サービス残業という地雷 (経営者新書)

  • 22人登録
  • 3.80評価
    • (0)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 幻冬舎 (2011年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (163ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344997684

サービス残業という地雷 (経営者新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • レビュー省略

  • この本は経営側からみて、労働者をタダ働きをさせても決して良いことはないですよということを言ってくれている。給料に見合った賃金を払わなくても、労働者も表立って会社と対立すると損するので不満は持ちつつも受入れてしまう。しかしこれが限界に達したり、理不尽な解雇があると、会社側を相手取り訴訟を起こされる。特に会社に不満を持っている人間というのはそういったことだけは用意周到に証拠を残したりしているので、管理できていない会社側は泣き寝入りするしかなく、結局タダほど高いものはないということを言っているのである。

  • 2011.07-08(14)

全3件中 1 - 3件を表示

伊藤勝彦の作品

サービス残業という地雷 (経営者新書)はこんな本です

ツイートする