老人一年生 老いるとはどういうことか (幻冬舎新書)

  • 23人登録
  • 3.14評価
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
  • 1レビュー
著者 : 副島隆彦
  • 幻冬舎 (2017年5月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (169ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344984585

老人一年生 老いるとはどういうことか (幻冬舎新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 私は、自分が「椎間板ヘルニア」と「脊柱管狭窄症」だと思いこんでいた

    「整形外科」という外科の一分野の医者たちがどうもひどい。やらなくていい余計な手術をたくさんやっているようだ。

    腰痛とは、文字通り、「腰の筋肉の痛み」であり、だから「筋痛症」と呼ぶべきであって、骨の病気ではない
     筋肉の痛みである腰痛を、「骨格の異常である」といい続けたのdが、この50年、100年間の整形外科医だちである

    痛みには、「なんとかなる痛み」と「腐った痛み」がある

    医者は、「当時はそれが最善の治療方法だった」と逃げる

全1件中 1 - 1件を表示

副島隆彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

老人一年生 老いるとはどういうことか (幻冬舎新書)を本棚に登録しているひと

老人一年生 老いるとはどういうことか (幻冬舎新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

老人一年生 老いるとはどういうことか (幻冬舎新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

老人一年生 老いるとはどういうことか (幻冬舎新書)の作品紹介

私は初期の老人、老人一年生だ。この半年、痛風で歩くことが困難だった。他に前立腺肥大症、高血圧、頚痛・腰痛、慢性気管支炎に次々襲われた。体のあちこちが痛い。痛いと訴えても同情すらされない。老人に当たり前のこのことが若い人には理解できない。これは残酷で大きな人間の真実だ-。老人病とは何か。著者は痛みにどう対処したのか。余計な手術ばかりする整形外科医と、長生き推奨医の罪も糾弾する。老化のぼやきと、骨身にしみた真実を明らかにする痛快エッセイ。

老人一年生 老いるとはどういうことか (幻冬舎新書)のKindle版

ツイートする