書籍だけで15億。その他収入を合わせれば、20億は稼いでいるだろう。で、引退を決意し、田舎暮らしで隠遁生活していたら、社会への感謝の気持ちを抱き、社会と関わりを維持していこうという気になったらしい。なら使い切れないカネを寄付するとか慈善活動でもすればよいと思うのだが、やはり職業作家としての承認欲求が捨てきれないかなという印象を受けた。一見淡白と思える著者ですらそうなのだから、人間の引き際って難しいな。

  • 著者の本はこれが初めてで、「すべてがFになる」は映像化されていたので知っていたけれど著者自身については何も知らなかった。
    作家という職業の内実をついてここまで公開している人もいないのではないか。
    著作権は外国に比べ日本は期間が短い、作家は普通は赤字にならない、印税率は作家と出版社との契約で通常は10%、など知らなかった事が色々と分かり本が好きな人にはとても興味深く読める内容。

  • テレビドラマの原作料を面白く思ったが,そこらに引っ掛かった編集者もいるんだね~原稿料:小説雑誌4,000~6,000円(単位は400字詰原稿用紙)→50枚の短篇だと20万~30万。漫画の場合は6,000~15,000円/枚(中には50,000円あり)。新聞のエッセィ20,000~50,000円/作。新聞連載小説50,000円/回。400~600枚の長編は200~300万円。印税8~14%。普通は10~12%。未発表(書き下ろし)が12%で,雑誌掲載後や文庫化で10%。計算は印刷された時点で,出版社が著作権を利用したという筋道。単行本が出て約3年後に人気のあるものが文庫になる。値段は半額。3年が単行本の賞味期間で,ファンは多少高くても買うというのが日本のマーケッティング。単行本の6倍以上文庫が売れる場合は,文庫書き下ろしとして文庫で12%を貰った方が作家は得。森の累計部数:単150万2000ノ403万1700文791万3700新45万2500絵12万3000。1000円の本を1万部作り,印税が100万円,制作費300万円,取次等のマージンで出荷価格は700円程度になり1万部売って出版社の利益は300万円,6割しか売れなかったら売上420万円で利益20万円。実は多くの書籍が赤字。日常的に小説を読むのは数十万人と少ない。森の印税収入ピークは2008年で1億1222万円,1996~2014累計11億9087万円だが,電子書籍の印税は15~30%,もっと高くても良いと思う。印税だけが収入ではない。講演は40万円/時間と決めていた。テレビの原作料50万/時。コカコーラの依頼で書いた「カクレカラクリ」の執筆は1000万円。教科書にエッセイが載って年間50万円くらい。支出の方は…人件費も掛からず殆どなし。印刷出版した本は278冊,総部数1400万部,稼いだ総額は約15億円,1冊当り約5万部売れ540万円を稼いだ計算。2008年引退後,収入も半減したのは仕事量に比例する~ライトノベルズって成る程,イラストがついてナンボって奴で,2%の印税がイラストレーターに入る!「…在庫は処分されることになる。在庫は課税対象になるからだ。処分するくらいならば,新古書店などに安く出荷する方が良い気もするのだが,そういうことは,表向きにはできない(裏の事情は知らない)。」(p37)森はメフィスト賞に応募せず受賞し(突如創設),賞金なしで本になることが報酬,小さなホームズ像はロンドンのシャーロックホームズ博物館の土産で£10

  • 金銭部分よりも,作家と出版業界が作り出す本の行方を占う資料として重要.できれば,電子書籍に関する定量データも欲しかったが,管理されていないということは,印刷書籍に比べ管理しにくい体系にシフトしてきたと推測される.面白い.

  • 人気作家・森博嗣の小説家としての収支が具体的に書かれている本。
    一本の小説でいくら収入があるか。
    映画化、ドラマ化、アニメ化ではどのていど儲かるか。
    経費で落ちるものと落ちないもの。
    森博嗣が何にお金を使っているか。

    夢のある金額が度々登場するが、極めて現実的なら視点で書かれている。

  • 2017年3月13日購入。

  • 予想以上に面白かった。
    今までの人生で一度でも小説家に憧れだ人なら楽しめるんじゃないかと。

    淡々とした口調でひたすら小説家に関するお金の話をしているんだけど、嫌味じゃないのがすごい。
    大学の先生とかにこうタイプいるなーって森さんは昔大学の先生か。

    好きな箇所は教育目的のところの『作者としては、「べつになにも言おうとしていない」と密かに思うのだが』のくだり。
    それな!って思ってニヤニヤしたわ(笑)

    こういうシュールなジョークが散りばめられていてお金の話だけどスルスルと読めた。

    森さん……小説以外も面白いな……。ある意味すごいわ、ほんま。

  • 森博嗣個人の収支が図表等も交えつつ淡々と解説されている。
    小説家と言うと、「小説家になるのが昔からの夢だった!」みたいな人ばかりかと思っていたけれど…。そうじゃないんだなあ。
    こんなふうに、ビジネスとして作家・小説家が語られるのを始めて読んだので、たいへん興味深かった。

