モネのあしあと 私の印象派鑑賞術 (幻冬舎新書)

  • 295人登録
  • 3.52評価
    • (8)
    • (24)
    • (33)
    • (4)
    • (0)
  • 24レビュー
著者 : 原田マハ
  • 幻冬舎 (2016年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (153ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344984448

モネのあしあと 私の印象派鑑賞術 (幻冬舎新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 印象派、とりわけクロード・モネは日本で展覧会が開かれるたびに大盛況になる画家だ。
    そのためか、著者の『ジヴェルニーの食卓』もまた人気だったようだ。
    本書は著者の展覧会での講演をまとめたもので、実際に絵を見ながらであれば、モネの作品がより身近に、より美しく見えたことだろう。

    掲載された中でカラーは口絵の二点のみ。
    それが本書の唯一残念な点だ。
    特にマネの<オランピア>では脇に書かれていた黒人女性が白黒印刷のために背景に紛れ、潰れてしまっている。
    印刷上の問題はある程度許容しなければならない点ではあるが、これはもう少し工夫して欲しかった。
    しかしたくさんの絵が収められているので、その点においては楽しかった。

    モネのあしあと案内はこれからアート巡りをする人にとってはとても役に立つはずだ。
    フランスのオランジュリー博物館なんて難易度が高すぎるよ!だって?
    いやいや、都内でも、十分楽しめる。
    世界遺産にもなった国立西洋博物館、ブリヂストン美術館、サントリー美術館など、思ったより近くにモネはいる。
    著者も言うように先人たちの先見の明には恐れ入る。
    一方で影響を与えた浮世絵が多数流出してしまったことは本当に残念なことだ。

    印象派。
    遠い国の、異なる文化がともに認め合い、惹かれ合う美しさ。
    そこに宿る「何か」は、私たちの心をこれまでも、これからもふるわせ続けている。

  • 非常に分かりやすく、また原田先生の優しい雰囲気が伝わってきました。入門書として本書を読むのは最適なんじゃなかろうかと思います。
    読みながら過去に、印象・日の出に対峙した時や睡蓮に囲まれた時の感動を思い出しました。
    やはりモネは好きです。
    ジヴェルニーの食卓はやく読まなくちゃ。

  • 原田マハの小説を通した絵画鑑賞も良いが、原田マハ目線でそれらの作品がどう見えるかといった興味が満たされる。

    画家として感じたままを表現し、浮世絵から大胆な構図を取り入れているからこそ、印象派の作品は我々の心の深いところに入り込む。

    モネの睡蓮はどれもすばらしく、目に見えない何かをずっとあびていたいような気持ちになり、作品の前から動けなくなる。

  • まったく関係ないが、その昔monetというプロジェクトに関わっていたことがある。
    印象派が好きというのはダサい(という表現ではなかったが)というのは分かる気がする。
    著者の作品のベースがストレートに分かるわけではなかったが、下絵の様なものが部分的に垣間見えるところはあって、それはそれで興味深かった。
    これからもますます難解な作品を多く輩出していくのだろうな。

  • 古典的な絵がどうしてあのように発達したのか、その後どういう経緯で印象派が出てきたのか、浮世絵発達どのように広まったのか、背景が分かると面白い。フランスにマハさん提案の旅がしてみたくなった。

  • 2017 7/14

  • 読みやすい文章で楽しめた

  • モネ番を自認する元キュレータの著者による「モネ論」。著者いわく、「モネは心から絵が好きで、。。。。よろこびをもって絵を描くことを決して手放さなかった画家。。。モネの作品を見て、不幸せな気分になる人は一人もいません」フランス旅行のお供にも最適な一冊。

  • 2017年3月23日購入。

  • ジヴェルニーの食卓のあとに読んで正解!若干、まだ物語の中にいるような感じで読めた。これを読むとパリ美術館ツアーに行きたくなるなぁ。

全24件中 1 - 10件を表示

原田マハの作品

モネのあしあと 私の印象派鑑賞術 (幻冬舎新書)を本棚に登録しているひと

モネのあしあと 私の印象派鑑賞術 (幻冬舎新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

モネのあしあと 私の印象派鑑賞術 (幻冬舎新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

モネのあしあと 私の印象派鑑賞術 (幻冬舎新書)の作品紹介

印象派といえばルノワール、ゴッホ、セザンヌ。常に破格の高値で取引されるようになった彼らも、かつてはフランスアカデミーの反逆児だった。その嚆矢ともいうべき画家が、クロード・モネ(一八四〇〜一九二六)である。"印象‐日の出"(一八七三年作)が「印象のままに描いた落書き」と酷評されたのが「印象派」のはじまりだ。風景の一部を切り取る構図、筆跡を残す絵筆の使い方、モチーフの極端な抽象化、見る者を絵に没入させる魔術をモネはいかにして手に入れたのか?アート小説の旗手がモネのミステリアスな人生と印象派の潮流を徹底解説。

モネのあしあと 私の印象派鑑賞術 (幻冬舎新書)はこんな本です

モネのあしあと 私の印象派鑑賞術 (幻冬舎新書)のKindle版

ツイートする