月9 101のラブストーリー (幻冬舎新書)

  • 38人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 中川右介
  • 幻冬舎 (2016年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (474ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344984356

月9 101のラブストーリー (幻冬舎新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 巻末のリストを眺めてみると、きちんと観ていた作品はそれほどないことに気付く。この本で詳説された期間の作品は「まだ恋は始まらない」だけだった。それ以降は「天気予報の恋人」「やまとなでしこ」「HERO」(第1シリーズ)「のだめカンタービレ」「CHANGE」「婚カツ!」「コードブルー」(第2シーズン)「HERO」(第2シリーズ)「デート」以上。作り手側の努力を知るためにも、97年以降についても著者に書いてもらいたい。

全1件中 1 - 1件を表示

中川右介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
ピエール ルメー...
又吉 直樹
エラ・フランシス...
宮下 奈都
村田 沙耶香
平野 啓一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

月9 101のラブストーリー (幻冬舎新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

月9 101のラブストーリー (幻冬舎新書)の作品紹介

一九八七年四月にフジテレビのドラマ枠となってから、都会を舞台にした若い男女の華やかな恋愛物語を徹底化させた"トレンディドラマ"で革命を起こし、爆発的なヒットを飛ばしてきた「月9」。ヒロインの最新ファッションや人気スポット以上に、人々を熱中させたものは何だったのか?私たちはそこに何を投影し、共感したのか?絶頂期の『ロンバケ』を含む三十九作品を中心に、「月9」が連続ドラマの頂点に立つまでの十年の軌跡をたどる。ドラマこそ今を映すジャーナリズム。恋愛ドラマとバブル経済と日本の興亡が重なる壮大な歴史ノンフィクション。

月9 101のラブストーリー (幻冬舎新書)はこんな本です

月9 101のラブストーリー (幻冬舎新書)のKindle版

ツイートする