エロティック日本史 古代から昭和まで、ふしだらな35話 (幻冬舎新書)

  • 100人登録
  • 3.29評価
    • (0)
    • (6)
    • (15)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 下川耿史
  • 幻冬舎 (2016年3月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344984141

エロティック日本史 古代から昭和まで、ふしだらな35話 (幻冬舎新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 必要に迫られて読みましたが、予想外に面白かったです。
    読後、日本の歴史は「エロ」に彩られているとの感を強くしました。
    まず、よく知られていることですが、「国生み」の物語からしてエロい。
    日本最古の資料である「記紀」には、こうあります。
    まず、「古事記」。
    イザナギが「自分には成り成りて成り余れるところがある」と語ったところ、イザナミは「自分には成り成りて成り合わぬところがある」と答えたので、イザナギが「汝が身の成りあわぬところを刺し塞いで国生みをなさん」といって関係したといいます。
    続いて「日本書紀」の「神代編」。
    イザナギが「自分には陽の元といわれるものがある」といったのに対し、イザナミが「自分には陰の元がある」と答えたので、イザナギは「自分の陽をあなたの陰と合一させよう」といって関係したとあります。
    著者は、「『日本書紀』の『陽の元』『陰の元』という表現に比べると、『成り成りて成り合わぬところ』とか、『汝が身の成りあわぬところを刺し塞いで』といった『古事記』の記述の方がはるかに生々しく、わいせつ感が漂っているように感じられる」と指摘しています。
    私も同感です。
    著者の興味は、ここからさらに掘り下げられます。
    「ではこの時、2人はどんな体位で関係したのだろう?」
    何もそこまで…と、少しあきれつつも、ページを繰る手が止まりません。
    著者は、「神代編」の、こんな記述に注目します。
    「(イザナギ、イザナミは)遂に交合せんとす。しかし、その術を知らず。時にセキレイありて、飛び来たりその首尾を揺す。二柱の神、それを見て学び、即ち交の道を得つ」
    つまり、2人がどうやって関係したらいいのか分からず困っている時に、セキレイがつがいで飛んできて、頭や尻尾を震わせながら交尾した、というのですね。
    それを見た2人は同じ要領で交合したそうです。
    したそうです、って別に直接見たわけではないから分かりませんが…。
    「小鳥の交尾は後背位であるから、それに学んだイザナギ、イザナミも当然ながら後背位で結ばれたはずである」とは著者の推理です。
    面白いですよね。
    天照大神が天の岩戸に引きこもった時、その岩の前で天鈿女命(アメノウズメノミコト)がストリップを演じたという話も、日本神話の中では有名な話です。
    私は知りませんでしたが、「鳥居は女の大股開き」という説もあるそう。
    「夏至祭」「岬の蛍」などの純文学作品がある佐藤洋二郎は、こう述べています。
    「神社全体は女性の子宮にたとえられている。男性が水垢離、湯垢離をして体を清め、参道を逝ったり来たりしてお願いごとをする。鳥居は女性が股を広げている格好で、上部に神社名があるところは、女性の敏感なところだとも言われている。そこを身を清めた男性が行き来するのは、男女がセックスをする姿だ。境内に男性の性器をかたどったものがあったり、二つに分かれた樹の股を大切に扱ったりするのもそのためだ」(2014年11月25日「東京新聞」)
    一事が万事、こんな調子で、以下、気になった箇所を羅列していくと―。
    「男女が歌を交換しながら次第に高揚して関係する『歌垣』は乱交パーティーの始まり」
    「女性用おもちゃは奈良時代からある」
    「道鏡の巨根では物足りなくなった称徳天皇」
    「絶倫で財政難を招いた嵯峨天皇」
    あからさまといえば、あからさまな性風俗はしかし、国の基盤が整備されるにつれて、国の繁栄を寿ぐセレモニーへと変質しました。
    歌垣は「踏歌」と呼ばれるエロティシズムとは無縁の皇室行事になりましたし、田植えも豊作祈願と称して男女の性交の姿を演じたり、場所によっては豊作祈願を口実に、実際に性関係を結ぶケースが見られましたが、皇室行事として定着した結果、御田祭りという色っぽさの削がれたイベントになりました。
    ただ、これらの皇室行事の原初に「エロ」があったことは知っていて損はないと思いました。
    さて、世の中はお盆ですが、「盆踊り」もエロと関係が深いと知って驚きました。
    元々は中世の念仏踊りから起ったもので、最初から男女の乱交を伴ったレジャーだったそう。
    盆踊りは江戸時代に盛んになりましたが、明治の新政府にとっては不名誉極まりないもので、1870年(明治3年)には前橋藩で「盆踊り禁止令」まで出たそうです。
    盆踊りを見る目が変わりそうですね。
    こうした「目からウロコ」の話が、本書にはてんこ盛りなのでございます。
    紳士淑女にはおススメできませんが、これも我が日本の歴史と思えば、夏休みに静かに向き合うのも悪くないかもしれません。
    最近は、「国の歴史を正しく教え、愛国心を育もう」という声が強いですが、私の個人的な愛国心は本書を読んで損なわれるどころか、むしろ亢進しました。
    叫んでもいいんじゃないでしょうか、「ニッポンを取り戻す!」って。

  • 「人生とはペニスとバギナの離合集散のドラマだ。そのドラマを見据えることが、歴史と正面から向き合うことにもなるはずだ」

    というよくわからない理屈から始まる本書。
    着目点は大いに共感するのだが、そもそも新書だから、情緒や感性に訴える部分は少なく、あくまで知識情報の拡充が主(だから点数は常に3点)。真面目な内容だ。

    その中でも、ハッとした知識。



  • 日本史で習った歴史上の人物たちのイメージが一気に崩れてしまった(笑)
    雑学が増えました!

