大学生のための文学レッスン 近代編

  • 24人登録
  • 3.40評価
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 三省堂 (2011年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784385364308

大学生のための文学レッスン 近代編の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最近、純文学から離れていたので読んでみた。
    有名な作家の作品を多く取り上げていて、専門的過ぎずに紹介しているのが良かった。
    易しい解説のおかげで気軽に読めた。
    高校生でも楽しく読めると思う。
    苦手な作家だからという理由で読まないでいることを反省した。
    ライトノベルの作品も、文学的な視点から真面目に解説していて新鮮だった。
    気になる作品も幾つかあったので、文学に少しでも興味を持つ事が出来たと思う。

  • 小説を文学として親しむための、比較的やさしい入門書。
    気になっていた小説が多数取り上げられていたので読んでみましたが、一つ一つの解釈がとても興味深かったです。
    こういう読み方もあるんだよなぁ。
    ただ漠然と面白い、つまらない、で読んでいた自分がなんと浅はかだったのか。
    言葉の選び方、比喩、文章のそれぞれが効果的にはたらく必然性があるんですね。
    純文学と呼ばれるものこれからどんどん読んでいきたいです。

  • おもしろかった。
    ページ数の少なさ、執筆者による内容の差などの問題はあるが、小説を読むおもしろさの入門にはいい。
    ただ、説明なしに文学用語を使っていたり、ある程度小説好きでないと読みにくい箇所があったりもする。
    本書のターゲットが大学で文学を勉強する学生だから当然といえば当然か。

    個人的には「古典編」のほうが発見が多く、楽しめた。
    このシリーズ、さらに入門として「高校生のための」を作って欲しいなぁ。

    でも、とりあえず本書は学級文庫に入れてみる。

全4件中 1 - 4件を表示

江藤茂博の作品

大学生のための文学レッスン 近代編の作品紹介

10ジャンル、30の小説から「近代」を発見する新テキスト。「文学」に親しみ、参加する、待望のLesson本。

大学生のための文学レッスン 近代編はこんな本です

ツイートする