死ぬほど読書 (幻冬舎新書)

  • 332人登録
  • 3.44評価
    • (6)
    • (13)
    • (16)
    • (5)
    • (1)
  • 9レビュー
著者 : 丹羽宇一郎
  • 幻冬舎 (2017年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344984622

死ぬほど読書 (幻冬舎新書)の感想・レビュー・書評

  • 死ぬほど読書とあるが、読書術の本ではなく、人生において読書がどう関わり、影響するかを著者の経験から書かれている。文体も平易で読みやすい。
    読書があまり好きでない方は、読書っていいかも!と思えるし、読書の好きは人はあらためて今の自分の日々にどう関連し影響しているか見つめなおす機会だと感じた。

  • 「動物の血」と「理性の血」がよくわかった。
    読書しなくても生きていけるけれど、
    私は読書して
    より人間らしく、より良く生きたい。
    毎日読書する習慣つけたい。

  • タイトルが気に入って購入。
    本をもっと読みたくなるからいい。
    私が読んだことのある本が出てくるとやったーと思う。
    教養を磨くものは仕事と読書と人。
    人生を豊かにするものと同じですね。

  • 死ぬほど読書をされた方の著書が、こんなにも薄いのかという皮肉

  • もう20ほど前になるけれど、伊藤忠の社長だった頃一度お会いした事がある。とてもバイタリティーのある、ある意味普通の日本の社長さんとは違う感じだった記憶がある。

    読後感想はまた後で。

  • 読書に関する、いわゆる「読書本」が好きでよく読むけど、すごくしっくりくる内容。一般的に読書本は、読書を無条件で礼賛したり、肯定する意見も中にはあるけど、丹羽さんは極めてフラットな視点なのが良い。

  • 兎に角、本を読め!読め!と書いてあるのかと思ったら違った。小説でも何でも興味のあるものを読め、読みたくないなら読まなくていいと書いてあった。
    自分にとって価値のあるものは他人には価値がないかもしれない。でも、自分には価値があるなら読むべき。

    昔、こんな本を読んでも意味がないと教師に言われたことがあるけど、まさにこの事なんだよな。

  • 読書を通していろんな人に出会い、知らない世界に触れながら、人間性を高めたいと思った。

  • 瀬島龍三 もし問題が怒ったら、すぐ飛行機にのって現地に生きなさい。お金なんか気にしなくてもいい。それで会社から文句をいわれたら、私にいいなさい」

    現地にすべてがある、一次情報をいかにして集めるか

    瀬下さんは、「問題があれば、すぐ現地にいけ」といっていたよと新人社員にいった




    人間にとっていちばん大事なのは、「自分は何も知らない」と自覚すること

    情報は考える作業を経ないと、知識にならない

    教養の条件、「自分は何も知らないことを知っていること」と「相手の立場にたって物事を考えることができること」

    教養を磨くもの 仕事と読書

    ガンジー 人間を人間たらしめる条件は、自分の意思を抑制すること

    賢者は自らを律し、愚者は恣(ほしいまま)にする

    本当の賢者とは自分の欲望をコントロールできる自制心を持っている人

    新宿 ルミネtheよしもと なんばグランド花月

    徳川家康 不自由を常と思えば不足なし

    問題があるというのは、懸命に生きているあかし

    「失敗しても死ぬわけでじゃない。生きていればチャンスはいくらでもある。そもそも生きていることそのものが問題を生むんだから、問題が嫌なら死ぬしかない」
    「問題は人との関係であり、一人で解決するものではない。他人への想像力と共感が、解決へ導いてくれる。問題がある限り、またそれを解決する答えも必ずどこかにある。問題があるということは、生きている証だ。問題があることを喜べ」

    人間一人では生きていけない。人間一人の力はたかだかしれている。これが私にとって人生最大の教訓です

    木のいのち木のこころ 西岡常一
    癖を見抜いてそれを生かす

全9件中 1 - 9件を表示

死ぬほど読書 (幻冬舎新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

死ぬほど読書 (幻冬舎新書)はこんな本です

死ぬほど読書 (幻冬舎新書)のKindle版

ツイートする