ノリー・ライアンの歌

  • 27人登録
  • 3.71評価
    • (4)
    • (4)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : Patricia Reilly Giff  もりうち すみこ 
  • さえら書房 (2003年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784378007694

ノリー・ライアンの歌の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • イギリスに支配されていた時代のアイルランドのジャガイモ飢饉の時代を生き抜いたノリーと家族の物語です。食べていくとはどういうことか、アイルランドに対する理解も少し得られた気がしました。

  • アイルランドのジャガイモ飢饉を扱った歴史物語です。
    この作者さんの歴史物は面白いものが多い気がします。
    イギリスの支配を受け、小作人として貧しい暮らしを強いられているアイルランドに、主食であるジャガイモの伝染病が流行し始めます。
    主人公の少女ノリーの家も食料がなくなり、更に領主から地代の催促をされ、家畜まで奪われます。
    漁に出たまま帰らない父、アメリカに移住した姉のことを想いながら、幼い弟、歳の変わらない姉、老いた祖父と共に必死に生き抜こうとするノリー。
    時にはとんでもない失敗をしますが、アメリカ移住という希望を持ち、命がけで家族や友人を守ろうとする少女の姿、また隣家の老女との心の交流には感動しました。
    人々が飢えている様子が、わりと淡々と描かれていますが、だからこそ悲痛な印象を受けました。

  • 60点。

    19世紀の中頃、100万人もの人が餓死したといわれるアイルランドのジャガイモ飢饉を、明るくて健気でガッツのある(でも抜けたところもある)一人の少女を通して描く。

    貧しさと飢えにしんどくなる。そしてイングランド人ひどすぎ。

    アイルランド人がどれだけイングランド人にいじめられてきたか、その歴史を学ぶのにはよい教材になると思う。

    また、今の時代に日本で生まれてきてよかったとか思うために読む本としても。

    でも、そんな目的がなければただのしんどい本。
    完全なるバッドエンドではないのが救い(でも残った人々がかわいそう)。

    ゴールデンカイト賞2001年オナー賞だとか。
    また、どこかの読書感想画の課題図書だったとも記憶している。

  • 19世紀の中頃、100万人もの人が餓死したといわれるアイルランドのジャガイモ飢饉。とある農村を舞台に、絶望と困難の中で生きのび、そして希望を見いだし生きぬいた少女の物語。ゴールデンカイト賞2001年オナー賞受賞。

  • 2009/02/17読了。

  • ゴールデンカイト賞2001年オナー賞受賞。

  • 何かの課題図書だった

全8件中 1 - 8件を表示

パトリシア・ライリーギフの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・センダ...
ロバート ウェス...
カレン クシュマ...
ユリー・シュルヴ...
アレックス シア...
ジーン・クレイグ...
瀬尾 まいこ
綿矢 りさ
上橋 菜穂子
スーザン・クーパ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ノリー・ライアンの歌の作品紹介

19世紀の中頃、100万人もの人が餓死したといわれるアイルランドのジャガイモ飢饉。とある農村を舞台に、絶望と困難の中で生きのび、そして希望を見いだし生きぬいた少女の物語。ゴールデンカイト賞2001年オナー賞受賞。

ノリー・ライアンの歌はこんな本です

ツイートする