ローリング・ストーンズ伝説の目撃者たち

  • 10人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 山川健一
  • アメーバブックス (2006年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344990241

ローリング・ストーンズ伝説の目撃者たちの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ロック作家・山川健一氏初のローリング・ストーンズに関する書き下ろしエッセイ集。
    ストーンズ初心者(のくせに東京ドームは見に行った典型的ミーハーファン)の私には大助かり!的な本。
    でも当然ながら濃いいストーンズ・ファンにも楽しめる本だと思います!!

  • お馴染み山川健一氏によるストーンズ来日に合わせたファンブック(という表現が一番近いと思う)

    この人の本はストーンズ初心者だった中学生の頃、非常にお世話になっていて(あの"Voodoo Lounge 日本盤の変な小説に引くまでは……)、古本屋に置いていたので懐かしさもあり買ったのですが。

    一貫してストーンズ愛に溢れた文章はなんだかんだで微笑ましくもあり、時に頷ける部分もあり、時に若干見解が違う部分もあり。
    飲み屋で聞いてるような面白さ、そして(ディスクレビューとは別に)初心者がストーンズの背景を軽く知るには丁度良いガイドブックにもなっているかと思います。

    ただ、例えば"ヘロインみたいに極上の"みたいな比喩表現を使ったり、キースを"聖人キース"と呼んだりするあたりには正直イタさも感じます。

  • 実はストーンズはあまり聞きませんでした。どちらかと言うとビートルズ派でしたが、ストーンズの黒っぽい音のかっこよさを横目でみていました。しかしここまで長い間転がり続けるとそれは歴史的な価値をも生み、ストーンズがロックの歴史となってしまいます。あの独特の音はブルースをベースにしたロックの発明によると著者も言っています。振り返ってみればロックと言ってもブルースロックと言われるロックが好きでした。クラプトンやサザンロック、カッコいいギターリフ、特にブルースで多用されるスライドギターの音に惹かれてブルースロックをよく聞いていました。読めば又違った見方でストーンズが聞きたくなる本。ロック最長不倒距離を更新し続けるローリングストーンズにはいつまでも転がり続けてほしいと願います。

  • ストーンズ来日公演大変素晴らしかった。
    その後ちょっと読んでみたくなった一冊。

全4件中 1 - 4件を表示

山川健一の作品

ローリング・ストーンズ伝説の目撃者たちを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ローリング・ストーンズ伝説の目撃者たちを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ローリング・ストーンズ伝説の目撃者たちはこんな本です

ローリング・ストーンズ伝説の目撃者たちのKindle版

ツイートする