九時の月

  • 26人登録
  • 2.33評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
制作 : もりうち すみこ 
  • さ・え・ら書房 (2017年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784378015224

九時の月の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • イラン・イラク戦争の頃の実話をもとにした話。
    LGBTという言葉が浸透してきたこと、児童書ということもあり読んでみたが、お国柄というのだろうか、日本と違い過ぎてなかなか入り込めなかった。
    二人の愛も何か自分にはしっくり来ないというか…
    しかし、ラストに近づくにつれ、展開が気になり最後まで一気に読み進めた。結末以降のファリンの生き様が知りたくなりました。

  • 中近東が舞台のLGBTQの本が出ました!
    凄~い。
    しかも大金持ちのお嬢さんと貧乏人の女の子の恋です。
    こういう本は分類するならYAですが、日本の10代にここまで読むだけの(他人にかまってるほどの)ゆとりはないでしょう。
    LGBTQの棚に入れるか、もう一般の棚に入れるか、YAコーナーを大人のところに引っ越しさせるか……。
    自分のとこのお客さまに、どこにおいたら見つけてもらえるか考えて配置してください。
    司書のみなさんは読んでおくほうがいいと思います。
    日本の近代化はヨーロッパをお手本にしたので、中近東に関しては、ほぼ、知識がないのが普通ですが、児童書やYAは読みやすいですから。

    2017/11/07 更新

  • これは児童書
    でも子供たちに薦められるかなあ
    LGBTとは、恋とは、愛とは? 
    革命後のイラン
    知らない世界に唖然としてしまった
    そこでの実話をもとにした物語。
    すさまじい環境の中で貫くもの
    彼女たちは……
    ≪ 極刑に 好きというだけ それだけで ≫

  • イランの名門女子校に通うファリンは、友達もいず両親にも理解されず、悪霊をやっつけるヒロインが登場するお話を書いて気をまぎらしている。そこへ転校生のサディーラがやってくる。二人は一気に仲良くなり親友となるが…

    現代のイランから逃げてきた少女の話を元に書いたという。とにかく暗くて、救いがなく読んでいるのが辛かった。
    それがイランの現実だと言うのかもしれないが、これを児童文学として出版する意義がわからない。

全5件中 1 - 5件を表示

デボラ・エリスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トーン テレヘン
西 加奈子
宮下 奈都
原田 マハ
谷川 俊太郎
カズオ イシグロ
塩田 武士
又吉 直樹
多和田 葉子
ヨナス ヨナソン
今村夏子
西 加奈子
恩田 陸
今村 夏子
有効な右矢印 無効な右矢印

九時の月はこんな本です

ツイートする