  • 2017年2月

    性の通史と呼ばれるものがなく、それを編纂しようとした一冊。
    民俗学の本などは今までほとんど読んだことがなかったが、なんとなく日本人は性に対してかなりオープンな民族であったというようなことは耳にしていた。

    実際に平安時代ぐらいからの流れで本書は構成されているが、それに沿って学んでいくと、昔の日本人は性を楽しむことに今ほどの罪悪感などは感じていなかったように感じる。今でこそAV女優などがテレビに出たりして活躍をしているが、もともと日本人には、そう言った自分の生き方を貫くといった、個人の確立ができていたのかもしれないと感じる。

  • テーマを丁寧に拾い集めておられ、雑知識欲を刺激された。
    特に道鏡のくだりなどはいろいろと疑問があったので、妙にスッキリ!

  • 借りたもの。
    日本の性の民俗史。

    通い婚や夜這いの話は興味深い。
    日本神話の記述は額面通りの解釈だけでなく、武力闘争、征服(夜襲か?)の暗喩であることも含めて。

    混浴場を舞台に、性と排泄物の話が一緒にある。
    身を清める場とはいえ、排泄物が浮いている風呂はかえって汚いのでは……何故、厠を傍に設けなかったのか?謎が残る。

    立川流という、性によって悟りを開かんとする宗教――
    日本のフリーメイソン?なるは、やはりカリスマ性のある人間(教祖)がいないと単なる乱痴気騒ぎになってしまったり、続かなくなってしまう……
    (坂爪真吾『はじめての不倫学 「社会問題」として考える』 http://booklog.jp/item/1/4334038735 参考。)

    近世になっての銭湯で、混浴の場で女性が“いたずら”される事に辟易して叱責する女の句が挙げられているが、女にとってはやはり“いたずら”されることは苦痛だったのではないか?

    事象、小話を羅列しているだけで、その背景にある根の深い価値観・精神史までは分からない……
    確かに近代まで日本の性文化は、西洋文化の影響を受けた現代日本にあるように”隠す”ものではなかったのは分かる。
    しかし、現代の日本人と近現代以前の日本人の根底にある考え方の違いは垣間見れなかった。
    無理やり見ようとするならば、性のエネルギーの使い方に関する攻防か。
    これを読むと、日本人も性のエネルギーをきちんと使ってこなかったのではないか…?
    混浴と子孫繁栄は結びつかず、時の将軍が子を作りすぎて財が傾くなど……
    パースコントロールができない人間の話は呆れるべき笑い話だったのかも知れない。
    性のエネルギーがうまく昇華されず、文化的なものが成り立っていくにもかかわらず、鬱積した性エネルギーが混浴と花街で消費される。

    公序良俗なるものがいかに取捨選択されていったかを考える。
    どうしても男性視点の記録しか残っていないのか、女性が残したものはもっと抒情的すぎて理解されなかったのか分からない。

  • よくぞこれだけ性的なことを古代から明治期まで集めたな、というのが率直な感想です。

    日本人が江戸時代まで性に対して非常におおらかだったことは理解していましたが、ホントすごいな、という思いです。

    もっと掘り下げればいくらでもネタはありそうなので、是非続編をお願い致します。

  • 神話をこのような視点で読むと気持ち悪く感じます

  • 前半は興味深かったが、後半失速した感あり。

全12件中 1 - 10件を表示

下川耿史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
國重 惇史
三浦 しをん
トマ・ピケティ
佐々木 圭一
北野 武
村田 沙耶香
ベン・ホロウィッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

エロティック日本史 古代から昭和まで、ふしだらな35話 (幻冬舎新書)を本棚に登録しているひと

エロティック日本史 古代から昭和まで、ふしだらな35話 (幻冬舎新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

エロティック日本史 古代から昭和まで、ふしだらな35話 (幻冬舎新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

エロティック日本史 古代から昭和まで、ふしだらな35話 (幻冬舎新書)の作品紹介

日本の歴史にはエロが溢れている。国が生まれたのは神様の性交の結果で(そしてそれは後背位だった)、奈良時代の女帝は秘具を詰まらせて亡くなった。豊臣秀吉が遊郭を作り、日露戦争では官製エロ写真が配られた。-本書ではこの国の歴史を彩るHな話を丹念に蒐集し、性の通史としていたって真面目に論じてゆく。「鳥居は女の大股開き」「秘具の通販は江戸時代からあった」など驚きの説が明かされ、性を謳歌し続けてきたニッポン民族の本質が丸裸になる!

エロティック日本史 古代から昭和まで、ふしだらな35話 (幻冬舎新書)はこんな本です

エロティック日本史 古代から昭和まで、ふしだらな35話 (幻冬舎新書)のKindle版

ツイートする