ホリス・ウッズの絵

  • 18人登録
  • 3.38評価
    • (2)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
制作 : Patricia Reilly Giff  もりうち すみこ 
  • さえら書房 (2004年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784378007861

ホリス・ウッズの絵の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 翻訳であることを感じさせず、すんなりと話に入っていけました。でも私が原文の語調から受け取ったリズムと少し違った(いい悪いではなく、違ったというだけ)。美しいお話という印象は原著と同じ。

  • ホリスは生後1時間で捨てられた女の子。11歳の今も、里親のもとを転々としている。絵を描く才能に恵まれながらも、社会の隙間に落ちこんだ少女の孤独と、幸福への願望を描く。ニューベリー・オナー賞受賞作。

全2件中 1 - 2件を表示

パトリシア・ライリーギフの作品

ホリス・ウッズの絵の作品紹介

ホリス・ウッズとはひとりの赤ん坊が捨てられた場所、その赤ん坊の名前。芸術家で今は十一歳の少女。里親から里親へたらいまわしにされたホリス・ウッズは、山のようにめんどうをおこす子。家族になろうと申し出たリーガン家からさえ逃げだした。けれど、老いた彫刻家ジョージーとのふたりだけの生活を望み、冬の山荘に隠れ住みながらも、ホリスの心は、みずから去ったリーガン家のスティーブンやおやじさんたちとの夏の日々にもどっていく。その忘れがたい数々の瞬間の意味を、描きためた絵の中に見いだしながら。2003年ニューベリー・オナー賞受賞。

ホリス・ウッズの絵はこんな本です

ツイートする