  • タイトルに偽りなく、作家が自らの著作でいくら稼いでいるのか、収入について原稿料から印税は元より講演料やテレビ出演に至るまで隠すことなく赤裸々に綴っています。それに対して支出は、極論、紙と鉛筆があれば文章は紡げるので少ないのは分かりますが、作家として生計を立てるにはある程度の知識や経験が必要になるので、今までの人生の総額と言えなくもないでしょうね。
    何にしても、職業の一つとして、どれぐらいの売り上げがあって、どらぐらいの間隔で作品を発表して行けば作家として生計を立てられるのか。考えたこともなかったことを具体的に考えられるようになったのは、見聞が広がった気がします。

  • 作家の収支を包み隠さず語った本。もともとこの作者のエッセイは好きでしたが、ここまでハッキリと書いてくれると出版業界は厳しいと言われつつも夢があるなと思わされます。リアルに作家を目指している人は読んだ方がいいです。

  • 予想していたよりもはっきりと数字が書かれていて、やっぱり稼いでいらっしゃるのだなあ~というのが率直な感想です。ご自分ではマイナ作家と仰ってますが、今の日本でこれだけ稼げる小説家ってほんの一握りじゃないかな?執筆に関しても、創作活動というよりも、完全な「仕事」としていて、今は引退したから1日1時間しか執筆しないとか、びっくりぽんです。それで、シリーズものを手掛けているのだから、誰にでもできる芸当じゃありません。奥様の小ネタなども、初めて知ったことばかりで面白かったです。

  • タイトルどおり作家という仕事でどのくらいのお金が儲かるかという話。

    下世話な話になりそうだがそこはさすが森博嗣。

    淡々とそして的確な分析力で作家の収支を語っていきます。

    森博嗣氏には速くシリーズ物はさっさと完結してほしいのですが、こういう小説じゃない単発ものも嫌いじゃない。

    非常に面白く読めました。

  • 読み手を選ぶ本。
    興味が無ければ、面白くも何ともないだろう。

    タイトル通り、作家の収支について、自身の状況を冷静に分析して客観的な視野のように述べているだけなので。

    興味がある人へは、非常に面白い読み物。
    理路整然と簡潔に淡々と書いてあるので、スラスラと読み進めることができ、また、非常に読みやすい。
    教授の経験があるからか、性格なのか、説明が上手いと思った。

    また、作家志望が少しでもあれば、ぜひ読んで欲しいと思う。
    その上で、冷静に自身の作家志望の理由を明確にし、書き続けることが出来なければ、森氏はいつまでも雲の上の存在でしかないだろう。

    2016.12 読了

  • 終始、客観的で合理的。
    庭のミニチュア鉄道に乗ってみたい。

  • @4000~6000 (漫画なら~15000)印税10~12%
    試験問題 創作は情報と違う、無料ではない。エンタテインメントのコンテンツは蓄積される。

  • 森博嗣の新書初めて読みました。この本読んでいると小説書いてみたくなるね。収支と発行部数がはっきり数字で書かれています。とりあえずビジネスとして書き物は効率がいいというのと意外とシンプルでネットがある分リスクも昔ほどないという話。

  • 2014年にはデビュー作「すべてがFになる」もドラマ化されたベストセラー作家の森博嗣さんが、自身の印税や刷られた数を惜しげもなく披露されている。その惜しげもなくの度合いが、詳細に刷られた冊数や印税、また先述したドラマの映像化などの金額感も書かれている。まさにタイトル通りの『作家の収支』が淡々と書かれています。
    本の中では、小説家は漫画家と違い、1人で作り上げられるものということで、とても効率のいい仕事だと書かれていますが、はたして森博嗣さんほどの本が売れる作家になるのはどれだけ難易度が高いことなのか。。
    そう思いながらも、リアルな作家の収支が見れる本は、なかなかないのではないでしょうか。

  • 20161016


    森ひろしの作品は一冊も読んだ事は無いが、とにかくこの本は面白かった。
    小説家がこんなに儲かる商売だと知って驚かされた。

  • もしかしたら森先生のエッセイ読むのは初めてかもしんない。

    森先生もうかってるなぁー。

全69件中 1 - 25件を表示

作家の収支 (幻冬舎新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

作家の収支 (幻冬舎新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

作家の収支 (幻冬舎新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

作家の収支 (幻冬舎新書)の作品紹介

1996年38歳のとき僕は小説家になった。作家になる前は国立大学の工学部助教授で、月々の手取りは45万円だった。以来19年間に280冊の本を出したが、いまだミリオンセラの経験はなく一番売れたデビュー作『すべてがFになる』でさえ累計78万部だ。ベストセラ作家と呼ばれたこともあるが、これといった大ヒット作もないから本来ひじょうにマイナな作家である-総発行部数1400万部、総収入15億円。人気作家が印税、原稿料から原作料、その他雑収入まで客観的事実のみを作品ごと赤裸々に明示した、掟破りで驚愕かつ究極の、作家自身による経営学。

作家の収支 (幻冬舎新書)のKindle版

ツイートする