すぐに役立つ 初めての人のための社会起業のしくみとNPO運営ガイド

  • 21人登録
  • 2.75評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 大門 則亮 
  • 三修社 (2011年11月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784384044478

すぐに役立つ 初めての人のための社会起業のしくみとNPO運営ガイドの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • NPOを作ることになり勉強のために手に取る。

    【point】
    大切なのは社会的な価値があるかどうか

    営利追求よりも社会性を大事にしたい
    ・一般社団法人
    ・一般財団法人
    ・NPO法人

    政治家との連携も視野に

    資金なし、設立費用なしでできる。登記の手数料もかからない

    10人以上の社員が必要

    活動目的 20分野
    ・子どもの健全育成
    (要検討)
     まちづくり
     地域安全活動

    NPOの役員になるには、会社の規約で禁止されている場合もあるので要確認。

    NPO法人を設立した場合、設立したことを税務署や社会保険の担当役所に知らせる必要がある。

    設立総会を開き、議事録

    NPO法人の印鑑が必用?

    公益法人
    ・一般社団法人
     2名以上で営利を追求しない法人
    ・一般財団法人
     法人格が与えられた一定額以上の財産の集まり

    縛りはないが、税金優遇など少ない

  • 事業内容によってどの事業体を選択するべきかの考察があればもっと良かった。
    NPOにすべきか一般社団にすべきかの判断軸が曖昧なまま。

  • 各Partそれぞれわかりやすかった。
    下記、ざっくりとメモ。

    〇社会企業の基本、前提
    ・社会問題の解決となるかどうか。社会的価値があるのか、社会から必要とされているのか。
    ・動機づけが明確か。社会への矛盾や疑問を感じているか。
    ・自分に何ができるのか考えてみる。

    〇事業を立ち上げるために
    ・収支計画(事業収入をどのように作り上げるか。)
    ・スタッフ
    ・資金調達

    〇NPOのおもな資金調達方法
    ・事業収入
    ・会費の徴収
    ・寄付金
    ・補助金、助成金

    〇NPO法人の特徴
    ・設立費用タダ。ただし、5か月かかる。
    ・社員が10人必要
    ・NPO法人の活動は20分野に限られている。
    ・3人以上の理事と1人以上の監事
    ・特定非営利活動からの所得に対しては法人税の課税はない。
    ・収益事業(その他の事業)からの所得に対しては法人税が課税。
    ・上記2事業の収支計算書は区分する。
    ・認定NPO法人は、要件が厳しいが、寄付控除が優遇されるので寄付金が増える。(要件:100人以上の寄付、収入の5分の1が寄付など)

  • 請求記号:335.8/Dai
    資料ID:50064909
    配架場所:図書館1階西 学生選書コーナー

全4件中 1 - 4件を表示

すぐに役立つ 初めての人のための社会起業のしくみとNPO運営ガイドを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

すぐに役立つ 初めての人のための社会起業のしくみとNPO運営ガイドを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

すぐに役立つ 初めての人のための社会起業のしくみとNPO運営ガイドを本棚に「積読」で登録しているひと

すぐに役立つ 初めての人のための社会起業のしくみとNPO運営ガイドのKindle版

ツイートする