誕生死

  • 79人登録
  • 4.22評価
    • (24)
    • (8)
    • (14)
    • (0)
    • (0)
  • 19レビュー
  • 三省堂 (2002年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784385360904

誕生死の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 目を背けたいこと。だけど、背けてはいけないこと。
    色んな感情がたくさん詰まっている。
    そこから私もたくさんの感情を持った。
    助産師として、忘れずに持ち続けたい。

  • どんなに短い間でも自分に宿った命はとてもかけがえのないもの。それぞれの体験を読みながらこの世に生を受け生きているということは奇跡だと感じた。

  • 涙無しには読めない。
    親が子をなくす。これほどの悲しみはない。たとえ、まだ世には生まれていなくとも。
    お腹の中に宿ったその時から、大切な我が子。
    子供を授かる事、出産する事。色々考えさせられた一冊。

  • ひとつひとつの手記を、噛み締めながら読みました。
    目を背けてしまいがちなこと。
    けれど、それらは絶対に目をそらしてはいけない、知っておくべきこと。
    助産師の勉強をしている自分にとって、身の引き締まる一冊でした。

  • とても悲しい本。
    長く生きることのできなかった子を想う親の気持ちは、いくら文字を積み重ねても表現できるものではないと思う。

    どんな人にも読んでほしい。読めば、人が産まれてくることに対して深く考えるきっかけになるだろう。

  • 経験者なら同志を見つけて救われる気持ちになったり、共感できると思う。
    経験者以外ならどんな言葉が傷つくのかなどが分かると思うし、自分が元気に生まれたことが凄いことなんだと思えると思う。
    個人的には、双子の人に対する流産経験者の心ない言葉と、2人目を誕生死したことで、今いる長子まで居なくなるんじゃないかと不安に苛まれるところに共感した。

  • 友人が筆者の一人ということで、紹介されました。

    ・・・こんな経験されてきた方だなんて!
    あの笑顔や積極性やてきぱきさの後ろには、
    やはり計り知れない苦労や苦悩があるんですね・・・

    私も、自分の妊娠・出産・新生児子育て・子どもの大病・・・
    それなりに様々な経験を経て、
    やはりこの世に命があることだけでもすごい奇跡なんだ、
    そして出産は今の世でも命がけ、
    生きるものの基本は、食べることと排泄すること・・・
    そんな当たり前のことを再確認してきました。

    改めて、何か大きなものに包まれて生かされている感覚や、
    周囲のすべてのもの・人に感謝の気持ちが、自然に沸いてきます。

    この本は、とても悲しい。
    涙なくては読めない。
    子どもを持ってからは、ついわが身に置き換えるのもあって、余計涙もろくなり・・・

    でも、やはり直視しなければいけないことの一つだし、
    亡くなった者への供養は、「忘れないこと」だけだと思うし、
    深い悲しみと、自分の心と向き合う辛い作業を超えてきた、
    筆者の皆さんの勇気を、尊敬します。

  • 自分たちの気持ちと重ねて読みましたが、この時点ではあまり合いませんでした。ごめんねだけではなく、もっと素直にありがとう、がんばったねと言える気持ちを妻も自分も今はもっているような気がします。

  • これは私が後期流産をしてすぐに出会い、そして買った本です。
    タイトルに衝撃を受けながらも、号泣しながらゆっくりと最後まで読みました。

    中身は流産・死産・新生児死で我が子を亡くした人たちの体験談ばかりです。

    この本はヒカルを失ったばかりの私に、色んな出会いをくれました。
    著者の1人の方と、ネット上ではありますが、いまだにおつきあいさせていただいています。
    そして私を救ってくれました。

    こういう本はなかなかないので、ぜひ色んな人に読んでもらいたいです。
    以前、NHKでも特集された話題の本です。
    2008-05-14T21:41:31+09:00

  • 2009/6 読。

全19件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
夏川 草介
ロバート キヨサ...
松下 幸之助
有効な右矢印 無効な右矢印

誕生死を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

誕生死の作品紹介

11家族が実名で語る小さな小さな命の物語。

誕生死はこんな本です

ツイートする