漢字んな話

  • 21人登録
  • 3.33評価
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
  • 4レビュー
  • 三省堂 (2009年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784385364476

漢字んな話の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 見開き2ページでひとつの漢字をとりあげ字源を解説
    ご隠居と熊、娘の咲の落語ふうかけあい、さいごに駄洒落で落とす

    字源解説は説文解字を中心に、白川漢字学にも(明示はしないが)言及

    2007年から2年分の朝日新聞連載を加筆・改稿して百話を収録したもの
    続編に『漢字んな話2』2012年刊

  • 扱う漢字はごくごく平凡平易なものばかり。漢字が持っている基本、成り立ちを熊さんとご隠居の軽妙なやりとりで学ぶ。やりとりがかったるければ結論的な太字のところを読んでいくだけでもいい。トリビアな驚きを随所に発見できる。一文字目は「咲く」。植物なのに口偏。由来が花笑うだからという。日本人らしい雅趣がそこはかとなく伝わってくる。そんなこんなで100文字以上の文字が並ぶ。どの文字も見開き2ページでしっかり述べており印象深く脳裏に焼き付けることができる。目次には一文字一文字の漢字が要約つきで列挙されており、いつでも気軽におさらいができるのもイイ。

  • 朝日新聞大阪本社編集局校閲センターにお勤めの方二人~熊さんとご隠居と咲が漢字の話で落語のような世界(小話より長く)を作る~字源には様々なものがあって,金文や甲骨が元になっているような,なっていないような・・・蘊蓄が傾きすぎていて(というのも漢和辞典編集者の円満寺二郎氏が加わっているから,ややこしくなる。真相は藪の中なのだろうが,よく新聞に連載したねぇ・・・毎日読んでいても気がついていないけど!

  • 2010.01.17 朝日新聞に紹介されました。
    朝日新聞夕刊の連載が1冊の本になったようです。
    漢字のうんちくを落語風に語っているようです。

全4件中 1 - 4件を表示

前田安正の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

漢字んな話はこんな本です

ツイートする