デザインで視せる企業価値

  • 29人登録
  • 4.10評価
    • (4)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 会田一郎
  • 幻冬舎メディアコンサルティング (2009年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (119ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344996731

デザインで視せる企業価値の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • トラベラーズノートやタタミノートで親しみを持っていた文房具メーカーのミドリ。
    いつの間にかデザイン事業会社になっていました。

    デザインへの関心から衝動買いした1冊でしたが、
    大好きな文房具のこと、メンバーがいきいき働いて組織としての価値を生み出すための
    プロセス思考、人材のとらえ方、企業ブランド、オフィスづくりと、興味あるテーマが
    幅広く盛り込まれていました。

    著者はアメリカで公認会計士として働いていた経験から、
    数値的に業績のよい企業が数年後に倒産するケースを紹介しています。
    数字で表現できる物事は比較しやすいので、企業分析は数字につい頼りがちですが、
    数字で表されない部分に企業の弱点が隠されていることがあるのだろうと推察。
    「人材 × プロセス = 組織創造力」の積思考の積み重ねが企業文化であると
    述べています。

    アイデアが業績に結びつく事業形態だからこそ、この手間が組織で受け入れられているのでしょうね。

  • デザインと会社のイメージが

    一体として価値を増していく

    素敵な一冊でした。

  • 大変におもしろい本でした。いい出逢いをしたもんだと思います。
    自分の中でうっすらくすぶってた何か言葉にできないモヤモヤした表現が、パッと目の前に現れ可視化したような感じです。
    とても貴重な学びの時間となったこと、嬉しく思います。

全3件中 1 - 3件を表示

デザインで視せる企業価値の作品紹介

老舗文房具メーカーから、デザイン事業会社への変革プロセス。デザインと企業戦略を一体化させる法則。魅力的なコーポレートカルチャーのつくり方・伝え方・守り方。

デザインで視せる企業価値はこんな本です

ツイートする