ルポ塾歴社会 日本のエリート教育を牛耳る「鉄緑会」と「サピックス」の正体 (幻冬舎新書)

  • 190人登録
  • 3.60評価
    • (8)
    • (30)
    • (24)
    • (4)
    • (1)
  • 25レビュー
  • 幻冬舎 (2016年1月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344984073

ルポ塾歴社会 日本のエリート教育を牛耳る「鉄緑会」と「サピックス」の正体 (幻冬舎新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ここ日本ではサピックス⇨鉄緑会という型にはめられた秀才集団を大量生産しているという現実に驚愕を覚えた。本当に医者になりたいのではなく、偏差値が高いから、No.1だからと理IIIに進む秀才達。彼らの生き方もあまりにも型にはめられすぎている。

    世界ランキングで東大は上位に入れず、ノーベル賞受賞も少ない。今後は我が子を王道に進ませたいのなら東大ではなく、海外の大学を視野に入れるべきではないだろうか?実際御三家在学中のエリート達は東大ではなく、海外の大学を目指す学生が増えているようである。
    日本の大学入試改革を待っていたら遅い。
    伸びしろのある秀才を育てていく道を探っていきたい。

  • サピックスと鉄緑会。恐ろしい組織だな。
    自分の知り合いの子どもに早稲アカ→鉄緑会。そして医学部を目指しているというのがいるが、こんな生活をしているのだろうか。
    親はいたって普通なんであるが、子供に対してどれぐらい関わっているのか、期待をしているのか。
    彼らの今後を見守っていきたい。

  • 地方出身者のため、この本に書いてある現実は全く知らなかった。勉強の習慣化は必要だとは思うが・・・。著者は塾歴社会のいい面と悪い面を客観的に分析しようとしており、現状への将来的な危惧は随所に見え隠れするものの、比較的公平な姿勢を貫いている。これから中学受験を考えている親にとってこの本は参考になる一冊かと思われます。

  • 塾の歴史や個性がわかって勉強になった。東大の理科Ⅲ類に合格する人たちは、こんな生活を送っているのか。

  • 進学校からの東大進学者は、ほとんどが鉄緑会出身であり、進学校へは、ほとんどがサピックスの出身だという。子供にあった塾選び、学校選びを考えさせられた。

  • 鉄緑会とサピックスについての考察。外部からはイメージしか分からないことが多いので、参考になる。

  • 結局地頭がいい子が、自分にとってベストの環境を選んで、素直に努力するなら、どこにいこうが関係ないのだろう。

  • サピックスと鉄緑会の関係が分かった。

  • 東大に行くのって大変なんだなと思った。
    勉強で頑張って、名門中学に入っても、すぐ塾通いで猛勉強なんてつらすぎる。
    こんなにやらないと東大に行けないなら、東大に行かなくても(子どもを行かせなくても)いいなと思うダメママです。

    塾は塾でいい教育をしてくれるので、学校の勉強に物足りず、もっと勉強したいという気持ちの子どもにとってはいいと思うのですが、本文に出てきたような親主導だと辛いだろうなと思います。

    自分には未知の世界を教えてくれた本でした。

  • 日本の頭脳である東大エリート集団が、
    SAPIXから鉄緑会のキャリアを経ることが
    主流であるとしたルポ。

    通常あまり表出されない日本のエリート教育が、
    塾業界にて行われているという側面をあぶり出している。

    学校側から見ると塾は補完的な存在であり、
    塾歴が主導権を握っているという事実を
    認めたがらないものではあるが、
    もはやその存在を否定することはできないまでに
    教育支援業界は成長を遂げている。
    学校と塾の役割分担をはっきりさせ、
    共存を図っていくことも必要であると思う。

全25件中 1 - 10件を表示

おおたとしまさの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
國分 功一郎
北野 武
トマ・ピケティ
佐々木 圭一
ジャレド・ダイア...
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

ルポ塾歴社会 日本のエリート教育を牛耳る「鉄緑会」と「サピックス」の正体 (幻冬舎新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ルポ塾歴社会 日本のエリート教育を牛耳る「鉄緑会」と「サピックス」の正体 (幻冬舎新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ルポ塾歴社会 日本のエリート教育を牛耳る「鉄緑会」と「サピックス」の正体 (幻冬舎新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ルポ塾歴社会 日本のエリート教育を牛耳る「鉄緑会」と「サピックス」の正体 (幻冬舎新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ルポ塾歴社会 日本のエリート教育を牛耳る「鉄緑会」と「サピックス」の正体 (幻冬舎新書)の作品紹介

開成、筑波大学附属駒場、灘、麻布など進学校の中学受験塾として圧倒的なシェアを誇る「サピックス小学部」。そして、それら名門校の合格者だけが入塾を許される、秘密結社のような塾「鉄緑会」。なんと東大理3の合格者の6割以上が鉄緑会出身だという。いまや、この2つの塾が日本の"頭脳"を育てていると言っても過言ではない。本書では、出身者の体験談や元講師の証言をもとに、サピックスひとり勝ちの理由と、鉄緑会の秘密を徹底的に解剖。学歴社会ならぬ「塾歴社会」がもたらす光と闇を詳らかにする。

ルポ塾歴社会 日本のエリート教育を牛耳る「鉄緑会」と「サピックス」の正体 (幻冬舎新書)はこんな本です

ルポ塾歴社会 日本のエリート教育を牛耳る「鉄緑会」と「サピックス」の正体 (幻冬舎新書)のKindle版

ツイートする