なぜ「Facebook」で 優秀な人材が採用できるのか? ソーシャルリクルーティングのすべて

  • 55人登録
  • 2.58評価
    • (0)
    • (0)
    • (7)
    • (5)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 肥田義光
  • 幻冬舎 (2011年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344998117

なぜ「Facebook」で 優秀な人材が採用できるのか? ソーシャルリクルーティングのすべての感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ソーシャルメディアを使った採用活動とは?

    →採用活動がフロー型からストック型に変化
    つまり短期的かつ流動的な採用から潜在的な求職者を蓄積し、時間軸に広がりを持つ
    そのために自社への共感、親近感を長期的に醸成することが必要

  • 求人に関する本って少ない。そういう意味で参考になる部分はあった。しかし、役に立つかどうかは別だなあ。

  • 業者から売り込みの電話が多いからどんなもんかと読んでみたけど、
    やっぱりどう考えても自社には向かない。

  • 具体的に考えたほうがいいかな。
    何をどこまで発信していくか。

  • 読みました。私は中小企業の採用担当者ではありません。原則実名のfacebookならではの力があるとは感じています。志のある企業やコミュニティであればファンを集めることは出来ると思います。優秀な人材を集めるなら己を(企業を)磨くしかないでしょう。facebookのおかげで埋もれなくなるのであれば良ですね。

  • 1番驚いたのは、
    2011年9月時点のニールセンネットレイティングズの
    調べで、
    各ソーシャルメディアの月間のべ利用者数が、

    facebook 1,127万人
    linkedin 13万人
    mixi 1,472万人
    twitter 1,441万人

    とfacebookがmixiとほぼ変わらないことでし
    た。
    日本ではmixiの圧勝と思っていました。。

    ちなみに2010年9月時点では
    facebookは200万人だったそうですから、
    この1年で約5倍にしたのですね。すごい!

    また日本語化が遅かったせいか、
    linkedinはこれからのメディアだと感じました。

全6件中 1 - 6件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
村上 春樹
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

なぜ「Facebook」で 優秀な人材が採用できるのか? ソーシャルリクルーティングのすべてを本棚に「読みたい」で登録しているひと

なぜ「Facebook」で 優秀な人材が採用できるのか? ソーシャルリクルーティングのすべてを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

なぜ「Facebook」で 優秀な人材が採用できるのか? ソーシャルリクルーティングのすべてを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

なぜ「Facebook」で 優秀な人材が採用できるのか? ソーシャルリクルーティングのすべてを本棚に「積読」で登録しているひと

なぜ「Facebook」で 優秀な人材が採用できるのか? ソーシャルリクルーティングのすべての作品紹介

自社のファンを囲い込み、ミスマッチをなくす「リクナビ」に代わる新しい採用の概念とは。いまやアメリカではソーシャルリクルーティングによる採用が当たり前の時代。

なぜ「Facebook」で 優秀な人材が採用できるのか? ソーシャルリクルーティングのすべてはこんな本です

ツイートする