願いがかなう思考法

  • 21人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 千々岩裕子
  • 幻冬舎 (2013年7月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344999664

願いがかなう思考法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人は自分の可能性を自ら狭めている(固定観念)。
    自分を知り、問題を解消する。

    行動した人のみが願いを叶えることができる。
    偉人との違いは、「行動したか、しなかったか」

  • わが祈り=苦難から逃れることを祈るのではなく、苦難を乗り越える力をもたらしてくれるように祈る

    他人の気持ちを変えられると思っているからあれこれ悩む。
    人生でおこることは、心のなかを映し出す鏡。

    本当にほしいものがわかっていない。お金そのものを求めていない。
    「喜びの気持ち」を求めている。

    行動した人のみが願いを叶えている。
    エネルギーの使い方次第で、幸せにも不幸にもなる

    苦しみは、目を背けたり、気晴らしをしたり、人のせいにして自己正当化するのではなく、向き合い、味わい尽くすと消える。
    乗り越える、解決する、ものではない。

    嫉妬の気持ちもそのままの気持ちを受け入れ、味わい尽くす。向き合うとだんだん弱まっていき、消える。

    自分の責任で行動すると、問題は早く片付く。

    どんな苦しみにも効く特効薬=感謝の気持ち

    どんなことも、予定通りを前提に進める=雨は降らない
    決めたらまっすぐに進むこと。

    試練はギフト

    自分が無知であることに気づく

    報酬以上の仕事をする

    愛するためにすることは、話を聞くこと。

    求めるのではなく、与えると人生はうまくいく。
    手伝ってほしいとき、手伝う。
    座りたいとき、席を譲る。
    むしゃくしゃしているときこそ、誰かに優しく接する。
    愛されたいときは、自分から愛する。
    自分をほしい物を与える習慣。

  • 2013/11/15

全3件中 1 - 3件を表示

願いがかなう思考法の作品紹介

仕事、恋愛、家庭、お金…。人生が思い通りにいかないのはなぜか?気持ちを前向きに変える3ステップの思考法。

ツイートする