風俗という病い (幻冬舎新書)

  • 33人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 山本晋也
  • 幻冬舎 (2016年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344984387

風俗という病い (幻冬舎新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 思ってたのと違って、途中でわたしが勝手に飽きてしまった。

  • 昭和のピンク映画で一世を風靡した山本晋也監督が現在歌舞伎町のハプニングバーやJK,SMなどについて取材する.またかつての性風俗に対するノスタルジックな思いも語られる.性風俗とは一見関係のない山谷やマダガスカルでの救済活動も最後の方で触れている.

  • 第5章,老齢社会の性と生 が考えさせられた.カトリックは侮れない.

全3件中 1 - 3件を表示

山本晋也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
サンキュータツオ
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

風俗という病い (幻冬舎新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

風俗という病い (幻冬舎新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

風俗という病い (幻冬舎新書)の作品紹介

人間の性欲ほど多様で面白いものはない。約半世紀、夜の街を歩き続けた著者が「風俗大国」ニッポンのエロを丹念にリポート。そこには、ハプニングバーで暮らす若い女性やキレイになりたがる中年男性、浮気防止のために妻に「貞操帯」をつける夫もいれば、愛撫され身悶えする妻を見て興奮する夫もいた。まさに「死ぬまでセックス」、性に対する男女の欲情は尽きることがない。「風俗」にまつわる病いをとことんまで覗き見た一冊。

風俗という病い (幻冬舎新書)はこんな本です

風俗という病い (幻冬舎新書)のKindle版

ツイートする